« お米の国 | トップページ | 予想してたけど »

2008年8月11日 (月)

軸は必要ですか

仕事もあって試合を見ていないのですが、あまり期待しちゃいけないような感想が多いのですけど、やっぱり観て置きたいなぁ

2008 J LEAGUE DIVISION 1 第20節 vs. 大宮アルディージャ
札幌 1-2 大宮
日時:2008年8月9日(土)16:03キックオフ 会場:厚別公園陸上競技場

試合を観ていないので感想はかけないのですが、結局は守備能力の差なのかなぁ…
得点力がゲフンゲフンなのもそうですが、やっぱり負けるのは失点するからですし、もうひとつ気になるのは被直接FKの多さかなぁ。
得点といっても最近はストロングポイントのセットプレーも単純に放り込んで読まれてるところがあるし、他にできる事はミドルシュートを馬鹿みたいに打って行くか、PA内に切り込んでPK誘うくらいしか浮かびません。
ダヴィ選手が居ないだけで攻め手がなくなるのは勘弁ですが、代わりの出来る選手がいないのも勘弁。
居ない訳じゃないんでしょうけど、プレーがこじんまりして大胆さや強引さ、それに粘りにかけてるような気がします。

箕輪選手が入り、中盤の底は芳賀選手、トップはダヴィ選手がいる状態でやっと他のチームと同等レベルの中軸が出来上がってるので、この3人の内誰かが欠けてしまうと途端にチーム力が低下しているようです。

それと、現状の戦術に固執しすぎると相手も簡単に対抗策を練ってきますので、もう少しゾーンブレイクなどの切り替えを素早くする事と、もう少し中盤の選手が走らないと駄目だという感じです。
折角ボールをある程度収められるFWが居ても、中盤がそれを使えなければまったく意味が無いのですから。
ボールを奪う位置が低ければ、やはり今の攻撃陣だけでは点に結びつけるのは難しいでしょうし。

何だか良くわからない文になったので、今回はこれで……

と思ったのですが、ちょっとだけ。
五輪代表はグループリーグ敗退が決まってしまいましたが、これも軸のないチームの辿る道なのでしょうね。
明らかに「こいつだけは外せない」、または「こいつがいれば何とか」という選手がいませんでした。

大量に選手を呼んだオシム監督時代の代表や、ジーコ監督時代の代表がそれなりの結果を出せたのはチームの軸をを固定していたからです。
確かに今回の五輪代表も中心選手と呼べる人材は居ましたが、2年もかけてチームを作った割には軸になりうる選手が一向に現れないし、その様に指導できる者も居なかった。
船には竜骨がありますし、建物だって柱が無ければ頑丈なものは作れません(今は無くても造れます!と言う突っ込みはなし)。
しっかり芯を通して肉付けしないと今回みたいにちぐはぐなチームになる。
ましてや日本の実力は今でも世界的に下のほうです。
FIFAランキングこそまあまあの位置にいますが、あれは実力を測る上で絶対的なものではありません。
(Aマッチなどの試合数にもよるし)
そんな国が他の国よりまとまっていないチームで出たところで、勝てるわけもない。
しかもOA枠を使わないまま。
遠藤選手や大久保選手だけじゃなくて、他に呼べる選手はいなかったんでしょうか。
それこそ点を取りたいなら広島の佐藤選手でも水戸の荒田選手でも呼べばいい。J2だって良い選手はいっぱいいます。豊田選手だって山形の選手です。
遠藤選手がダメなら中村(憲)選手や他に中盤を作れそうな選手はいました。

選手を責めている訳じゃないです。
ただ、もう少しやり様はあったんじゃないかと思っただけです。

|

« お米の国 | トップページ | 予想してたけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/42132324

この記事へのトラックバック一覧です: 軸は必要ですか:

« お米の国 | トップページ | 予想してたけど »