« 来ましたよ | トップページ | 迷った果てに »

2008年4月 4日 (金)

もう明日試合だというのに

さて……
やはり壁は高い方が越えがいがあるとはいえ、ちょっとやられ過ぎでしたなぁ

2008 J LEAGUE DIVISION 1 第4節 vs. 川崎フロンターレ
札幌 0 - 2 川崎
日時:2008年4月2日(水)19:03キックオフ 会場:札幌ドーム

今節はダヴィ選手が怪我で離脱した為、石井選手と中山選手がスタメンでした。
前々から石井選手は見たいと思っていましたが、今節はまったく物足りない感じでしたね。
と言うのも、前節の柏戦で相手に脅威を与えた裏への突破を繰り返したダヴィ選手。彼が居ない分石井選手が頑張って裏を取りに行かないといけなかったのですが、川崎のDFが巧かったのもあるでしょうけど、ラインの前で何とかしようとしてもダメでしょう。
中山選手と被るシーンもあったと思いますし、どうも自分がこなさなければならないタスクを理解していなかったのかな?という感じにも見受けられました。
まあ何回かチャンスがありましたんで(それを外すところがなんとも石井選手らしいというか)、そこをもう少し精度高くプレーできるようにならないとJ1では厳しいのかなと。
キャンプ、サテライトの試合を通して調子が良さそうだったので期待していたのですが、もしかすると昨日の試合だったら横野選手を出したら面白かったのかもしれません。

クライトン選手は流石でした。
ただ、ダヴィ選手が居ない分クライトン選手が安心してボールを出せるところが無かったのか、それとも廻りの選手が感じ取れていなかったのか、一人で何とかしようと突破を試みるシーンとか、パスがずれて相手ボールになったりラインを割った時など、かなりイライラしている様子も見られました。
確かに来た時よりはフィットしてきたとは思いますが、まだまだ他の選手もクライトン選手も互いの癖などを解るまでに時間がかかりそうですね。

失点に関しては完全にその前のボールの出所を潰せなかったのが原因でしょう。
鄭大世選手は確かに怖いですしジュニーニョ選手との2トップは脅威でしたが、でも柴田選手は鄭大世選手に対して負けてはいませんでしたし、極端に怖いという感じももてませんでしたね。ただ何をやってくるか読めないところがあるのは不気味でしたが。
それと中村憲剛選手を抑えきるのは出来ない事はないと思いました。他の選手もうまくて簡単なことではないと思いますが、もう少しボールホルダーへの寄せ(前線から)を早くできれば…彼を生かす前に何とかできるかも…

川崎は中盤に5人置くシステムの為、何とかDFラインを下げさせないと今節のように良いように使われてしまいます。中盤の選手の厚みの差だとは思いますが、特にセカンドボールへの対応速度はやはりと言うか川崎の方が速くなってしまいました。
DFラインも適度に高くスペースがない状態でしたので、今後の試合では相手DFに対する揺さぶりを大きくしないと、ウチの実力で互角以上に戦うのはちょっと厳しいのかなと。

という事で次節は、このエントリを書いているのが遅すぎたのか明日になってしまいました。AWAYでのFC東京戦です。
高木選手が出場停止、芳賀選手もわからない、ダヴィ選手も解らない中で中2日という厳しい試合ですが、何とか勝ち点を取ってきてもらいたいものです。
オカダカントクも見に来るらしいですしね。

|

« 来ましたよ | トップページ | 迷った果てに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/40765979

この記事へのトラックバック一覧です: もう明日試合だというのに:

« 来ましたよ | トップページ | 迷った果てに »