« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

ZONE

解散したおにゃのこバンドでも本屋でもレトロなゲームでもありません。

2008 J LEAGUE DIVISION 1 第14節 vs. ガンバ大阪
札幌 2-4 G大阪
日時:2008年6月29日(日)19:00キックオフ 会場:万博記念競技場

前半の立ち上がりに失点して、セットプレーで同点にするもその後またバレーに決められ、後半は完全に後手後手のまま終戦。
アンデルソン選手が結構いい感じだったので期待できそうなのが唯一の収穫。
ただダヴィ選手はもう少し考えた方がよさそう。クライトン選手もしかり。
今日は西選手が攻撃時にブレーキを掛けてましたなぁ。
それと速攻で前線にボールが入っても、中盤が押し上げられないままボールを失ってしまうシーンがいかに多かった事か。
これもゾーンに拘る戦術の弊害なのでしょうか。
それよりもやはり気になるのがセットプレーでの失点。
正直高さだけはJ1屈指のものを持っているのですから、ハイボールを放り込まれた時ぐらいキチンと跳ね返せないと。
もうほぼマンマークでいいから、相手の選手をフリーにするのだけはやめて欲しい。
これだけは去年から進歩してないし、逆に相手が上手くなった分劣化してると言ってもいいでしょうか。
まあ今日の試合はガンバが相手だったということで勝ちを獲るのが難しい試合だったわけですが、前半にもっと畳み掛けていれば良い勝負にはなったんじゃないかと。
正直前半だけだったら互角といってよかったし。
主にガンバの調子がオカシカッタお陰ですけどね……
だから余計に4失点目のアレはもういただけません。

あと少し気になったのが、ゴール前にダヴィ選手1枚しかいないのにクロスを選択した藤田選手のプレー。
丁度1対1の状況でPAやや外側だったのですから、中の枚数が足りないなら強引にでもPA内に突進してもらいたかった。
ダヴィ選手には既にDfが2枚付いていましたし、その状況でクロスを入れるならドリブルで突っかかって行った方が相手は嫌がるんじゃないでしょうか。
ゴールから遠いところじゃなくて、もっと相手にとって危険な位置での仕掛けは重要だと思うんで。
パス回しやボールの受け渡しなどは劇的に変えられないと思いますが、そういった点は個人の意思でどのようにも変えられますからその辺頑張ってもらいたいです。

総括すると、首位を伺うチームは強かだなというのが感想です。(まとめすぎ)

さて次は厚別3連戦の第1弾。清水エスパルスとの対戦です。
今一波に乗り切れていないエスパルスですが、昨日の試合などを見ると2人のマルコス選手がフィットしてきたようで、小粒ながらピリリと辛い山椒のような選手も多く、順位とは裏腹に相当侮れないチームです。
ただガンバやレッズ、アントラーズなんかと比べればまだ組みやすいのかもしれません。
1ヶ月ぶりのホームでのリーグ戦。
しかも今季初の厚別という事で、何とか勝ちを奪ってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再開の日

吹田ですよね?

どういう内容になるかは何となくわかります。
ガンバは既に1戦やっていて試合感が戻ってますから結構厳しいと思う。
ウチが狙うのはお互いにグダグダな試合展開。
そこで上手い事勝ち点を取れれば御の字です。

さて、耳かきのぼんぼんを付ける仕事に戻るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

昨日言ったばかりで

川崎Fの箕輪選手が期限付き移籍です。
某所で名前が出ていたんですが、本当に事情痛ってのはいるんですね。

ラインコントロールとかは出来るみたいなんで、あとはゾーン守備に馴染めるかどうかですか。
それ以前に怪我してたんで往年のパフォーマンスを出せるかどうか。
ある程度ゲームを落ち着けてくれそうなベテランなので、そのあたりは期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

