« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月30日 (火)

2008年は無かった事にできなくなった

オフの補強などを考えると、無かった事にできないなぁ……と。

やっと来期の監督に石崎氏就任が発表され、残るは日本人選手の補強情報のみとなって年を越す事になりました。
ヘッドコーチはどうなるのか?などの心配事はありますが…
石崎監督はご存知の通り、ネット上での通称は『ノブリン』。
コンサドーレの前身である東芝時代に赤黒をチームカラーにした張本人でもあります。
言わば原点回帰したような感じでしょうけど、コンサ的にはトータルな意味で現状では最良の監督ではないでしょうか。
数々のチームで監督・コーチを経験している人物で、当時J2の大分や川崎で勝ち点1差での残留に泣いてしまった過去から、『ノブリン力』と言われるあまり芳しくない言葉も作られてます。今で言うところの『けさい力』に相当する言葉です。
ただその言葉の裏返しとして、J2では上位争いが出来るチームになるという意味があるのですが……

柏での試合だとフランサ選手がいたお陰で今一わかり辛いのですが、基本は猛プレスでボールを奪ってのハーフカウンター、奪ったボールを両ワイドに散らしてからショートパスで繋ぎ攻め込む、といったスタイルのようです。
ただ現有戦力を上手く使ってチームを作るのは得意(所謂遣り繰り上手)なようですので、ここのところで今までの監督とは趣が変わるのかなと。
まあ選手が死ぬほど走らされるのは間違いないと思いますが。
そこの所でダニウ(ル)ソン選手はベストマッチングしそうではあります。
恐らく今段階であれば(走るという意味で)ダニウ(ル)ソン選手と芳賀選手が中盤の底に入るのかなと予想していますが。

で、ダニウ(ル)ソン選手ですが、コロンビアという事で情報が少なくてよく解らないのですが、結構有名な選手のようです。
20そこそこでA代表経験があり、一応ヨーロッパ方面からの偵察(スカウティング)もあったらしい(未確認情報)。
Youtubeなどの映像だと、当たりが強く、足もそこそこ速く、運動量豊富で、左のキャノンシュートなどキックも中々良いといった感じです。
ただこういったフィジカル系外国籍選手の心配事は、Jの審判との親和性。
大概日本人はコロコロ転がりますので、身体を当てただけでファウルをとられてイライラしなければ良いのですが。
その辺、クライトン選手辺りが事前にレクチャーしてくれれば……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

年末ですが不景気です

仕事してるとやっぱり感じますね。

新戦力もぼちぼち発表されてきました。
監督はまだですが、この時期まで発表が無いと言う事は石崎監督で確定っぽい。

毎年この時期は期待と不安が入り混じった複雑な心境。
早く来期のコンサが観たい。
でもJ2でどれだけやれるんだろうか?
戦力的に嵌れば凄く強そうですけどねぇ……

来期は地味に徳島に注目したい。
2年連続であの順位、GK全員戦力外、京都から選手(と監督)を貰ってBチーム状態の徳島がどのくらいできるか。
徳重選手が地味に怖いです。
それと山形には是非頑張ってもらいたい。
相変わらず賽の河原状態ですが、昔のコンサのようでどうしても気になってしまう。
豊田選手を引き上げられたらかなり辛いでしょうね。
アンデルソン選手が移籍するって噂はどうなったんでしょうか?

さて寮母さんが居なくなって札幌の誇るコンテンツが少なくなってしまいましたが、雁来の寮はどうするんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

まってけさいアイゴー!!

