« なんか | トップページ | 去っていったアイツ »

2008年6月10日 (火)

たまには小難しい話

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080610-00000122-jij-pol

今年秋にもタバコ増税を提言だそうです。
まあ、今の世の中喫煙者が責められる時代なんですが、基本的にマナーさえ守っていればお互い嫌な思いもしないわけで、一部のあほな連中が周りに気を使わずにブカブカ吸ってるから喫煙者は責められとるわけです。
ちょっと古い統計ですが、 http://www.jti.co.jp/News/04/NR-no21/no21.html のように徐々に喫煙人口は減っています。
職場が全面禁煙になったとか、経済的な事情とか、健康上の事情とかやめる理由は様々でしょう。
タバコ=害悪という図式が刷り込まれている(まあこれは概ね間違いではない)以上、恐らくこの法案は国会を通ると思われます。
反対するのはJT関連の方々、タバコを売って生計を立てている方々、そして愛煙家の方々だと思いますが、最初に一番打撃を受けるのは2番目のタバコを打って生計を立てている方々でしょうね。
愛煙家は恐らく今まで1日1箱だったものを3日に1箱にするとか(金持ちは除く)、思い切ってやめるとかすると思いますので、JT関連の方々まで被害が及ぶのは、売り上げ本数が激減しタバコの小売店が軒並み無くなってからだと思われます。
現状のタスポ導入ですらタバコの小売店は悲鳴を上げている状態ですから、この法案が通った暁には禁煙を啓蒙している方々の思うようにタバコは表の流通ルート又は庶民のいけるような店からは消えるでしょう。
そしてタバコは高級な嗜好品になり、高級商品を扱うお店でしか売らなくなるとか闇ルートで品質の悪いタバコの販売が横行するのではないかと想像しています。

私自身喫煙するので上記の内容は若干バイアスがかかっていますが、まあ多分私自身は3日に1箱で我慢するのではないでしょうか。
そのうち自然にやめてしまうかも。

何を言いたいかというと、増税してタバコが1000円になっても、逆に買い控えが増えて下手すると減収になるんじゃね?ってことを言いたいわけです。
JTを潰す気でいるなら結構ですが、そのJTから得ている法人税もちょっと考えてみろよと。
そして、

「たばこと健康を考える議員連盟」を構成する議員さん


それより先にやることあるんじゃね?

|

« なんか | トップページ | 去っていったアイツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/41494810

この記事へのトラックバック一覧です: たまには小難しい話:

« なんか | トップページ | 去っていったアイツ »