中断期間はどんな話題が必要か

別に深い意味のないタイトルです。

中断期間に入って出た話題って、ノナト選手解雇、アンデルソン選手入団、バーベキュー……

なんか微妙な話題しかないんですが…

まあ西嶋選手が復帰という嬉しいニュースがあったんで(それを上の中に入れろ)、ポツラポツラ守備の方は何とかなるのかなと。
ただクライトン選手の腰の状態が思わしくないそうで、これは一抹の不安。
それとFWの枚数の不足は如何ともしがたく。
ダヴィ選手、アンデルソン選手、中山選手、横野選手、エジソン選手、この5人が何とか支えてくれないと中断明けは厳しいなぁ。

で、残りの補強マダァ-?( ゜∀゜)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑色の小豆がどうしたって?

まあ、犯罪は犯罪ですよ。
本人達はグレーゾーンギリギリだとか何とか言ってますが、許可無く他人の荷物を持っていったんだから窃盗ですよ。
しかも無断で集配所に入って行ったんだから不法侵入ですよ。

こういう団体は自己を正当化するんで周りの意見はガン無視ですから何を言っても効かないんでしょうが。

大体、警察権を持っている警察だって礼状なしに押収したら拙いわけですよ。
それが何の権利も持っていない、というか付与されていない連中が「証拠品の押収」とか言ってはいけません。
そんな事が正当化するなら何のための法律よ?ってことになりますわな。
法治国家に住んでいるのに俺法規ですか。
こいつらの頭の中には何が詰まってるんだか…

ヒーロー気取るのは妄想の中だけにしたら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

去っていったアイツ

という事でノナト選手退団、アンデルソン選手加入と選手の入れ替えがあった先週末。
手元のgeneには、欲しいものという質問に『出場機会』と答えているノナト選手が…

恐らく戦術的なものなのでしょうが、半年間外人枠を無駄に使ってしまったわけで、居た堪れないと言うか何と言うか…
まあサテライトでもあまり結果を残していないので大きなことも言えないでしょうが、それにしてもねぇ。
アンデルソン選手について、某掲示板にこんなコピペが

犬   「残留するの!?これ、残留するの!?ねぇ!J1!J1残留する!?」
飼い主「あぁ、残留するよ」
犬   「本当!?大丈夫なの!?降格じゃない!?」
飼い主「あぁ、札幌は補強したから大丈夫だよ」
犬   「そうかぁ!僕犬だから!犬だからサッカーわかんないから!」
飼い主「そうだね。わからないね」
犬   「うん!でも補強したんだ!そうなんだぁ!じゃぁ残留していいんだよね!」
飼い主「そうだよ。残留していいんだよ」
犬   「よかったぁ!じゃぁ残留しようね!J1残留しよう!」
飼い主「うん、残留しようね」
犬   「あぁ!補強したからJ1残留できるね!ね、ご主人様!」
飼い主「うん。チケット買って来ていいよ」
犬   「あぁーご主人様と僕は今J1に残留してるよー!気をつけようねぇー!」

……面白いやら悲しいやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

たまには小難しい話

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080610-00000122-jij-pol

今年秋にもタバコ増税を提言だそうです。
まあ、今の世の中喫煙者が責められる時代なんですが、基本的にマナーさえ守っていればお互い嫌な思いもしないわけで、一部のあほな連中が周りに気を使わずにブカブカ吸ってるから喫煙者は責められとるわけです。
ちょっと古い統計ですが、 http://www.jti.co.jp/News/04/NR-no21/no21.html のように徐々に喫煙人口は減っています。
職場が全面禁煙になったとか、経済的な事情とか、健康上の事情とかやめる理由は様々でしょう。
タバコ=害悪という図式が刷り込まれている(まあこれは概ね間違いではない)以上、恐らくこの法案は国会を通ると思われます。
反対するのはJT関連の方々、タバコを売って生計を立てている方々、そして愛煙家の方々だと思いますが、最初に一番打撃を受けるのは2番目のタバコを打って生計を立てている方々でしょうね。
愛煙家は恐らく今まで1日1箱だったものを3日に1箱にするとか(金持ちは除く)、思い切ってやめるとかすると思いますので、JT関連の方々まで被害が及ぶのは、売り上げ本数が激減しタバコの小売店が軒並み無くなってからだと思われます。
現状のタスポ導入ですらタバコの小売店は悲鳴を上げている状態ですから、この法案が通った暁には禁煙を啓蒙している方々の思うようにタバコは表の流通ルート又は庶民のいけるような店からは消えるでしょう。
そしてタバコは高級な嗜好品になり、高級商品を扱うお店でしか売らなくなるとか闇ルートで品質の悪いタバコの販売が横行するのではないかと想像しています。

