« 再開の日 | トップページ | 当別のひと »

2008年6月29日 (日)

ZONE

解散したおにゃのこバンドでも本屋でもレトロなゲームでもありません。

2008 J LEAGUE DIVISION 1 第14節 vs. ガンバ大阪
札幌 2-4 G大阪
日時:2008年6月29日(日)19:00キックオフ 会場:万博記念競技場

前半の立ち上がりに失点して、セットプレーで同点にするもその後またバレーに決められ、後半は完全に後手後手のまま終戦。
アンデルソン選手が結構いい感じだったので期待できそうなのが唯一の収穫。
ただダヴィ選手はもう少し考えた方がよさそう。クライトン選手もしかり。
今日は西選手が攻撃時にブレーキを掛けてましたなぁ。
それと速攻で前線にボールが入っても、中盤が押し上げられないままボールを失ってしまうシーンがいかに多かった事か。
これもゾーンに拘る戦術の弊害なのでしょうか。
それよりもやはり気になるのがセットプレーでの失点。
正直高さだけはJ1屈指のものを持っているのですから、ハイボールを放り込まれた時ぐらいキチンと跳ね返せないと。
もうほぼマンマークでいいから、相手の選手をフリーにするのだけはやめて欲しい。
これだけは去年から進歩してないし、逆に相手が上手くなった分劣化してると言ってもいいでしょうか。
まあ今日の試合はガンバが相手だったということで勝ちを獲るのが難しい試合だったわけですが、前半にもっと畳み掛けていれば良い勝負にはなったんじゃないかと。
正直前半だけだったら互角といってよかったし。
主にガンバの調子がオカシカッタお陰ですけどね……
だから余計に4失点目のアレはもういただけません。

あと少し気になったのが、ゴール前にダヴィ選手1枚しかいないのにクロスを選択した藤田選手のプレー。
丁度1対1の状況でPAやや外側だったのですから、中の枚数が足りないなら強引にでもPA内に突進してもらいたかった。
ダヴィ選手には既にDfが2枚付いていましたし、その状況でクロスを入れるならドリブルで突っかかって行った方が相手は嫌がるんじゃないでしょうか。
ゴールから遠いところじゃなくて、もっと相手にとって危険な位置での仕掛けは重要だと思うんで。
パス回しやボールの受け渡しなどは劇的に変えられないと思いますが、そういった点は個人の意思でどのようにも変えられますからその辺頑張ってもらいたいです。

総括すると、首位を伺うチームは強かだなというのが感想です。(まとめすぎ)

さて次は厚別3連戦の第1弾。清水エスパルスとの対戦です。
今一波に乗り切れていないエスパルスですが、昨日の試合などを見ると2人のマルコス選手がフィットしてきたようで、小粒ながらピリリと辛い山椒のような選手も多く、順位とは裏腹に相当侮れないチームです。
ただガンバやレッズ、アントラーズなんかと比べればまだ組みやすいのかもしれません。
1ヶ月ぶりのホームでのリーグ戦。
しかも今季初の厚別という事で、何とか勝ちを奪ってもらいたいものです。

|

« 再開の日 | トップページ | 当別のひと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/41685292

この記事へのトラックバック一覧です: ZONE:

« 再開の日 | トップページ | 当別のひと »