« U-19を観てなんとも | トップページ | 成分が足りない »

2008年11月 9日 (日)

見果てぬ○○

タイトルに意味はありません

いよいよ優勝争い・残留争いも佳境となってきたJ1ですが、その中で既に蚊帳の外になってしまったコンサ。
今節は優勝争い中の浦和レッズとの対戦でした。

まあ試合については語ることが殆ど無いのかな?と言うような感じだと聞きました。
(実はまだ見ていません)
西選手と上里選手のダブルボランチは面白かったらしいですね。

そして試合終了後の記者会見で三浦監督の今期いっぱいでの退任が確定し、いよいよ来季に向けての動きが(遅まきながら)始まった感があります。

AFCのU-19では準決勝で日本が完敗して8回連続でのU-20W杯出場の夢は絶たれました。
正直観ていてもどかしい試合でした。
簡単に相手トップにボールが収まったり、逆にこちらはトップへのボールを入れられなかったり、簡単にボールを失ったり、単純なトラップミスやミスパスでカウンター喰らったり。
そりゃもう、どこかのチームより酷かった。
グループリーグとはまったく違うチームになってましたね。
そんな中、宮澤選手は彼なりに頑張っていました。
ただチーム状況が極めて悪い状態でしたので、いいところは出せていませんでしたね。

という事で今回は〆ます。
今日BS録画したのを観るのはちょっと辛い。

|

« U-19を観てなんとも | トップページ | 成分が足りない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/43054765

この記事へのトラックバック一覧です: 見果てぬ○○:

« U-19を観てなんとも | トップページ | 成分が足りない »