私自身喫煙するので上記の内容は若干バイアスがかかっていますが、まあ多分私自身は3日に1箱で我慢するのではないでしょうか。
そのうち自然にやめてしまうかも。

何を言いたいかというと、増税してタバコが1000円になっても、逆に買い控えが増えて下手すると減収になるんじゃね?ってことを言いたいわけです。
JTを潰す気でいるなら結構ですが、そのJTから得ている法人税もちょっと考えてみろよと。
そして、

「たばこと健康を考える議員連盟」を構成する議員さん


それより先にやることあるんじゃね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか

RRR.EDU.EGというリモートホストから物凄いアクセスされているようなんです。
なんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

不可解

ということで、ナビスコカップは予選リーグ最下位で敗退という、リーグ戦と似たような状況になってしまいました。

ここに来て再び怪我人続出と、「泣きっ面に蜂」「弱り目に祟り目」「傷口に塩」等という言葉が脳裏をよぎります。
今日も今日とて宮澤選手が負傷、今週は石井選手を始め平岡選手や池内選手も離脱といった状況で目も当てられません。
と言うより、今年のJリーグの怪我人の多さは異常じゃないかと思う。

幸いにもこの後月末までリーグ戦の中断期間になります。
怪我をした選手がこの間に回復してくれる事を祈るばかり。

そして再開後の初戦はガンバ大阪。
十中八九負けそうな相手ですが、ここで何とかグダグダの試合展開に持ち込みドローに出来れば踏ん張れるのではないかと。
その前に一度チームのクラッシュandビルドをした方が良いんじゃないか、と錯覚してしまう試合内容が続いているんですけどね。。。

多分「去年薄々感じながらも結果が出ているので黙っていた方々」の不満が今になって噴出しています。と言うのも選手交代の拙さ。
私自身、そう言う仕様というのが大宮サポーターから戴いた取説に載っていたので、去年から「まあこんなもんだろう」というスタンスで見ていたんですが、今年になってそれが目に余る感じになってきたのも事実で。
最終的には選手の能力不足というところなんでしょうが、監督が試合開始後に出来る事ってハーフタイムの指示を除くと能動的に行える行動が選手交代しかないんですね。まあ試合中に指示出したりしてますけど、それは色々な監督が「試合中の指示は選手に伝わりにくい」と証言しているので大勢に影響を与え辛いと考えて良さそうですから。

