« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月18日 (月)

心の骨折

本当に折れそうです


2008 J LEAGUE DIVISION 1 第21節 vs. 京都サンガ

札幌 1-2 京都
日時:2008年8月17日(日)14:03キックオフ 会場:札幌ドーム

まあ、実力的には京都のほうが上です。
それは順位が表しています。
ただ、前半の戦いぶりを見ると、悪くても五分五分と言った所だったかと。
返す返すもアンデルソン選手の2つのシュートが決まっていれば、というのに尽きるでしょうか。
クライトン選手がよく効いていたことと、自由に動けていた事で、周りの選手も良い動きが出来ていたように見えました。

しかし、後半始めから京都がシステムを変更してきたことでリズムを崩し、最後はあれよあれよという感じでシュートを打たれ失点。
箕輪選手の足に当たった不運がありましたが(恐らく当たってなくても入っていたと思われますが)、完全に崩されてシュートまで行った時点でダメでした。
そして1-1の状態でのマーカス選手投入。
素人の私には、はっきり言ってサイドを捨てたのだという印象しかありません。
後からクライトン選手をトップ下に置くシステムに変更し、中盤の底に2枚残す形にして中央の守備を固めつつ攻撃に出る為だったのだと知りましたが、その反動が相手のサイドプレイヤーからトップの田原選手へ放り込まれるアーリークロスに出てました。
田原選手に箕輪選手が競り勝てたとしても、フェルナンジーニョ選手がそのこぼれ球を前を向いて拾うことで、バイタルエリアで危険なプレーが多くなっていた感じです。
肝心の中盤の底の2人はサイドのケアに引っ張り出されフェルナンジーニョ選手のカバーが出来ず、厚くした筈の中盤の守備が薄くなってしまうという本末転倒な結果が……

あとアンデルソン選手は頭より足元へのボールを増やした方が良い印象です。
ヘディングでの競り合いはあまり良くないと言う情報はやはり…と言った所でしょうか。
ただし足元に入ったボールをキープして裁くのは上手いので(反転してDFを置き去りにしたあたりは流石と思いました)、もしトップに置くならダヴィ選手が上手くDFを引っ張ってアンデルソン選手を少し楽にさせ、クライトン選手か誰か(個人的に昨日なら藤田選手)が押し上げてボールを貰ってダヴィ選手に展開する……と言ったことが結構できそうかなと。
やってますけど、日本人選手が絡まないんですよねぇ……

あと、右サイドの藤田選手と坪内選手は攻撃面で良い所を発揮する選手です。
前半は割りと前目で仕事をしていたと思いますし、相手が3バックにしたことで両サイドにスペースが出来たわけですから、そこを使わないとボールを細かくつなげないコンサとしては攻め手がかなり限られてしまいます。
3-5-2という布陣を敷くチームは4-4-2のチームに対してDFの脇が甘くなるのが欠点な訳で、それが後半なくなってしまったので相手は相当やりやすかったかと。

今節の敗戦は相手の出方が変わった事に対応できない選手の対応力の低さもあると思いますが、事前に何の練習もしていないフォーメーションをぶっつけでやってしまった監督にも責はあると思います。
マーカス選手を入れた意味は解りましたが、フォーメーションを崩してまでやるのなら、まだクライトン選手をトップに入れたほうがチームとしてやりやすかったのでは?
結局急なシステムチェンジに対応できずに最後まで行ってしまったのですから。
普段から練習にそう言った事を取り入れているなら文句も出ませんけどね……
京都のシステムチェンジは去年からの積み上げなんですから。

さて、次節は目下の目標である横浜Fマリノスです。
ここの所、と言うか今期はずっと低迷中ですが、相手も降格圏から逃げ出したいはずですからコンサには負けたくないはず。
こっちもここで負けたら入れ替え戦も危ないわけで、負けだけはもう許されません。
どうやってでも勝ち点3は奪い取ってもらいたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

