« まだ首位とな!? | トップページ | 結構なお手前で »

2007年10月25日 (木)

3連勝!!・+。*・ ゚

という事で、暫く更新が滞っていたのは体調不良のせいでした。

4クール始まって暫くは((((((;゜Д゜)))))))でしたが、ここの所は何とか以前の調子を取り戻してきた印象です。

しかし、怪我人や累積警告、不条理な退場と未だに試練は待ち構えていますし、何と言っても自動昇格枠に入るには全勝を目指さなくてはいけない苦しい状況。
2位のヴェルディは勝ち点1差のまま負ける気配を見せませんし、3位の京都は消化試合が1試合少ない上に、得失点差の関係でコンサが1敗でもしようものなら3位転落もありえるという大変な事になります。
いや、だから勝てばいいんですけどね。

しかしこれからの相手は曲者揃い(J2チームはすべて曲者ではありますが)です。次節の愛媛は今期いいように(特にあの審判にも)やられていますし、鳥栖や水戸は苦手なチームですし、そして何より京都との直接対決!!
どうもヴェルディが負けそうに無いのですが、どこかのチームが足を引っ張ってくれないだろうかと他力本願してみたり…まあ、今日は2失点してるみたいなので、ここの所見せていた堅い守備に少々綻びができたのかなぁとも思いますが、やっぱり得点力は怖いですね。

福岡戦から出場中の岡本選手は良いセンスを持ってますね。
藤田選手のような縦のスピードはありませんが、独特のボール運びで中に切れ込めるタイプだと思いますしパスセンスも高いと思いますので、もう少し動けるようになれば砂川選手の後継者になれそうです。正直ここ2試合は存分とは言えないまでも、持ち味を発揮したと思います。
あとイタカレ選手はやはりストライカー+ポストタイプの選手かと。
スピードはあまりありませんが、足元にボールを収めた時の懐の深さは多分今のFWの中では一番ではないでしょうか。惜しむらくは戦術がマッチしていない為に得意じゃないプレースタイルで起用されている事か。中盤がしっかりパスを繋げるチームなら生きるでしょうね。今節も足元にボールが収まった時の動きは何かを感じさせるものでした。
PA内で仕事をしてもらいたい選手ですね。
それと上里選手。
殆ど出番が無かったのですが、ボールを持ったときのキレは戻ってきているように見えました。しかしイタカレ選手と同様、今の戦術では起用するのが難しい選手です。基本的にトップ下のセカンドアタッカー又はセグンド・ボランチ、もしくはトレスボランチの左orセンターという感じですので、先制して優位な状況か、選手がいなくて止むにやまれぬ事情により出場する時意外では今の状態が続くかも知れません…
ただ彼のシュート力はチームの中でも非常に高いので、セットプレーに活路を見出すチームであれば何とか起用してもらいたいところ。特にゴール前でのFKは西谷選手以上に得点が期待できるとおもいますので。

試合ごとの感想ではありませんが、ここ3試合を観ていると、ベストメンバーを組めなくなった中で若手と途中加入選手が上手くやっている印象です。そして今までジョーカーだった砂川選手も。
ヨンデ選手は私自身プリメイロ・ボランチだと思っていますが、SBとしても優秀だという事がわかり、実際に彼が右SBに入っている試合は右サイドから崩される率がかなり減ったように思います。
そしてCBタイプ4人を並べたとよく言われるDF陣ですが、右のヨンデ選手も左の西嶋選手も攻撃に関しては結構いいものを持っている。と言うか、DF4人とも攻撃できるんじゃね?ってくらいなので、意外と攻撃に厚みがある印象。
あと驚いたのは池内選手の前目のポジションでの起用ですか。恐らく守備固めの一環だったと思うのですが、池内選手にとっては多分に美味しいポジションだったのでしょう。
今節も最後で「おいおいおいおいおいおいおい!?」というシーンを演出(主演も兼ねてます)してましたし。
ホントに攻撃が好きなんですねぇ(苦笑)
あそこで決めていれば本物なんですが。

さて、予断を許さない昇格レースもどうやら上位4チームに絞られてきました。
どのチームも必死に戦うでしょうし、コンサももちろんサポーターも一丸となって戦っていくでしょう。
本当に本当に大事な試合が続きます。
まずは苦手な愛媛のAWAYで今までの分のツケを返してもらい、何とか今の位置を死守しましょう!!

|

« まだ首位とな!? | トップページ | 結構なお手前で »

コメント

道都大との練習試合をスネークしてきた風邪をひいたらしい2323です。
注目の緊急帰国の大伍でしたが後半からFWとして川崎と2トップを組んで出場。非常に可能性を感じました。
大伍の場合、けっして身体が大きいわけではないのですが、バランスの良さや相手にとって予想しづらい動きがあるので以外に前線でキープできたり、後ろ向きでボールを受けても有効な攻撃につなげてくれます。いわゆる札幌ユース伝統の「変態キープ」。
川崎との違いは川崎は裏に抜ける以外可能性が感じないのに対し、大伍はパスしてからの動きも意識しているので、キープからサイドの選手を使ってクロスに対応する動きなどがうまいと感じました。味方をうまく使える印象をもちました。
もしかしたら三浦監督の最後のジョーカーになるかも。
あと、上田くんがかなりの成長をみせてくれてました。
身体もがっちりしてきて、来年は画伯にみっちり指導してもらってレギュラーどりに名乗りをあげてほしいです。
前半は俺たちのカズゥからの有効なスペースへのロングパスが多く見られ、やはりこの武器を試合で見たいと思いました。

昨日の徳島戦ですが、選手達の集中力が見ているサポにも強く感じられて、それがドームの一体感を作り出していました。
話題の?イタカレですがPエリアに持ち込めたシーンも多くあり彼の長所がやっと引き出せたと思います。
DFを背負うのは苦手かもしれないですが、前さえ向けば強引に突進できそうなので足元というよりやや横の弱いパスが通れば面白いかも。
得点シーンはイタカレの良さがあらわれてましたね。
(つーかシュートにビビッて顔と体が逃げてたキーパーはありえないのだが・・・。ギーサンナラギャクホウコウニハジクヨ)
前半は岡本の裏を狙われていましたが、ヨンデやブルーノ、曽田がよくカバーしてましたし、守備は良い時に戻ったようです。その岡本ですが面白い可能性に溢れてますね。

さて、この日のドームは選手とサポの一体感が強く感じられました。1マソと少ない観客数でしたが、今のチームの置かれた現状を理解している人が多かったのでしょう。前節の福岡戦でもサポの気迫が相手チームを圧倒できたようにここ数節の危機を乗り越えようとした力、一つでも負けたら昇格が危なくなる危機感がサポにも戦う力を与えたのでしょう。
2323が昇格のための絶対条件にあげる「選手とサポの一体感、
一致団結」
ついに札幌サポも最後の戦いに挑む覚悟で、さっぽり顔を洗ったような、そんなまっすぐな応援で目標への歩みを始めたんだなと感じたドームでした。
でもまだまだがんばれる。

投稿: 2323スネーク | 2007年10月25日 (木) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/16864887

この記事へのトラックバック一覧です: 3連勝!!・+。*・ ゚ :

« まだ首位とな!? | トップページ | 結構なお手前で »