以下素人の妄言で後知恵的な事を書きます。

今日の試合を観ていないので推測になりますが、後半の交代。まず吉弘選手に替えて岡本選手を入れています。
これは攻撃するぞという意思表示だと思いますが、センターバックを1枚削るという判断ですのでリスクは高いと思いました。
寧ろセットプレーやプレーエリア、連携などのことを考えれば、1失点目のポカはあったにせよ、吉弘選手よりはサイドの西澤選手に替えて岡本選手を入れたほうが藤田選手をサイドバックに下げてリスクを押さえながら攻撃的な布陣にできたのかなと。
そして(この時点で既にイエローを
1枚貰っている)西澤選手の退場という場面も回避できたのではないかなと感じました。
最後のマーカス選手の交代も、意図はわかるもののどうなの?と。
確かに西澤選手が退場してDFの枚数が足りなかったのとクライトン選手を前に上げる意味があったのでしょうが、既に負けている状況で西選手に代えて投入する選手ではないと思いました。
点を採りに行かなければ勝てない以上、あの時間帯では守備を置き去りにしても前のほうの枚数を増やすのが先決ではなかったでしょうか。
確かに宮澤選手の怪我というアクシデントはありましたが、某所の書き込みを見るとどうもフィニッシュまで行くものの精度が甘いといった内容だったらしいので、点は取れないことも無かったのかなと。
ならば前のほうで仕事が出来る選手をもう一人入れて厚みを出した方が良かったのでは?
まあここで勝っても決勝トーナメントに出る可能性は低かったわけですが、数的不利の状況で2点ビハインドをどうやって覆すか、と言うリーグ戦に向けてのシミュレーションも兼ねて冒険してみる事も出来たのではないかと思いました。
ここから中断明けまで真剣勝負は無いわけですから、試す為の絶好の機会を捨てたと言うのは非常に勿体無い。
常に真剣勝負なのは判っていますが、こう言った状況下でも「タダ負けたわけではない」というところが欲しいなぁと思ったナビスコカップでした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

どしたもんだろう

ナビ杯ですが、川崎にも負けてしまいました。
まあ、我那覇選手の復活&例の問題解決フラグが立っていましたんで危ういかなとは思っていましたが。

前半は相手GKの植草選手が大当たりしていて決定機を4度防がれてしまいましたなぁ。どれも1点もののシュートだっただけに、あそこで1点でも決まっていればどう動いたのでしょうか。
総じて前半はコンサの方がチャンスを創っていたように見えました。

我那覇選手にやられた場面。どうも柴田選手は裏を取られるのを警戒していたように見えました。あと吉弘選手の位置を見てラインを揃えるのに若干下がり気味になって我那覇選手を放していた為、DFラインの前に入ってきたクロスに対応できず後ろ向きに足を伸ばしたものの届かずにコケたという感じでしょうか。
まあその後落ち着いてコースを狙い右隅に決めたのは流石に元代表という所。

某所で感想などを見ていたところ後半は川崎に一方的に廻されていたとなっていましたが、実際に見たところではそれ程悲観的なるような内容ではなかったと思いました。
確かにパスが繋がらないとか問題点は改善されていませんが…
結局2失点目は些細なミスから一発で裏に抜けられてのPK献上でしたし。

ただ途中交代の選手が流れを変えられない。という状況は何とかしないといけませんね。
岡本選手や上里選手にはその辺り期待していたんですが、どうやら途中投入では入りきれないのかそれともそう言う出来だったのか…
岡本選手はそこそこボールに絡んでいたものの、久し振りのトップの試合、上里選手は何をしたらいいか解らないままゲームに入っていた感じがします。
元々サイドで何とかという選手ではないし運動量が豊富と言う訳ではないのですが、それにしても昨日の出来ではトップで出場は確かに厳しいのかなと。
まあ、もっと真ん中でプレーしていたら変わったのかもしれませんが…
サイドでは持ち味がまったく発揮できていませんでしたね。

総じてゲーム内容は7:3で川崎という感じでした。
それでも勝てなかったわけじゃないというのが本当に悔しい。
中盤の意思疎通やパスの強弱、そういった基本的なことが未だに解決できていないのはとても歯がゆく思います。
クライトン選手の苛立ちや、ダヴィ選手が一人で何とかしようとするのも頷ける。
今の選手達を観ていると、セーフティーに事を運ぼうとしてその隙を相手に衝かれて更に萎縮している気が。
確かに点を取られてはいけないのですが、どうやったらボールを失わずに行けるか、どうやったらパスを繋げられるか、もっと言えばどうやったら相手の長所を消す事ができるか、原点に立ち返って考えてみた方がいいのかも。


それはそうと、遠めに見たら岡本選手と芳賀選手の区別がつきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »