« 皆書いてると思うけど | トップページ | 空振り »

2008年3月 9日 (日)

戻ってきたが

2008 J LEAGUE DIVISION 1 第1節 vs. 鹿島アントラーズ
札幌 0-4 鹿島 
日時:2008年3月8日(土)16:03キックオフ 会場:県立カシマサッカースタジアム

いやぁ~
鹿島は強いね。流石に。

そう思った試合。


前半はお互い緊張感もって試合できたんだけど、まずデビットソン純マーカス選手(フルネームは長いので、今後はマーカス選手とさせていただきます)がイエローを早々に貰ってしまったのが痛かったかなぁ。
やっぱり個人のスキルでは圧倒的に鹿島の方が上でした。
そこが今節のイエローカードの多さと2回のPK献上に現れてしまいましたね。
ただ、去年の開幕戦も京都相手に完敗してそこから巻き返したという前科(?)がありますので、恐らく次節以降は修正してくるんじゃないでしょうか。
とは言っても個人能力が劇的に上がるわけではないので、今のゾーンディフェンスを突き詰めていくしかないとは思います。

残念だったのは、前半途中から完全に中盤でセカンドを拾えなくなっていたこと。
練習試合やプレシーズンマッチをやっていたとはいえ、身体がまだリーグ戦に入りきっていなかった感じでしたね。そう言う点ではゼロックス杯を先にやっていた鹿島の方が1試合早く真剣勝負していたのもあって動きだしが早かったと思います。
まあそれ以上に、アレだけパスを回されると途端にボロボロとフォーメーションが崩れるのは戴けないですが。もう少し辛抱できたら違う結果になったのかも…とは言っても恐らく負けたでしょうね。0-4が0-2になるくらいでしょうか。
私がそれでもそう悲観していないのは、最初からそれ位の実力差を解っていたからでしょう。

正直、今日の敗戦の直接的な原因は、中盤の機能不全、もっと言うと散らす役目の選手がいなかったことに尽きると思います。まあもちろん守備面でDFラインがマルキーニョス選手や野沢選手あたりに掻き回されていたのもありますけど失点するまでは何とか抑えられていたわけで、それもこっちが攻撃に移る事ができないからズルズルとやられていったという、極端な話をしたら、あの時点で警戒すべきは小笠原選手のパスとそれに反応するマルキーニョス選手(と田代選手)だけと言ってよかった気がしますし。
中盤に関しては前半の早い時間はやや劣勢程度だったのと意外とインターセプト出来ていたので、あそこから両ワイドに散らして中央に折り返す王道的な攻めが 出来れば、中央では高さで勝っていた(実際にダヴィ選手・中山選手はわずか2度ほどしかなかったセンタリングに合わせています)のでもう少しシュート数を増やせたかなと。両ワイドがアタッカータイプですから当然中央は守備的になるとは思いますが、やっぱりアルセウ選手が抜けた後、クライトン選手が来るまでの間そこに手を加えられなかったのは痛いなぁと。

それと先発で砂川選手を左に使っていましたが、今日あたりなら左に岡本選手で右に砂川選手というパターンにしたほうが良い攻撃が出来たのかなと。
現状西谷選手が出られない状況でパスセンスを持つ中盤の選手を考えると、岡本選手かかなり遅れて上里・鈴木選手あたりになりますんで。
砂川選手は前から言っているように使われる方が生きる選手ですから、その点を考えると私の考えるパス出しの役目を西選手に託していたのかなぁ…と思われる節もあります。西選手もパスセンスよりボールを持ち込むタイプ、個人技の方が強い選手ですから、ちょっと厳しい采配だったかなとは思いますが。気持ちはわかります。
あと藤田選手はボールが出なかったから何もいいところが出ませんでしたね。
スペースがあって初めて生きる選手ですので、押され気味のまま前半を終えた状況で、鹿島の攻撃が激化する(そして前がかりになりスペースが出来やすくなる)と思われる後半最初に藤田選手を入れるのは合っているとは思いましたが、後出しじゃんけんで考えればあの時岡本選手を投入して、砂川選手を交代する際に石井選手が入っていれば結構良い勝負が出来た気がします。
結局は前のほうでボールを保持できなくなって苦境に立たされたんで。
一発(と思い切り)のある石井選手が入れば相手も警戒しますから、鹿島の勢いを少し逸らす事が出来たかなと。調子いいらしいですしね。
それとクライトン選手ですが、出来ればやっぱり中盤で見たいですね。
多分、今日のクライトン選手は能力の何割かしか見せられなかったと思います。
早く馴染んでくれないかなぁ…