結局仙台はJ2残留という事で、流石けさい力というか何と言うか…

試合自体は2戦とも良い意味でガチバトルでしたが、やはり自力の差が出てしまったかなと。
仙台は2戦目のアディショナルタイムの猛攻が決まっていれば…
仙台に前田選手のような選手がいれば結果は変わったかもしれませんね。
しかし粱選手は良い選手ですなぁ。
一人だけレベルの高いプレーをしていました。

さて本日はクラブワールドカップ、ガンバ対アデレードの試合でしたが、西野監督は正直薄氷を踏む思いだったのではないでしょうか。
AFCの対戦時には危な気無い試合運びで進めていたのですが、ガンバ自慢の中盤で猛プレスをかけられて序盤は何も出来ていませんでしたね。
あと終了間際も防戦一方で、何本か決定的なシュートを打たれていましたが運も味方についていたのか失点なしで終えることが出来ました。
心配なのは佐々木選手と二川選手の状態でしょうか。
ガンバの攻撃サッカーを支えている二川選手が離脱すると中盤の展開力が一気にダウンするので、次のマンチェスターU戦ではどうなるか…
とりあえず橋本選手と明神選手、遠藤選手が踏ん張れるかが鍵になるんでしょうけどね。

しかし、
日テレはサッカー中継に向いていないと思う。
正直、サッカーをきちんと理解していないレベルの実況アナが中継するのは視聴者に失礼だ。
実況は資料読みではない。

TBS、テレ朝とは別の意味で失礼だ。


NHK以外はこんなんだから地上波のサッカー中継はgdgdになるんだなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

旭川ラーメンはやっぱりしょうゆ

旭川行った時某有名店の味噌ラーメン食ったけど、旭川の麺にはちょっと合わないなぁと思いました。

とうとうダヴィ選手の尾張ナゴヤ名古屋グランパスへの移籍が発表になりました。
『コンサで着実に成長を続ける外国籍選手』というのは中々リアルタイムで見る機会がないと思われ、そう言う意味では異色の選手ではありました。
まあサポートが少ない中アレだけの点を獲っている事を考えれば、状況が成長をそくしたと言えるかも知れませんが。
ただ、やはりダヴィ選手はめんこい。
本音を言うと来期も、いや引退まで札幌にいて欲しい選手の一人ですが、ダヴィ選手自身のことを考えると引き止めるのは逆にお互い辛い状況になると思いますし、ここは息子の成長を目を細めながら見送る親の気持ち(私自身子供はおりませんが…)になって送り出せればと思います。
いつか札幌に錦を飾って欲しいと。
とりあえず、札幌がJ1に上がるまで日本にいてくれれば嬉しいなぁ。


さて、今期はダントツの最下位という非常に悔しい一年になったわけですが、前回はゾーン守備がうんたらかんたらと言ったことを書きました。
完全に私の脳内情報でお送りしていますので間違いだらけだとは思いますが、私が思ったコンサドーレに足りない部分というものを今回書き綴れればと思っています。


ご存知の通り、コンサドーレ札幌というチームは北海道初のプロスポーツチームです。
Jリーグバブル華やかりしころの余韻がいまだ残っている時に生まれました。
当時の選手年俸を今と比べてみると、ぶっ倒れるほど無茶な数字を見ることが出来ます。
当時のトップチーム人件費で今のコンサを下手すると3チームくらい賄えそうです。
でも時代がそうだったからそうなった、としか言いようがありません。
ただ、その当時のツケが今の苦境の原因になっているのはご存知の通り。
2009シーズンは2004年に続く緊縮財政になることに間違い無く、ベテラン選手と出番の無かった生え抜きである鈴木選手を始め、他チームにレンタルしていた選手とも契約をしないなど、予想していたとは言え大鉈が振るわれてしまいました。
前記ダヴィ選手の移籍金を得なければ補強すらままならないといった状況となっています。
苦境の原因である予算。
お金が無ければJ1では戦えない、という三浦監督の説はまったく正しく、予算規模の少ないチームは奇跡的に選手が活躍しない限り残留争いに巻き込まれる運命にあります。
正直、J1昇格時が新規スポンサー獲得への一番のチャンスでした。
しかし折からの不況もあってか、スポンサー獲得は思うようにすすまなかったようです。
それは試合時にピッチに置かれる看板の数を見ても解ります。
結局大スポンサーのニトリからの増額が無ければ、2008年はもっと苦しい状況に置かれていたかと。
とりあえず今年は減資を断行することが出来ました。
しかし、これは一時的に休む事ができたというだけで、根本的な解決にはなりません。


