« 年末ですが不景気です | トップページ | 元日決勝:いつになったら »

2008年12月30日 (火)

2008年は無かった事にできなくなった

オフの補強などを考えると、無かった事にできないなぁ……と。

やっと来期の監督に石崎氏就任が発表され、残るは日本人選手の補強情報のみとなって年を越す事になりました。
ヘッドコーチはどうなるのか?などの心配事はありますが…
石崎監督はご存知の通り、ネット上での通称は『ノブリン』。
コンサドーレの前身である東芝時代に赤黒をチームカラーにした張本人でもあります。
言わば原点回帰したような感じでしょうけど、コンサ的にはトータルな意味で現状では最良の監督ではないでしょうか。
数々のチームで監督・コーチを経験している人物で、当時J2の大分や川崎で勝ち点1差での残留に泣いてしまった過去から、『ノブリン力』と言われるあまり芳しくない言葉も作られてます。今で言うところの『けさい力』に相当する言葉です。
ただその言葉の裏返しとして、J2では上位争いが出来るチームになるという意味があるのですが……

柏での試合だとフランサ選手がいたお陰で今一わかり辛いのですが、基本は猛プレスでボールを奪ってのハーフカウンター、奪ったボールを両ワイドに散らしてからショートパスで繋ぎ攻め込む、といったスタイルのようです。
ただ現有戦力を上手く使ってチームを作るのは得意(所謂遣り繰り上手)なようですので、ここのところで今までの監督とは趣が変わるのかなと。
まあ選手が死ぬほど走らされるのは間違いないと思いますが。
そこの所でダニウ(ル)ソン選手はベストマッチングしそうではあります。
恐らく今段階であれば(走るという意味で)ダニウ(ル)ソン選手と芳賀選手が中盤の底に入るのかなと予想していますが。

で、ダニウ(ル)ソン選手ですが、コロンビアという事で情報が少なくてよく解らないのですが、結構有名な選手のようです。
20そこそこでA代表経験があり、一応ヨーロッパ方面からの偵察(スカウティング)もあったらしい(未確認情報)。
Youtubeなどの映像だと、当たりが強く、足もそこそこ速く、運動量豊富で、左のキャノンシュートなどキックも中々良いといった感じです。
ただこういったフィジカル系外国籍選手の心配事は、Jの審判との親和性。
大概日本人はコロコロ転がりますので、身体を当てただけでファウルをとられてイライラしなければ良いのですが。
その辺、クライトン選手辺りが事前にレクチャーしてくれれば……

|

« 年末ですが不景気です | トップページ | 元日決勝:いつになったら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/43573205

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年は無かった事にできなくなった:

« 年末ですが不景気です | トップページ | 元日決勝:いつになったら »