今日の収穫は、今までの守備戦術でもそこそこやれるという手応えがあったこと。
それとダヴィ選手はJ1のDF相手に引けをとらない能力を持っていたのを確認できた事。
もう一つ、中山選手の守備は去年とは比べるべくもありませんが、そこそこ通用していたという事。
そして反省点は、特に後半、全てのプレーが後手後手に回ってしまい振り回されてしまった事とパスの精度とロングボールの精度。
単純なパスなら充分以上に対応可能と見ました。特にパス回しの得意なチームが相手だったというのもありますが、短い距離で繋がれれば手も足も出すタイミングが遅くなりファールになってしまうといった状況です。このパス回しで余計に動かなくてはならなくなり後半辛くなりました。本来ならパスを回させないといった守備陣形が持ち味なんですけどね。
パスの精度についてはずっと言われていますので今更ですけど、ここがJ1とJ2の大きな違いですのでもっと精度を上げていってほしいと思います。

あと、やっぱりウチは他のチームの倍は走らないと(もしくは相手を倍は走らせないと)ダメですね。
往年のジェフのように。


さて次節は横浜FMとの対戦。
ホーム開幕戦です。
恐らく沢山のお客さんが来ます。
もちろん私も行きます。
横Fもパス回しの得意なチームですから、今節の経験は生かせると思います。
相手には今や日本の10番を背負うアノ選手がいますし、ここで里帰り弾などを入れられても悔しいので何とか完封で試合を終えて欲しいものです。
そしてJ1復帰初得点をぜひ大勢のサポーターの前で魅せて欲しい。
つまりはどんな形でもいいので勝ってほしいということです。
去年のような奇跡的な成績は無理でしょうし私も出来るとは思っていませんが、だからこそ意地を見せて欲しい。本当にそう思います。

|

« 皆書いてると思うけど | トップページ | 空振り »

コメント

ハードワークしすぎで過労死寸前の2323です。
やはり2323とハードワークは切り離せないものだなっと。

前半の鬼のようなプレスはよかったけど、J1だと後半には攻略法をみつけられてしまうんですね。
それを選手レベルで修正できるのが大きな違いですね。
後半はラインのギャップを作り出されてされるがままになってしまいました。
攻撃はなかったので評価できずかな。
つなぐとかドリブルするとか前に行こうとする意識がなく、ただ前に蹴っていたといってもいいくらい無責任なタテポンしか印象にないです。
セットプレーのチャンスでも4人しか上がってこないし。
正直な感想はこの場所にいるレベルではないといった感じでした。
しかし戦いは続くわけで、このまますごすごとJ2に帰る気なんてさらさらないわけでして。
2323の今年のチームに求めることは
・チームとして戦い、チーム戦術をつらぬけ
・つなげ、走れ、前に進め、縦ポンすんな
・あと30cm前で守れ
・ミスを恐れず積極的にアクションサッカー
・走れ、走れ、食らいつけ
・あきらめない、恐れない、勇気をもって

これは勝敗という結果ではなくて、見ている人がなにを感じるか、つまり誇りをもって敗戦まで受け入れられるかで判断されるものです。
さあ、ホーム開幕です。
本当の札幌の姿を見せてやろうじゃないか。
もちろんいつもの場所でいつもの通り応援します。


投稿: 2323 | 2008年3月13日 (木) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/40431253

この記事へのトラックバック一覧です: 戻ってきたが:

« 皆書いてると思うけど | トップページ | 空振り »