予想してたけど

やっぱり負けたか。

見てないけど、これまでの2戦と殆ど変わらなかったそうじゃないですか。

まあ、固定していた選手のできが良くなかったのが原因かなぁ。

監督の出来も悪かったけど……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

軸は必要ですか

仕事もあって試合を見ていないのですが、あまり期待しちゃいけないような感想が多いのですけど、やっぱり観て置きたいなぁ

2008 J LEAGUE DIVISION 1 第20節 vs. 大宮アルディージャ
札幌 1-2 大宮
日時:2008年8月9日(土)16:03キックオフ 会場:厚別公園陸上競技場

試合を観ていないので感想はかけないのですが、結局は守備能力の差なのかなぁ…
得点力がゲフンゲフンなのもそうですが、やっぱり負けるのは失点するからですし、もうひとつ気になるのは被直接FKの多さかなぁ。
得点といっても最近はストロングポイントのセットプレーも単純に放り込んで読まれてるところがあるし、他にできる事はミドルシュートを馬鹿みたいに打って行くか、PA内に切り込んでPK誘うくらいしか浮かびません。
ダヴィ選手が居ないだけで攻め手がなくなるのは勘弁ですが、代わりの出来る選手がいないのも勘弁。
居ない訳じゃないんでしょうけど、プレーがこじんまりして大胆さや強引さ、それに粘りにかけてるような気がします。

箕輪選手が入り、中盤の底は芳賀選手、トップはダヴィ選手がいる状態でやっと他のチームと同等レベルの中軸が出来上がってるので、この3人の内誰かが欠けてしまうと途端にチーム力が低下しているようです。

それと、現状の戦術に固執しすぎると相手も簡単に対抗策を練ってきますので、もう少しゾーンブレイクなどの切り替えを素早くする事と、もう少し中盤の選手が走らないと駄目だという感じです。
折角ボールをある程度収められるFWが居ても、中盤がそれを使えなければまったく意味が無いのですから。
ボールを奪う位置が低ければ、やはり今の攻撃陣だけでは点に結びつけるのは難しいでしょうし。

何だか良くわからない文になったので、今回はこれで……

と思ったのですが、ちょっとだけ。
五輪代表はグループリーグ敗退が決まってしまいましたが、これも軸のないチームの辿る道なのでしょうね。
明らかに「こいつだけは外せない」、または「こいつがいれば何とか」という選手がいませんでした。

大量に選手を呼んだオシム監督時代の代表や、ジーコ監督時代の代表がそれなりの結果を出せたのはチームの軸をを固定していたからです。
確かに今回の五輪代表も中心選手と呼べる人材は居ましたが、2年もかけてチームを作った割には軸になりうる選手が一向に現れないし、その様に指導できる者も居なかった。
船には竜骨がありますし、建物だって柱が無ければ頑丈なものは作れません(今は無くても造れます!と言う突っ込みはなし)。
しっかり芯を通して肉付けしないと今回みたいにちぐはぐなチームになる。
ましてや日本の実力は今でも世界的に下のほうです。
FIFAランキングこそまあまあの位置にいますが、あれは実力を測る上で絶対的なものではありません。
(Aマッチなどの試合数にもよるし)
そんな国が他の国よりまとまっていないチームで出たところで、勝てるわけもない。
しかもOA枠を使わないまま。
遠藤選手や大久保選手だけじゃなくて、他に呼べる選手はいなかったんでしょうか。
それこそ点を取りたいなら広島の佐藤選手でも水戸の荒田選手でも呼べばいい。J2だって良い選手はいっぱいいます。豊田選手だって山形の選手です。
遠藤選手がダメなら中村(憲)選手や他に中盤を作れそうな選手はいました。

選手を責めている訳じゃないです。
ただ、もう少しやり様はあったんじゃないかと思っただけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

お米の国

という事で、五輪代表は米国に負けました。

試合はさておき、一番良くわからないのは森本選手の1トップ。

何故に森本選手?
豊田選手は何のために呼んだの?

少なくとも交代で入った後の豊田選手は森本選手よりかは競り勝ってたしなぁ。
アルゼンチン戦も豊田選手の1トップ試してたんだから、中盤厚くしたいなら豊田選手だろう、常考。

試合前にスターティングメンバーが発表された時から不思議に思ってました。

まあ、何にせよ不甲斐ない負け方をしたのは間違いないわけで、予選突破がかなり厳しくなったといっていいんじゃないでしょうか。
何しろこの後ナイジェリアとオランダが控えているわけです。
例えると、コンサが残留争いの瀬戸際で浦和とガンバと鹿島の連戦控えてるようなもんですよ。

まああちらは負けて予選敗退しても罵声を浴びるだけで良いけど、こっちは下手したらチーム存続危機だからなぁ……

ただ、一国の代表として行っていると言う事だけは忘れないで欲しい。
最後の力は何だかんだ言って精神力に左右される部分が相当大きいんだから。

泥を啜っても勝ちに行くという気概を見せて欲しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »