« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月13日 (日)

時の扉

を開けば、あの強力なチームがそこに居るはずです。
ただ、我々は時代(とき)の涙を観ることになりました。

2008 J LEAGUE DIVISION 1 第6節 vs. ジュビロ磐田
札幌  - 1 磐田
日時:2008年4月12日(土)13:34キックオフ 会場:札幌ドーム

前評判では多分ジュビロが勝つのではと思われていた節もありますが、ここの所の試合状況を見る限りつけ入る隙は充分にあると思っていました。
それでも個々の能力では相手のほうが上(去年から変わらない様な気が…)ですから余裕を持って勝てるなどとは思っていませんでしたし、一瞬の隙を衝かれて負け試合になる確立はそれこそ勝つ確立より高いくらいだと思いますし。
そんな中、西嶋選手が怪我で離脱し曽田選手も本調子とは程遠い(ある意味いつも通りなのかも知れませんが)ため、DFラインを今期加入した選手だけで組むという状況に。
そしてDFラインの平均年齢は22.5歳(!)。これだけ若い選手だけで組むチームはJ1じゃ見られないのでは?
ただ私自身はこの話を聞いても不思議と不安は感じませんでした。
と言うのも、柴田選手はここ数試合西嶋選手に次いで安定感がありましたし、吉弘選手は2節からCBをやっていた時の冷静な判断などが印象に残っていましたし、坪内選手は元々左サイドの選手ですから元の鞘に収まっただけですし、平岡選手もSBという位置に入ることで真ん中にいたときよりも気持ちの面で楽でしょうから。
特に試合中、吉弘選手を中心に頑張って高く保ったラインは磐田を結構苦しめたと思います。

今節からダヴィ選手が戻って攻撃に迫力が戻ってきましたが、それよりも中山選手の怪我が心配です。どうも靭帯らしいという噂が聞こえてきましたが、そうだとしたらとても痛い。
ここは何とか他のFW(特にノナト選手には)奮起してもらわないと厳しい状況です。
と言っても、多分クライトン選手をFW起用するじゃないかな?とも思いますが。

試合の感想ですが、正直磐田が弱すぎた印象をぬぐえません。
下手したらJ2の徳島とか愛媛とか岐阜とか仙台とか山形とか鳥栖とか熊本とか横浜FCとかセレッソ大阪とか水戸とか草津とかの方が怖かったかも。
確かにフィニッシュの精度やパスでの繋ぎなどレベルの高いところも多かったのですが、そこまで出来ても、最終的に流れからコンサの守備を崩せなかった磐田に往年の怖さは微塵も感じませんでした。
確かにプレッシャーは早いんですが、前節のFC東京と比べても運動量とかそういったところで質が落ちている感じです。

とは言うものの、こちらもセットプレーからしか得点を奪えなかったのですが。
チャンスは何回かありましたがね…
ただ流れからの得点の匂いはコンサの方が高かったような…

今節MOMを個人的に出したいのはクライトン選手やダヴィ・柴田選手ではなく、芳賀選手じゃないかと思いました。
ここのところ調子が悪いのか、らしくないプレーを連発していましたが、今節はピッチ上を縦横無尽に走り回ってピンチの目を摘み、前線に顔を出し、と大車輪の働きでした。
芳賀選手が決まっていれば中盤はかなり落ち着くので、今節は特に大きかったかなぁと。

さて次はナビスコカップグループリーグ3戦目。
フクアリでのジェフ千葉戦です。
「そうここは俺たちのフクアリ」という言葉があるように(?)スタジアムは割と相性の良いところですが、下位に低迷しているとはいえジェフもオリジナル10の意地があるはず。
個人的にはリーグ戦に備えてダヴィ選手やクライトン選手を休ませて欲しいのですが、そうも行かないかもしれません。
出来れば若手を入れてJ1の経験を積ませて欲しいとは思いますが。
そして土曜日には神戸戦が控えています。
試合間隔が短く、AWAYの連戦と言うのは気がかりです。
なんとか踏ん張って勝ち点を積み上げて欲しいと切に願います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

迷った果てに

勝てそうで勝てないのは、どこかに決定的な間違いがあると思う。

2008 J LEAGUE DIVISION 1 第5節 vs. FC東京
札幌 0 - 1 F東京
日時:2008年4月5日(土)14:00キックオフ 会場:味の素スタジアム

やあ、何か3年前を思い出します。
勝てない中で未来を思い悶々とした日々…

ダヴィ選手が故障で離脱してしまったので、クライトン選手がFW起用されました。
これが多分裏目に出たような気がします。
確かにコンサは縦へのスピードが速いので前線に強力な選手を入れるという理由はわかるのですが、やはり展開力があまり多くなくキープが出来ない中盤は怖い。
それとカウンターのチャンスで中盤に下がってきているクライトン選手を経由するのはいかがなものかと。
ポゼッションできるチームじゃないのは解ってるはずですし、相手に引かれたら崩せないのもわかっている筈なのに、速攻で仕掛けられないんじゃ点は取れませんな。他の選手の押し上げも遅いし。
まあ両サイドバックは結構高い位置を保っていたんでそこを使えるかどうかなんでしょうけど。

