« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

結構なお手前で

今節は苦手愛媛のAWAY戦と言う事で少々弱気になりそうでしたが、何とか勝てました。
試合自体はほぼ互角。愛媛の押している時間が多かった気もしますが、攻めさせているという観点から言えばコンサの試合といえるでしょうか。
しかしながら今節の内容は正直良いものではありませんでした。
出場停止明けのダヴィ選手は割と空回っていましたし、セットプレーも少々迫力が無かったような気もします。
それでも前半から岡本選手は光るプレーを随所に見せてくれましたし、大塚選手の突然の怪我で入った池内選手も本職の守備で上手くゲームに入っていたように思います。ヨンデ選手・芳賀選手は相変わらず精力的な守備でDFの負担を軽減していました。
そしてブルーノ選手。
今節のMOMは彼に挙げてもいいんじゃないかと思うほど攻守に貢献していましたね。特に守備時のキレはかなり良い状態まで達していると見ました。何度ピンチを救った事か。
また高木選手も相変わらず安定しており、守備に関してはまずまずと言ったところでしょうか。

ただ上記のようにストロングポイントであるセットプレーは少々迫力が無く、カウンターも簡単にボールを失ったりといいところがありませんでした。
後半も後半に石井選手やダヴィ選手が決定的な場面を悉く外し、誰もが引き分けを覚悟したと思います。
それでも選手のみならず、スタッフ・サポーター共々勝ちたいという思いは愛媛を上回っていたのでしょう。得てして意志の力というのは不思議な現象を起こしたりするものです。しかもそれは偶然ではなく必然だと知るのは難しいのですけどね。
西選手のゴール。
本人もインタビューでセンタリングだったと暴露しましたが、あのボールをゴールポスト自らが入れてくれたように感じたのは私だけでしょうか。
普通ならあの位置から決められるのは、サカつくの「キラシュート」くらいでしょう。
それが決まって劇的な勝利を得られたのは、チームとそれを支える意思の力、それが運すらも手繰り寄せたのだと信じたい。
そして運というのは諦めずに努力したものが手に入れられるものの一つだと思います。

前のエントリーでも書きましたが、ここに来て若手が大いに助けてくれていますね。
岡本選手・西選手の頑張りは、監督の言うように他の選手の励みにもなり、またプレッシャーにもなるでしょう。
それがチームのチカラを高める要因になれば、こんなに嬉しい事はありません。

さて現在昇格争いしているチームですが、仙台は勝利。京都は鳥栖相手に3-0の大敗。そして優勝争いしているヴェルディは草津と2-2のドローという結果に終わっています。
とりあえずヴェルディと勝ち点3差がついたのは安心材料でしょう。これで負けは許されないものの、1回だけ引き分け試合をしても抜かれることはなくなりました。
そして京都の敗戦は仙台にとっても好材料。そして仙台の次節の相手はヴェルディです。
またコンサも京都戦が残っていますが、仙台も京都戦を残しています。
ここで仙台がこの2戦に勝つようなことがあれば、京都の脱落、ヴェルディの3位転落、仙台の2位浮上も考えられる状況です。今期、仙台はこの2チームに対し分が悪いのですが、ヴェルディの得点力は侮れないものの、ここ2試合は試合終盤に失点しているのが気にかかります。俄然仙台はやる気を出すと思いますので、もしかしたらもしかするかも…

まあ、コンサは勝ち続けるだけさね。

さて次節は京都を3-0で下した鳥栖とのAWAY戦です。
今期は2勝1分と分が良い相手ですが、J2の変態力は侮れません。
特に今節は京都を大差で破っていますし(京都のほうが混乱していたというのもありますけど)。
また怪我をした大塚選手の状態も気になるところです。あの悶絶状況からすると今期は絶望的かもしれません。
どちらにしても、その次の京都戦に向けて勢いをつけられるように、勝ち点3をとってもらいたいですね。
そして札幌ドームで昇格を決めて優勝も決めて欲しい。
私も11月18日、12月1日はなんとしてもドームへ…!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月25日 (木)

3連勝!!・+。*・ ゚

という事で、暫く更新が滞っていたのは体調不良のせいでした。

4クール始まって暫くは((((((;゜Д゜)))))))でしたが、ここの所は何とか以前の調子を取り戻してきた印象です。

しかし、怪我人や累積警告、不条理な退場と未だに試練は待ち構えていますし、何と言っても自動昇格枠に入るには全勝を目指さなくてはいけない苦しい状況。
2位のヴェルディは勝ち点1差のまま負ける気配を見せませんし、3位の京都は消化試合が1試合少ない上に、得失点差の関係でコンサが1敗でもしようものなら3位転落もありえるという大変な事になります。
いや、だから勝てばいいんですけどね。