支出を抑えるのも方法ですが、一番に考えなければならないのはスポンサーを増やす努力。これはスポンサーとしての最小単位である観客の増員も含みます。
某掲示板では、現在のチケット価格を見直したほうがいいんじゃないか、という意見が出ています。
私もこれに賛成です。
正直コアサポーターというのは、若干金額が上がったくらいでは離れません。
ゴール裏住民の理解は必要ですが、現在の最安席であるB自由を応援参加型の席種にして価格を少しだけ上げ、いっその事S指定席を廃止。そこを最安席に変更する。
価格は思い切って2,000~2,500円程度。
初観戦者や普段テレビで試合を観ている様なライト層は価格の安い席を買う傾向にあるようですので、テレビアングルに近いバックスタンド中央部をそういった人に開放するのも手ではないでしょうか。
またこうする事によってゴール裏で威勢よく活動している方々が常に言っている「声を出さない人たち」との住み分けも図れそうかなと。
あとSA住民として思うのは、常に空席の目立つSAの有効活用も考えるべきではないかという事。
ちょっと考えたのは、SAのホームB自由寄りに「声出し準備席」みたいなものを作って告知し、一緒に声出ししたいけどゴール裏に行くのは気が引ける、といった層を取り込むとか。
なるべく人当たりの良いOSCさんや常連サポ数人に頼んで何人かその席に来てもらって、リードは基本ゴール裏に合わせて和やかに声出しする。
(某USのような一緒に戦う攻撃的なノリではなく、飽くまでも応援に参加している、応援を楽しむというスタンスで)
数が多くなればライト層の興味を引けるかもしれませんし、実際他の席種にいる人でもそういった場があれば行きたいという方もいるはずです。
なぜこのような事を考えたのかというと、どうも今のゴール裏の応援は鬼気迫るものがあって、凄いと思うものの足を踏み込むのが怖いと感じるからです。
そこに踏み込む一歩を後押し出来る場所があれば、たとえゴール裏に行かない人が出ても各席に散って自発的に声を出したり応援に乗っていける空気を醸成できるのではないかと。

どうしても去年第1クールのヴェルディ戦の異様な盛り上がりが忘れられないだけですけど。

あとスポンサーに関しては、地方を含めた地道なドサ廻りをしないと効果はありません。
それこそ一時期の甲府のように、小口スポンサー(数千円、1万円単位でも構いません)を無数にかき集める方向に行かないと、今の北海道の経済状況では資金獲得は厳しいでしょう。今のサポートシップスポンサーの年間5万円だけではなく、もっと小口のものも用意すべきです。
私のように小さな会社にいると実感します。
「ちりも積もれば山となる」
これは真理ですから。
また地元企業だけではなく、北海道進出を狙っている本州企業なども取り込まなければこの先苦しくなるはずです。
特に全国区の企業には駄目元でアタックして欲しい。


と、相変わらずツラツラ書き殴りましたが、今回のテーマはフロントとお金でした。

聞くところによるとHFCも(と言うか矢萩社長が)かなり改革へのやる気を出しているようですので、2009年はHFCの行動も注目して行きたいと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

再びの出発へ

今季最終戦、鹿島アントラーズ戦もコンサドーレの負けで終了しました。
ただ今節の戦い方は、来期へのヒントを多く含む内容ではなかったかと思います。

確かに今期は『戦術ダヴィ』と揶揄されるほどダヴィ選手には頼っていたわけですが、クライトン選手の不在が功を奏した形で中盤の選手に若干の変化が見られました。
やはり一番の収穫は上里選手と西選手のコンビでしょう。
また藤田選手が積極的にボールに絡むようになり、砂川選手の運動量もあって今までより格段に連動性が生まれていました。
岡本選手も以前の調子に戻ってきたようで、結構良い動きをしていました。
本来やっておくべき柳下時代のサッカーと三浦監督の戦術の融合を一部ながらも表現できた事は、来期への糧になるのではないでしょうか。