今日の相手のFC東京は、コンサと同じで毎試合失点を繰り返しているチームでした。
だから浅利選手をアンカー気味にしていたのかもしれません。お陰で真正直にしか攻められないウチは止められまくりでした。
あと唯一点の匂いがしたセットプレーも、もう少しタイミングを合わせられないとキツイなぁと。
守備はやはり羽生選手にかき回されていたのがきつかった。大竹選手も結構怖かったし。
また今までの試合と同様選手のギャップを衝かれていたので、このあたりを何とかしていかないと失点は減らせないのかなぁと思います。

さて次はホームでのジュビロ磐田戦。
やんつーさんが居るチームとの対決です。
今節は浦和相手に逆転負けを喫していますが、当然チームの力は向こうの方が上です。
何とかホームでは勝ちを奪って欲しいものですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

もう明日試合だというのに

さて……
やはり壁は高い方が越えがいがあるとはいえ、ちょっとやられ過ぎでしたなぁ

2008 J LEAGUE DIVISION 1 第4節 vs. 川崎フロンターレ
札幌 0 - 2 川崎
日時:2008年4月2日(水)19:03キックオフ 会場:札幌ドーム

今節はダヴィ選手が怪我で離脱した為、石井選手と中山選手がスタメンでした。
前々から石井選手は見たいと思っていましたが、今節はまったく物足りない感じでしたね。
と言うのも、前節の柏戦で相手に脅威を与えた裏への突破を繰り返したダヴィ選手。彼が居ない分石井選手が頑張って裏を取りに行かないといけなかったのですが、川崎のDFが巧かったのもあるでしょうけど、ラインの前で何とかしようとしてもダメでしょう。
中山選手と被るシーンもあったと思いますし、どうも自分がこなさなければならないタスクを理解していなかったのかな?という感じにも見受けられました。
まあ何回かチャンスがありましたんで(それを外すところがなんとも石井選手らしいというか)、そこをもう少し精度高くプレーできるようにならないとJ1では厳しいのかなと。
キャンプ、サテライトの試合を通して調子が良さそうだったので期待していたのですが、もしかすると昨日の試合だったら横野選手を出したら面白かったのかもしれません。

クライトン選手は流石でした。
ただ、ダヴィ選手が居ない分クライトン選手が安心してボールを出せるところが無かったのか、それとも廻りの選手が感じ取れていなかったのか、一人で何とかしようと突破を試みるシーンとか、パスがずれて相手ボールになったりラインを割った時など、かなりイライラしている様子も見られました。
確かに来た時よりはフィットしてきたとは思いますが、まだまだ他の選手もクライトン選手も互いの癖などを解るまでに時間がかかりそうですね。

失点に関しては完全にその前のボールの出所を潰せなかったのが原因でしょう。
鄭大世選手は確かに怖いですしジュニーニョ選手との2トップは脅威でしたが、でも柴田選手は鄭大世選手に対して負けてはいませんでしたし、極端に怖いという感じももてませんでしたね。ただ何をやってくるか読めないところがあるのは不気味でしたが。
それと中村憲剛選手を抑えきるのは出来ない事はないと思いました。他の選手もうまくて簡単なことではないと思いますが、もう少しボールホルダーへの寄せ(前線から)を早くできれば…彼を生かす前に何とかできるかも…

川崎は中盤に5人置くシステムの為、何とかDFラインを下げさせないと今節のように良いように使われてしまいます。中盤の選手の厚みの差だとは思いますが、特にセカンドボールへの対応速度はやはりと言うか川崎の方が速くなってしまいました。
DFラインも適度に高くスペースがない状態でしたので、今後の試合では相手DFに対する揺さぶりを大きくしないと、ウチの実力で互角以上に戦うのはちょっと厳しいのかなと。

という事で次節は、このエントリを書いているのが遅すぎたのか明日になってしまいました。AWAYでのFC東京戦です。
高木選手が出場停止、芳賀選手もわからない、ダヴィ選手も解らない中で中2日という厳しい試合ですが、何とか勝ち点を取ってきてもらいたいものです。
オカダカントクも見に来るらしいですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »