« 予想してたけど | トップページ | 季節的にやばい体調で »

2008年8月18日 (月)

心の骨折

本当に折れそうです


2008 J LEAGUE DIVISION 1 第21節 vs. 京都サンガ

札幌 1-2 京都
日時:2008年8月17日(日)14:03キックオフ 会場:札幌ドーム

まあ、実力的には京都のほうが上です。
それは順位が表しています。
ただ、前半の戦いぶりを見ると、悪くても五分五分と言った所だったかと。
返す返すもアンデルソン選手の2つのシュートが決まっていれば、というのに尽きるでしょうか。
クライトン選手がよく効いていたことと、自由に動けていた事で、周りの選手も良い動きが出来ていたように見えました。

しかし、後半始めから京都がシステムを変更してきたことでリズムを崩し、最後はあれよあれよという感じでシュートを打たれ失点。
箕輪選手の足に当たった不運がありましたが(恐らく当たってなくても入っていたと思われますが)、完全に崩されてシュートまで行った時点でダメでした。
そして1-1の状態でのマーカス選手投入。
素人の私には、はっきり言ってサイドを捨てたのだという印象しかありません。
後からクライトン選手をトップ下に置くシステムに変更し、中盤の底に2枚残す形にして中央の守備を固めつつ攻撃に出る為だったのだと知りましたが、その反動が相手のサイドプレイヤーからトップの田原選手へ放り込まれるアーリークロスに出てました。
田原選手に箕輪選手が競り勝てたとしても、フェルナンジーニョ選手がそのこぼれ球を前を向いて拾うことで、バイタルエリアで危険なプレーが多くなっていた感じです。
肝心の中盤の底の2人はサイドのケアに引っ張り出されフェルナンジーニョ選手のカバーが出来ず、厚くした筈の中盤の守備が薄くなってしまうという本末転倒な結果が……

あとアンデルソン選手は頭より足元へのボールを増やした方が良い印象です。
ヘディングでの競り合いはあまり良くないと言う情報はやはり…と言った所でしょうか。
ただし足元に入ったボールをキープして裁くのは上手いので(反転してDFを置き去りにしたあたりは流石と思いました)、もしトップに置くならダヴィ選手が上手くDFを引っ張ってアンデルソン選手を少し楽にさせ、クライトン選手か誰か(個人的に昨日なら藤田選手)が押し上げてボールを貰ってダヴィ選手に展開する……と言ったことが結構できそうかなと。
やってますけど、日本人選手が絡まないんですよねぇ……

あと、右サイドの藤田選手と坪内選手は攻撃面で良い所を発揮する選手です。
前半は割りと前目で仕事をしていたと思いますし、相手が3バックにしたことで両サイドにスペースが出来たわけですから、そこを使わないとボールを細かくつなげないコンサとしては攻め手がかなり限られてしまいます。
3-5-2という布陣を敷くチームは4-4-2のチームに対してDFの脇が甘くなるのが欠点な訳で、それが後半なくなってしまったので相手は相当やりやすかったかと。

今節の敗戦は相手の出方が変わった事に対応できない選手の対応力の低さもあると思いますが、事前に何の練習もしていないフォーメーションをぶっつけでやってしまった監督にも責はあると思います。
マーカス選手を入れた意味は解りましたが、フォーメーションを崩してまでやるのなら、まだクライトン選手をトップに入れたほうがチームとしてやりやすかったのでは?
結局急なシステムチェンジに対応できずに最後まで行ってしまったのですから。
普段から練習にそう言った事を取り入れているなら文句も出ませんけどね……
京都のシステムチェンジは去年からの積み上げなんですから。

さて、次節は目下の目標である横浜Fマリノスです。
ここの所、と言うか今期はずっと低迷中ですが、相手も降格圏から逃げ出したいはずですからコンサには負けたくないはず。
こっちもここで負けたら入れ替え戦も危ないわけで、負けだけはもう許されません。
どうやってでも勝ち点3は奪い取ってもらいたい。

|

« 予想してたけど | トップページ | 季節的にやばい体調で »

コメント

前半は今日こそ勝てると思ったのですがね。
監督の采配と恒例のマーカス叩きが起きてますが、
擁護する必要はないですね。
采配(練習プログラムも含む)ミス、動かないボランチですからね。
やり慣れないことで賭けにでるより、本来の4-4-2を限界までコンパクトにして高い位置でボールを奪うことにチャレンジするしかないと思いますがね。
それと、いい加減藤田征也を自由に走らせてあげてほしいですね。彼のスピードを生かすことが得点への近道だと思うのですが。
スペースへのパスが禁止、奪われたときの危険性から中央へ切れ込むのも禁止じゃ征也の天性のスピードが生かされません。
アンデルソンがチームにフィットしてきているので、彼のポストからの攻撃が期待できるのでなおさらです。
そろそろ負けている時には西谷、上里を使ってほしいですね。マーカスを入れると芳賀の仕事が増えて(複雑化)中盤がスカスカになるだけなんですが・・・。
それより最大の問題は選手がピッチ上で自分で判断したり、修正したりできないという弱さだとはっきり思いました。
昨年からこのシステム、監督の下ではチームが育たないと思っていましたが、やはり現実になってしまいました。
今年の初戦、アウェー鹿島戦の鹿島の選手の試合後のコメントと比べてみてください。

心が折れたとか、あきらめたとかあちこちで聞きますけど、昨年からFW外人が大当たりしないと無理と思ってたいたし、こつこつ築き上げたサッカーで苦労して昇格したとも思ってないので、まあこんなもんかな?ぐらいの気持ちです。
不安なのはこの反省を生かせるか、また忘れるのかどちらに進むかという将来のことかな。
来年に向けて、真っ先にやるべきことは三上強化部長の放出でしょうね。


投稿: 2323 | 2008年8月19日 (火) 21時20分

>2323氏

まあ、大宮サポからも、三浦さんの去った後には何も残らないと言う言葉を貰ってましたから、何となく解ってましたが。
とりあえず村田ラインを有効利用しなければ……

投稿: RaoU | 2008年8月22日 (金) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/42208228

この記事へのトラックバック一覧です: 心の骨折:

« 予想してたけど | トップページ | 季節的にやばい体調で »