正直、西選手は去年の今頃まで攻撃的な選手とばかり思っていましたが、今期は中盤ならどこでもこなせるマルチプレイヤー振りを発揮して、今節のように中盤の底で仕事をする機会が多くなっていました。
まあそれ自体は嬉しい反面、本来その位置で仕事をする本職の選手が思った以上にパフォーマンスが低かったという残念な面でもあった訳ですが。
ただ試合の流れの中でポジションを3~4回入替えた上で、それなりに計算できるだけの能力を得られたのは大収穫といえるでしょう。
そして上里選手の復調。
元から素質があった選手でしたしサポーターの期待感も高かった訳ですが、ラスト3戦でのパフォーマンスはフィジカルの強化もあった為かチームに入った当時よりも力強く感じました。
今期はチーム戦術の関係とクライトン選手の加入もあって出番が少なかったのですが、若手(と言ってもそろそろ中堅選手になるのか…)の中ではボールキープが上手く視野も広いので、西選手と共に間違い無く来期の中心選手になるのではないでしょうか。

思えば今シーズンはキャンプから災難続き。
アルセウ選手が7日間で退団してしまい、高木選手、曽田選手は手術明け、西嶋選手は怪我明け、池内選手も西澤選手も本調子には程遠く、開幕戦は今期新加入選手2人(しかも本来はサイドバックの選手)をセンターに置いて本来中盤の選手であるヨンデ選手をサイドバックに入れるという布陣。
更には期待されていたノナト選手はコンディション不良で開幕戦に間に合わず、ぶっつけ本番でギリギリ加入のクライトン選手を投入せざるを得ないと言う苦しい立ち上がりでした。
結局開幕戦はボロ負け。

ホーム開幕戦の横浜Fマリノス戦はクライトン選手をFW起用(この時点では仕方がないと思います)してDFラインは若干代えましたが、それでも平岡選手をセンターで使わざるを得ない苦しい状況。
また守備的な中盤であるマーカス選手の守備が軽く(と言っても当たりは強いのですが…)、思ったような守備組織が出来ない。
そして先制しつつも勝利目前、終了5分前から2失点して逆転負け。

今期は厳しい戦いが続くと思っていましたが、この時はまだ楽観視していました。
しかし、この第2節が今期を象徴するものになるとは…

・・・

結局今期は4勝しか出来ず、17位には倍以上の勝ち点差をつけられダントツの最下位。
得点数を見れば降格ライン以上の得点を取っているにもかかわらず、失点が絶望的に多い。
やはり問題は守備組織の構築と守備方法にあったのかなと。

散々言われていますが、三浦監督の使用する3ラインを綺麗に並べたゾーンディフェンス戦術が、J1チーム相手には殆ど効果が無かった事が原因ではないかと。
もっと突き詰めると、その戦術理論は確かに正しいのですが、実行する選手能力が追従しきれていなかったのが失点数激増の原因だと思われます。
局面での判断をシンプルにしていた昨年中盤までは相手の能力もあってか上手く機能していましたが、確か第3クールの水戸戦で早めのアーリークロスに2列目の選手が飛び出してくるという戦法を使われて負けて以来ギャップを利用する方法が確立されてしまって、ご存知の通り後半戦は苦戦を余儀なくされました。
元々ゾーンディフェンスは2列目3列目の選手の飛び出しに弱く、そのあたりのケアは本来であればそれを織り込み済みの戦術を使用するべきなのですが、最後までその点は修正しきれず選手個人の頑張りに頼っていた状態に見えました。
J1昇格を果たした今期はその点を加味した1ランク上の組織守備を目指していたのか、恐らく判断材料が多くなってしまったため選手側に混乱があったのだと思います。
それが中盤での中途半端なゾーン守備(本来アタックするべき所でアタックに行けずズルズル下がったりゾーンが間延びしたり)に繋がり、格段に能力の高い選手が揃っているJ1チームに面白いように崩されてしまった。
中盤がその状態なので、ギリギリで粘るしかないDFラインのちょっとしたミスが致命傷になり失点を重ねる。
恐らく今期の状態で2007年のJ2を戦っていたら昇格は出来ていなかったでしょう。
相手がJ1チームになったとは言え、昨年より明らかに守備は弱体化していました。

