« どしたもんだろう | トップページ | なんか »

2008年6月 8日 (日)

不可解

ということで、ナビスコカップは予選リーグ最下位で敗退という、リーグ戦と似たような状況になってしまいました。

ここに来て再び怪我人続出と、「泣きっ面に蜂」「弱り目に祟り目」「傷口に塩」等という言葉が脳裏をよぎります。
今日も今日とて宮澤選手が負傷、今週は石井選手を始め平岡選手や池内選手も離脱といった状況で目も当てられません。
と言うより、今年のJリーグの怪我人の多さは異常じゃないかと思う。

幸いにもこの後月末までリーグ戦の中断期間になります。
怪我をした選手がこの間に回復してくれる事を祈るばかり。

そして再開後の初戦はガンバ大阪。
十中八九負けそうな相手ですが、ここで何とかグダグダの試合展開に持ち込みドローに出来れば踏ん張れるのではないかと。
その前に一度チームのクラッシュandビルドをした方が良いんじゃないか、と錯覚してしまう試合内容が続いているんですけどね。。。

多分「去年薄々感じながらも結果が出ているので黙っていた方々」の不満が今になって噴出しています。と言うのも選手交代の拙さ。
私自身、そう言う仕様というのが大宮サポーターから戴いた取説に載っていたので、去年から「まあこんなもんだろう」というスタンスで見ていたんですが、今年になってそれが目に余る感じになってきたのも事実で。
最終的には選手の能力不足というところなんでしょうが、監督が試合開始後に出来る事ってハーフタイムの指示を除くと能動的に行える行動が選手交代しかないんですね。まあ試合中に指示出したりしてますけど、それは色々な監督が「試合中の指示は選手に伝わりにくい」と証言しているので大勢に影響を与え辛いと考えて良さそうですから。

以下素人の妄言で後知恵的な事を書きます。

今日の試合を観ていないので推測になりますが、後半の交代。まず吉弘選手に替えて岡本選手を入れています。
これは攻撃するぞという意思表示だと思いますが、センターバックを1枚削るという判断ですのでリスクは高いと思いました。
寧ろセットプレーやプレーエリア、連携などのことを考えれば、1失点目のポカはあったにせよ、吉弘選手よりはサイドの西澤選手に替えて岡本選手を入れたほうが藤田選手をサイドバックに下げてリスクを押さえながら攻撃的な布陣にできたのかなと。
そして(この時点で既にイエローを
1枚貰っている)西澤選手の退場という場面も回避できたのではないかなと感じました。
最後のマーカス選手の交代も、意図はわかるもののどうなの?と。
確かに西澤選手が退場してDFの枚数が足りなかったのとクライトン選手を前に上げる意味があったのでしょうが、既に負けている状況で西選手に代えて投入する選手ではないと思いました。
点を採りに行かなければ勝てない以上、あの時間帯では守備を置き去りにしても前のほうの枚数を増やすのが先決ではなかったでしょうか。
確かに宮澤選手の怪我というアクシデントはありましたが、某所の書き込みを見るとどうもフィニッシュまで行くものの精度が甘いといった内容だったらしいので、点は取れないことも無かったのかなと。
ならば前のほうで仕事が出来る選手をもう一人入れて厚みを出した方が良かったのでは?
まあここで勝っても決勝トーナメントに出る可能性は低かったわけですが、数的不利の状況で2点ビハインドをどうやって覆すか、と言うリーグ戦に向けてのシミュレーションも兼ねて冒険してみる事も出来たのではないかと思いました。
ここから中断明けまで真剣勝負は無いわけですから、試す為の絶好の機会を捨てたと言うのは非常に勿体無い。
常に真剣勝負なのは判っていますが、こう言った状況下でも「タダ負けたわけではない」というところが欲しいなぁと思ったナビスコカップでした。


|

« どしたもんだろう | トップページ | なんか »

コメント

得点という結果がほしかった。

投稿: さぁ? | 2008年6月 8日 (日) 23時53分

>さぁ?さん

そうですね。
無得点というのがやるせナス…shock

投稿: RaoU | 2008年6月 9日 (月) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/41474084

この記事へのトラックバック一覧です: 不可解:

« どしたもんだろう | トップページ | なんか »