« 結構なお手前で | トップページ | あと1歩がなかなか踏み出せません »

2007年11月 8日 (木)

天皇杯に思う小沢復権の意味

タイトルは何の意味もありません

J1が登場する天皇杯4回戦。
私が一番期待していた佐川急便はマリノスにボッコボコにされました。
あとジュビロ。手加減しろ。
TDKは惜しかった。

そんな中、清水エスパルスにPK戦まで粘った明治大学。流石です。
伊達に京都を破っちゃいない。

昨日のガンバ大阪vsモンテディオ山形は燃えました。
2点先制って、山形勝つんじゃね??????と言える位頑張ってた。
最終的に代表組が出てきて同点にされちゃいましたが、延長に入ってからの選手達のひた向きさが目に滲みました。ホントに勝ってほしかった。
横山選手が決めていればね…
それが実力といえばそれまでですけど、去年のコンサの実例もあるからナビスコ杯を今年もJ2に持ってきてもらいたかった。
それにしてもガンバ…

下部から5回戦に進出したのは鳥栖とHondaFC.。
元祖JFLの門番は見事な試合運びで勝ったようです。みんなアマチュアなんだよね。
次は名古屋グランパスが相手ですね。頑張ってもらいたいものです。
鳥栖は見事な勝利。
もともとJ1中位くらいなら良い勝負出来る力は持ってますから、それが一発勝負の天皇杯でどこまで発揮できるか。
ただ、あまりノリノリになってくれないで欲しい。次は鳥栖戦だからね…
リーグ戦は捨てて天皇杯でガンバレ!!(そんな事言うな)

あとは昨日ACLがあった浦和レッズと愛媛の試合が残っています。
正直今Jで最も強い(と言われる)レッズに愛媛が勝てる可能性は高いものではありませんが、いつもの様に走るサッカーをすれば善戦できるのではないでしょうか。
似たようなタイプのコンサには良い勝負しますし、あとは選手のバッテリー次第かな。

今年のコンサの天皇杯は早々に終わってしまいましたが、その分リーグ戦は後もう少しで優勝に手が届く位置にいます。
早ければ次節終了後に昇格決定があるということですが、それは鳥栖に勝ってから。
目の前の1戦を確実にものにして行かないと昇格は無いものと思え!!と釘を刺す必要もないでしょうけど、それにしても最後に苦手なチームが目白押し。
他の昇格争うチームの日程も予断を許さないものになってますし、J2の日程を考えたヤツは物凄く頭が冴えてるなぁ…と感心することしきり。

さて、次の更新のときは昇格しているか…それともあと少しという所で止まっているか。
サポにとっては胃の痛くなる日々が続きますなぁ。

|

« 結構なお手前で | トップページ | あと1歩がなかなか踏み出せません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/17016785

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯に思う小沢復権の意味:

« 結構なお手前で | トップページ | あと1歩がなかなか踏み出せません »