しかしこれからの相手は曲者揃い(J2チームはすべて曲者ではありますが)です。次節の愛媛は今期いいように(特にあの審判にも)やられていますし、鳥栖や水戸は苦手なチームですし、そして何より京都との直接対決!!
どうもヴェルディが負けそうに無いのですが、どこかのチームが足を引っ張ってくれないだろうかと他力本願してみたり…まあ、今日は2失点してるみたいなので、ここの所見せていた堅い守備に少々綻びができたのかなぁとも思いますが、やっぱり得点力は怖いですね。

福岡戦から出場中の岡本選手は良いセンスを持ってますね。
藤田選手のような縦のスピードはありませんが、独特のボール運びで中に切れ込めるタイプだと思いますしパスセンスも高いと思いますので、もう少し動けるようになれば砂川選手の後継者になれそうです。正直ここ2試合は存分とは言えないまでも、持ち味を発揮したと思います。
あとイタカレ選手はやはりストライカー+ポストタイプの選手かと。
スピードはあまりありませんが、足元にボールを収めた時の懐の深さは多分今のFWの中では一番ではないでしょうか。惜しむらくは戦術がマッチしていない為に得意じゃないプレースタイルで起用されている事か。中盤がしっかりパスを繋げるチームなら生きるでしょうね。今節も足元にボールが収まった時の動きは何かを感じさせるものでした。
PA内で仕事をしてもらいたい選手ですね。
それと上里選手。
殆ど出番が無かったのですが、ボールを持ったときのキレは戻ってきているように見えました。しかしイタカレ選手と同様、今の戦術では起用するのが難しい選手です。基本的にトップ下のセカンドアタッカー又はセグンド・ボランチ、もしくはトレスボランチの左orセンターという感じですので、先制して優位な状況か、選手がいなくて止むにやまれぬ事情により出場する時意外では今の状態が続くかも知れません…
ただ彼のシュート力はチームの中でも非常に高いので、セットプレーに活路を見出すチームであれば何とか起用してもらいたいところ。特にゴール前でのFKは西谷選手以上に得点が期待できるとおもいますので。

試合ごとの感想ではありませんが、ここ3試合を観ていると、ベストメンバーを組めなくなった中で若手と途中加入選手が上手くやっている印象です。そして今までジョーカーだった砂川選手も。
ヨンデ選手は私自身プリメイロ・ボランチだと思っていますが、SBとしても優秀だという事がわかり、実際に彼が右SBに入っている試合は右サイドから崩される率がかなり減ったように思います。
そしてCBタイプ4人を並べたとよく言われるDF陣ですが、右のヨンデ選手も左の西嶋選手も攻撃に関しては結構いいものを持っている。と言うか、DF4人とも攻撃できるんじゃね?ってくらいなので、意外と攻撃に厚みがある印象。
あと驚いたのは池内選手の前目のポジションでの起用ですか。恐らく守備固めの一環だったと思うのですが、池内選手にとっては多分に美味しいポジションだったのでしょう。
今節も最後で「おいおいおいおいおいおいおい!?」というシーンを演出(主演も兼ねてます)してましたし。
ホントに攻撃が好きなんですねぇ(苦笑)
あそこで決めていれば本物なんですが。

さて、予断を許さない昇格レースもどうやら上位4チームに絞られてきました。
どのチームも必死に戦うでしょうし、コンサももちろんサポーターも一丸となって戦っていくでしょう。
本当に本当に大事な試合が続きます。
まずは苦手な愛媛のAWAYで今までの分のツケを返してもらい、何とか今の位置を死守しましょう!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

まだ首位とな!?

