« 再びの出発へ | トップページ | まってけさいアイゴー!! »

2008年12月 9日 (火)

旭川ラーメンはやっぱりしょうゆ

旭川行った時某有名店の味噌ラーメン食ったけど、旭川の麺にはちょっと合わないなぁと思いました。

とうとうダヴィ選手の尾張ナゴヤ名古屋グランパスへの移籍が発表になりました。
『コンサで着実に成長を続ける外国籍選手』というのは中々リアルタイムで見る機会がないと思われ、そう言う意味では異色の選手ではありました。
まあサポートが少ない中アレだけの点を獲っている事を考えれば、状況が成長をそくしたと言えるかも知れませんが。
ただ、やはりダヴィ選手はめんこい。
本音を言うと来期も、いや引退まで札幌にいて欲しい選手の一人ですが、ダヴィ選手自身のことを考えると引き止めるのは逆にお互い辛い状況になると思いますし、ここは息子の成長を目を細めながら見送る親の気持ち(私自身子供はおりませんが…)になって送り出せればと思います。
いつか札幌に錦を飾って欲しいと。
とりあえず、札幌がJ1に上がるまで日本にいてくれれば嬉しいなぁ。


さて、今期はダントツの最下位という非常に悔しい一年になったわけですが、前回はゾーン守備がうんたらかんたらと言ったことを書きました。
完全に私の脳内情報でお送りしていますので間違いだらけだとは思いますが、私が思ったコンサドーレに足りない部分というものを今回書き綴れればと思っています。


ご存知の通り、コンサドーレ札幌というチームは北海道初のプロスポーツチームです。
Jリーグバブル華やかりしころの余韻がいまだ残っている時に生まれました。
当時の選手年俸を今と比べてみると、ぶっ倒れるほど無茶な数字を見ることが出来ます。
当時のトップチーム人件費で今のコンサを下手すると3チームくらい賄えそうです。
でも時代がそうだったからそうなった、としか言いようがありません。
ただ、その当時のツケが今の苦境の原因になっているのはご存知の通り。
2009シーズンは2004年に続く緊縮財政になることに間違い無く、ベテラン選手と出番の無かった生え抜きである鈴木選手を始め、他チームにレンタルしていた選手とも契約をしないなど、予想していたとは言え大鉈が振るわれてしまいました。
前記ダヴィ選手の移籍金を得なければ補強すらままならないといった状況となっています。
苦境の原因である予算。
お金が無ければJ1では戦えない、という三浦監督の説はまったく正しく、予算規模の少ないチームは奇跡的に選手が活躍しない限り残留争いに巻き込まれる運命にあります。
正直、J1昇格時が新規スポンサー獲得への一番のチャンスでした。
しかし折からの不況もあってか、スポンサー獲得は思うようにすすまなかったようです。
それは試合時にピッチに置かれる看板の数を見ても解ります。
結局大スポンサーのニトリからの増額が無ければ、2008年はもっと苦しい状況に置かれていたかと。
とりあえず今年は減資を断行することが出来ました。
しかし、これは一時的に休む事ができたというだけで、根本的な解決にはなりません。


支出を抑えるのも方法ですが、一番に考えなければならないのはスポンサーを増やす努力。これはスポンサーとしての最小単位である観客の増員も含みます。
某掲示板では、現在のチケット価格を見直したほうがいいんじゃないか、という意見が出ています。
私もこれに賛成です。
正直コアサポーターというのは、若干金額が上がったくらいでは離れません。
ゴール裏住民の理解は必要ですが、現在の最安席であるB自由を応援参加型の席種にして価格を少しだけ上げ、いっその事S指定席を廃止。そこを最安席に変更する。
価格は思い切って2,000~2,500円程度。
初観戦者や普段テレビで試合を観ている様なライト層は価格の安い席を買う傾向にあるようですので、テレビアングルに近いバックスタンド中央部をそういった人に開放するのも手ではないでしょうか。
またこうする事によってゴール裏で威勢よく活動している方々が常に言っている「声を出さない人たち」との住み分けも図れそうかなと。
あとSA住民として思うのは、常に空席の目立つSAの有効活用も考えるべきではないかという事。
ちょっと考えたのは、SAのホームB自由寄りに「声出し準備席」みたいなものを作って告知し、一緒に声出ししたいけどゴール裏に行くのは気が引ける、といった層を取り込むとか。
なるべく人当たりの良いOSCさんや常連サポ数人に頼んで何人かその席に来てもらって、リードは基本ゴール裏に合わせて和やかに声出しする。
(某USのような一緒に戦う攻撃的なノリではなく、飽くまでも応援に参加している、応援を楽しむというスタンスで)
数が多くなればライト層の興味を引けるかもしれませんし、実際他の席種にいる人でもそういった場があれば行きたいという方もいるはずです。
なぜこのような事を考えたのかというと、どうも今のゴール裏の応援は鬼気迫るものがあって、凄いと思うものの足を踏み込むのが怖いと感じるからです。
そこに踏み込む一歩を後押し出来る場所があれば、たとえゴール裏に行かない人が出ても各席に散って自発的に声を出したり応援に乗っていける空気を醸成できるのではないかと。

どうしても去年第1クールのヴェルディ戦の異様な盛り上がりが忘れられないだけですけど。

あとスポンサーに関しては、地方を含めた地道なドサ廻りをしないと効果はありません。
それこそ一時期の甲府のように、小口スポンサー(数千円、1万円単位でも構いません)を無数にかき集める方向に行かないと、今の北海道の経済状況では資金獲得は厳しいでしょう。今のサポートシップスポンサーの年間5万円だけではなく、もっと小口のものも用意すべきです。
私のように小さな会社にいると実感します。
「ちりも積もれば山となる」
これは真理ですから。
また地元企業だけではなく、北海道進出を狙っている本州企業なども取り込まなければこの先苦しくなるはずです。
特に全国区の企業には駄目元でアタックして欲しい。


と、相変わらずツラツラ書き殴りましたが、今回のテーマはフロントとお金でした。

聞くところによるとHFCも(と言うか矢萩社長が)かなり改革へのやる気を出しているようですので、2009年はHFCの行動も注目して行きたいと思っています。

|

« 再びの出発へ | トップページ | まってけさいアイゴー!! »

コメント

バックスタンドとゴール裏は一律料金でいいと思ってます。2300円くらいかな?
矢萩社長はずいぶんと行動派みたいですし、発想がサポーター目線のようですね。
石崎監督(予定)の明るさもサッポロの雰囲気を変えてくれそうです。
スポンサーですけど1社、経営の悪化から撤退が考えられるので(もちろんどんなことになってもここの以外は飲みませんが)なんとか増やさないといけないですな。

投稿: 2323 | 2008年12月11日 (木) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/43372309

この記事へのトラックバック一覧です: 旭川ラーメンはやっぱりしょうゆ:

« 再びの出発へ | トップページ | まってけさいアイゴー!! »