« 相変わらずサボってます | トップページ | 不可解 »

2008年6月 1日 (日)

どしたもんだろう

ナビ杯ですが、川崎にも負けてしまいました。
まあ、我那覇選手の復活&例の問題解決フラグが立っていましたんで危ういかなとは思っていましたが。

前半は相手GKの植草選手が大当たりしていて決定機を4度防がれてしまいましたなぁ。どれも1点もののシュートだっただけに、あそこで1点でも決まっていればどう動いたのでしょうか。
総じて前半はコンサの方がチャンスを創っていたように見えました。

我那覇選手にやられた場面。どうも柴田選手は裏を取られるのを警戒していたように見えました。あと吉弘選手の位置を見てラインを揃えるのに若干下がり気味になって我那覇選手を放していた為、DFラインの前に入ってきたクロスに対応できず後ろ向きに足を伸ばしたものの届かずにコケたという感じでしょうか。
まあその後落ち着いてコースを狙い右隅に決めたのは流石に元代表という所。

某所で感想などを見ていたところ後半は川崎に一方的に廻されていたとなっていましたが、実際に見たところではそれ程悲観的なるような内容ではなかったと思いました。
確かにパスが繋がらないとか問題点は改善されていませんが…
結局2失点目は些細なミスから一発で裏に抜けられてのPK献上でしたし。

ただ途中交代の選手が流れを変えられない。という状況は何とかしないといけませんね。
岡本選手や上里選手にはその辺り期待していたんですが、どうやら途中投入では入りきれないのかそれともそう言う出来だったのか…
岡本選手はそこそこボールに絡んでいたものの、久し振りのトップの試合、上里選手は何をしたらいいか解らないままゲームに入っていた感じがします。
元々サイドで何とかという選手ではないし運動量が豊富と言う訳ではないのですが、それにしても昨日の出来ではトップで出場は確かに厳しいのかなと。
まあ、もっと真ん中でプレーしていたら変わったのかもしれませんが…
サイドでは持ち味がまったく発揮できていませんでしたね。

総じてゲーム内容は7:3で川崎という感じでした。
それでも勝てなかったわけじゃないというのが本当に悔しい。
中盤の意思疎通やパスの強弱、そういった基本的なことが未だに解決できていないのはとても歯がゆく思います。
クライトン選手の苛立ちや、ダヴィ選手が一人で何とかしようとするのも頷ける。
今の選手達を観ていると、セーフティーに事を運ぼうとしてその隙を相手に衝かれて更に萎縮している気が。
確かに点を取られてはいけないのですが、どうやったらボールを失わずに行けるか、どうやったらパスを繋げられるか、もっと言えばどうやったら相手の長所を消す事ができるか、原点に立ち返って考えてみた方がいいのかも。


それはそうと、遠めに見たら岡本選手と芳賀選手の区別がつきません。

|

« 相変わらずサボってます | トップページ | 不可解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/41391988

この記事へのトラックバック一覧です: どしたもんだろう:

« 相変わらずサボってます | トップページ | 不可解 »