J2リーグ リーグ戦 第44節

セレッソ大阪戦試合結果

日 時:2007年10月10日(水)
会 場:長居

コンサドーレ札幌 0 VS 1 セレッソ大阪

さて、かなり悲惨な事になっているリーグ戦。
天皇杯をあのメンバーで負けて、しかも温存していた選手でリーグ戦も負けて。
酷い事になってます。

前半は割と良い感じで試合を進めていたと思いますが、やはり先制されたのが効きました。
あと交代した西澤選手ですが、今日は特に悪くなかったと思います。
少なくとも今の大塚選手を入れるよりは、あのまま進めていたほうが幾分よかったかも知れません。ヨンデ選手は今の戦術でサイドバックに入れるには攻撃的な守備が多すぎますし。中盤で潰し役になるタイプですから、やはり真ん中で使った方がいいのかなと。
カウエ選手は無難にこなしていた印象がありますが、少なくとも今の状況で西谷選手を削って出せる選手ではないと思いました。確かに攻撃も守備もバランスが取れているかもしれませんが、あの状況を見るに西谷選手を先発させても変わらなかった気がします。
かと言ってチーム状況が抜本的に改善する余地などありませんから、出来る事といえば選手の入れ替えくらい。
素人意見ですが、今日の試合なら中盤に金子選手か上里選手を入れてみたら面白かったかもしれません。
と言うのも今日のシュート数を見れば解りますが、圧倒的にシュート数が少ない。
打てば良いってものでもありませんが、少なくともシュートレンジの長い上里選手であればミドルシュートを何回か打ってくれていると思います。そのこぼれ球狙いをしたり、相手のDFラインを上げさせる効果もありますし、ゴール前にボールを運んで変に奪われて逆襲喰らう確率も低くなりますから悪い話ではありません。
確かに守備面ではリスクを伴う人選ですが、攻撃に関してアイディアが無いのならば小手先の技と言われようがボールをゴールマウスに叩き込める人を増やすしかありません。
あと今日はセレッソの中盤、ジェルマーノ選手、香川選手辺りが凄く効いていました。
人を潰すのは基本ですが、スペースを潰せる金子選手を入れて中盤をコンパクトに保つというのも手だと思います。特に香川選手に関してはドリブルさせる前にボールを止めないと決定的なチャンスを演出してしまいますから、そこに行く前にコースを限定させる動きが出来る金子選手は結構効いたように思います。
素人意見ですけど。

それと砂川選手がいなかったのは大きかった気がします。
藤田選手のパフォーマンスが明らかに悪くなっていますし、今日はダヴィ選手が前半からかなり頑張ったので最後にはばててしまいました。
元々トップ下をやっていた砂川選手であれば、どちらに入っても役割をこなせた気がします。そう言う意味では岡本選手の投入も有りだったかも知れませんね。

天皇杯を半分以上捨ててまで臨んだのですから、それなりの結果は出さなくてはいけません。
貯金は今日の敗戦で使い切り、2位のヴェルディとの差は勝ち点1。
次節で負けても3位以下には落ちませんが、ここの所の不調を見るに3位以下に落ちる可能性が大きくなってきました。
2ヶ月前には誰も予想できなかった事態だと思いますが、まだ首位です。

下を向かず、前を向いていきましょう。
自ずと道は開けるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇杯って何?おいしい(ry

ここの所ハードなスケジュールが続き、中々更新できません。ていうか、試合毎に更新してるだけなので今更感が漂ってますが…

天皇杯。
リーグ戦が佳境に入りそちらがやはり優先ということか、スタメンをごっそり入替えてのTDK戦でした。
参戦した方の感想ではどうにもこうにも出来なかったらしいです。
やる気が見えなかったとか何とか…

そんなことは無いと思いますが、ある意味正に天皇杯の醍醐味を堪能できた試合といえるのかも…
J2のトップ4は申し合わせたかのように初戦で姿を消しました。
このあたり、何年か前から言われているように、天皇杯の開催時期を含め考える時期なのかもしれません。
敗れたチームの殆どが、過密日程なJ2リーグを戦う主力を温存していたわけですから。
確かに疲労はありますし、昇格争いしているチームにとってはリーグ優先というのは当然の事です。本来であればどの試合にも全力で戦うのが理想ですが、それが出来ないからJ2にいるわけで。
そしてJ2にいる限り、特に昇格争い中のチームは現状で過密日程に揉まれて天皇杯に気を向ける余裕が出ない。J1が出る頃にはシーズンも終わり、オフ直前で身体も精神的にも疲労困憊していて、とてもベストコンディションで天皇杯に挑める状態ではありません。
特に降格が決まったチームなんかは悲惨です。

そういったことを考慮して対策を練るとすれば開催時期の変更か、Jクラブに限り何らかの対価(勝ち点とか)を払ってモチベーションを上げるか…
一番いいのは大会の価値をリーグ戦と同じくらいに見せる事ですけどね。
歴史のある大会ですから、どこかの国技のようにはなって欲しくないです。
プロとアマが入り乱れて戦える大会ってメジャーな球技では天皇杯くらいしかないですから、変な規則で縛らず、良い方向への改革を出来ればなぁと思った今年の天皇杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

スコア以上に

あー…もう、ね。

コンサドーレ札幌 1 - 5 東京ヴェルディ1969

今日はスコア小さめで。
正直大きな文字で書き込みたくないってことで。

試合は最初の失点で全てが終わった気がします。
あそこで凌いでいたら、もう少し落ち着いてゲームが進めたかもしれませんね。
その後のミスのオンパレード(特に西澤選手が酷かった気がします)は精神的な動揺が完全に出ていた気もしますし。
あと既に戦術は読まれていますので、対抗策を考えるか、より一層今の戦術に磨きをかけるか、その辺は必要かなと思ったりしています。

どちらにしても先制点を与えるのだけは避けないと、今後も今節のような試合が続く事になります。
山形戦で圧勝できたのは前半を1-0で折り返せたからで、それも相手の攻撃を0封することができたから。まずはそれを確立しないと。

書き込む元気も無いので今日はこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »