« 応援の話とか何とか言ってますが | トップページ | 見果てぬ○○ »

2008年11月 3日 (月)

U-19を観てなんとも

どこかで観た試合だと思ったら、今期のコンサみたいな内容でしたな。
それでも勝てたのは2度のバー・ポスト選手の活躍によるところが大きいかと。

当然ながら先発出場した宮澤選手を注目して見ていた訳ですが、やはりコンサFW陣の中では一番ポテンシャルが高いのだなと。
ハイボールの競り合いは改善の余地がありそうですが、足元に入ったボールを捌くのはとても上手に見えました。でも開始30秒のゴールはヘディングでしたね…
縦ポンだけかと思ったらキッチリパスを繋げたり横パス奪われたりと、よくわからない内容の試合でしたが、宮澤選手の足元にボールが入ったときは結構チャンスが出来ていました。
周りとの連携が悪く、ボールを落ち着けられなかったのが残念でしたが。

天皇杯は、ほぼトップチーム構成の鹿嶋に対して国士館大の頑張りが目立った(BS劇場?)以外、順当な感じで終了してしまいましたね。
コンサの試合は中継が無かったので観られませんでしたが、サブ主力のマリノス相手にも力負けしているのは残念です。
まあ大学生やJFL相手に負けたりしてしまうチームですし天皇杯に限っては今更感があるのですけど、やはりちょっと寂しいですね。

|

« 応援の話とか何とか言ってますが | トップページ | 見果てぬ○○ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/42995400

この記事へのトラックバック一覧です: U-19を観てなんとも:

« 応援の話とか何とか言ってますが | トップページ | 見果てぬ○○ »