その改善の兆しが見えたのは箕輪選手が加入して、ゾーンブレイクを早めにとるようにしてからです。
ゾーンに固執しすぎてアタックのタイミングが遅れるよりは、積極的に仕掛けてボールホルダーを潰しに行ったほうが効果的な場合があると言う事ですね。
以前のエントリーで書いていますが、完全に受動的なゾーン守備でJ1を戦い切るのは難しいのでしょう。
ゾーンを上手く動かしながら能動的に相手をゾーンに嵌めこめるのが理想だと思うのですが、実は大半のチームはそれをやっています。
ただゾーンディフェンスという言葉を使用していないだけです。
そういった視点で見ると、コンサは「ゾーン」と言う単語に縛られていた様に見受けられました。

来季に向けて、本日箕輪選手の完全移籍での加入が発表されました。
チームが箕輪選手に求めているものは、恐らくキャプテンシーの様な皆を引っ張っていけるベテランとしての働きだと思います。
もちろん選手としての能力も期待していますし、私個人としても、今期の最大の問題点であるディフェンスの崩壊を食い止める為の楔になってもらいたいと思っています。
そして今回降格してしまった原因を追究し、今期が無駄にならないよう、チーム全体で取り組んでもらえればと思います。

他に書きたいことがあるのですが、今回はこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

メシマズ状態

本日、来期の契約をしない選手・スタッフの発表がありました。
既に4人ほどリークされていた(本人暴露2つ)のですが、正直一番残念だったのは上田"ホンコン"常幸選手です。
まあ、チームに加わってから一度も試合に出られなかったこともあり、今年はやばいかな?と思っていた矢先の出来事ですが…

「つか、普通残念に思うとしたらは西谷選手とかだろう!?」
といわれる方も多いと思いますが、私の中では河端選手が居なくなった後の心の空隙を埋めてくれる憎めない奴だったこともあり残念でなりません。
勿論、他の選手達も非情に残念、と言うか無念です(特に鈴木選手や相川選手)。
あの2004年のメンバーが一人また一人と消えていくのがとても切ない。
今残っているのは数えるほどではないでしょうか。

…数えてみたら、曽田選手、西嶋選手、砂川選手、上里選手の4人しか残らない…

アレから5年経とうとしていますが、サッカーは選手の入れ替えが多いとは言え来期残るのが4人というのも諸行無常という感じでしょうか。
と言うか、2004年の新卒選手で残ってるのは上里選手だけだ。

名古屋戦の感想は…

・西選手・上里選手は試合で使ってなんぼの選手ということがわかりました。
・今のチーム状態で、岡本選手のアグレッシブさは貴重。
・今のアンデルソン選手を使うなら横野選手を入れて前からボールを追わせて欲しかった。
・西澤選手・池内選手のところが以上にヤバ過ぎ(悪い意味で)。アレなら柴田選手を使ってもよかった感じ。
・芳賀選手もここのところヤバ過ぎ(悪い意味で)。あれなら最初から西選手でよかったかも。
・坪内選手は頑張っていた。
・ダヴィ選手は相変わらずめんこい。
・西谷選手はやはりトップフォームではない。
・西嶋選手をCBに置くには若干不安が残る(特にJ1では)。
・佐藤選手はもっと声でDFを動かさないと自分が辛くなるぞ。直接FKからの失点はノーチャンス。強いて言えば2失点目の場面でキチンとボールをホールドできれば…
・杉本選手速過ぎ。
・穴沢審判は比較的安心して観ていられる(何度かミスジャッジはあったけど)。

以上。

さて次節は最終戦。
ドームに優勝候補筆頭の貸間鹿島アントラーズを迎えます。
意地を見せて一矢報いるか?
目の前の胴上げを阻止できるのか?
それともやっぱりぼろ負けするのか?

散々なシーズンでしたが、その集大成を見せる事が出来るか…
残念ながら私は仕事の都合がどうしてもつかなくて試合を観られません。
だから余計に思うのです。

今期最終戦は皆が笑顔で終われるような試合にして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »