« ここまできたら | トップページ | ちょっと »

2007年9月16日 (日)

マメにファンサするアイツ

試合後のドーレくんさんに癒されました。

J2リーグ リーグ戦 第40節

ベガルタ仙台戦試合結果

日 時:2007年9月15日(土)
会 場:札幌ドーム

コンサドーレ札幌 0 VS 1 ベガルタ仙台

ちょ・・・・・・・・・・・・・・・・!!??
と思うような失点でやられてしまいました。

全体の動きはさほど悪くなかったんですが、やはり前線から守備をすることが出来ないとこうなるのかなと言う感じの内容で。
イタカレ選手がスタメンでしたがまだまだ荒削りで、時折光るプレーは見せるものの恐らくイタカレ選手のプレースタイルからすると今のチームとフィットするにはかなり難しいような気もしました。何となくポストタイプの捌く方が得意な選手に見えたもので。
運動量が少ない為、どうしても中盤の選手の負担が大きくなっている印象でした。
中山選手が頑張って西谷選手が以前より動けるとはいえ、ファーストディフェンスが上手く機能しないのはやはりキツイなぁ…と。
特に西谷選手は左のウイングばりに前目のポジションをとることが多いので、どうしても大塚選手と芳賀選手、西嶋選手のカバーするゾーンが大きくなって粗くなるので、そこを衝かれると後手後手にまわってしまう印象です。
もしかするとイタカレ選手を先発させるのなら砂川選手を最初から入れて、西谷選手をベンチスタートにするほうがいいのかもしれません。

あと後半立ち上がりの失点でまだまだ時間に余裕があるにも拘らず、失点した後のゲームの進め方が余りにも稚拙だった気がします。焦る気持ちは観ているこちらも同じですので解るのですが、前に急ぐあまりプレーが雑になってミスを連発し、自らチャンスを潰している感じがしました。
もう少しゲームを落ち着かせてから攻撃に入ってもいいんじゃないかと。
後半30分過ぎには正直観ているのが辛くなるほど焦っているのがわかってしまい、複雑な気持ちで試合を観ていました。
今節の敗戦で2位京都との差が勝ち点3まで縮まってしまいました。
3位グループまでは若干開いていますが、ここ5試合で勝ち点4というのは致命的です。
決して強いチームでないのは解っていますが、だからこそ全員の意思統一をして、一試合一試合同じベクトルで力を発揮しなければ勝てません。

久々の2万人越え。おそらく初めて観戦に来た人も多かったと思います。
にも拘らず、このような試合を見せてしまっては、一生懸命に知人を誘い(中には自分で何枚もチケットを購入して渡していた人もいたでしょう)4万人集めようと努力していた人たちの顔に泥を塗るような行為に思われるかもしれません。
まあ元から大観衆の前では良い成績を残せていないコンサですからこれが普通なのかもしれませんが、それじゃいけないと思うのです。

第4クールに入り残るは11試合。
ここで全てが決まります。
今期昇格を逃せば、恐らく来期以降にチャンスは巡ってこないでしょう。
クラブはそこまで追い詰められていると言っても過言ではありません。
自分達のサッカーがどういうものかを再度確認して、一つ一つ勝ち星を増やさなくてはいけません。上では観客の事を書いていますが、それ以上に自分達の将来のために勝たなくてはいけないのです。
普通、過ぎ去った日のことはもう取り返せません。が、コンサはまだ取り返すことが出来る位置にいます。
だからここで今一度、奮起してもらいたいのです。
自分に何ができるかサポーターは考えて行動し、目標は達しなかったもののある程度成果を収めました。だから選手達も自分が出来る事を考えて、能力を精一杯発揮して欲しい。
その結果は必ずしも良いものではないかもしれませんが、少なくとも悔いの残る結果だけは避けてもらいたい。

次はAwayの湘南ベルマーレ戦です。
前回見事に負けてしまった相手です。
自分達には後ろが無い、という覚悟で闘いに臨んでもらいたいものです。

|

« ここまできたら | トップページ | ちょっと »

コメント

 あと20人で22323人という観客を集めたサポーターの意気込みをどれだけ選手や監督は理解していただろうか?
私利私欲のない純粋なチームへの愛情に答えることは彼らに与えられた使命だったと思います。
 「全員一致」三浦監督が言ったこの言葉を我々も含めJ1復帰を目指すすべての人が胸に刻み戦わなければ、戦国J2を抜け出すことは夢と消えてしまいます。
 仙台というチーム、サポはまさに今、この言葉を胸に泥臭く目標に向っています。ドームで彼らと戦いその印象は確信に変わりました。次に感じるのはベルディかな。京都は力で勝ちとりそうです。福岡はかなり前から選手が戦いを放棄しているから昇格はない。湘南は追い上げる力はないでしょう。
さて我が札幌ですが勝ち点をリードして最終レースをスタートしたことが複雑な状況を作り出しているのでしょうか?
選手のことははっきり言ってわかりません。次の湘南戦の戦いかたで何かがわかる気がしますが。
サポは?
2323はゴール裏しかわかりませんがまだまだ危機感が感じられません。
試合前にUSがフリーペーパーを配っていたのですが、サポーターと選手がチームとして戦おうと呼びかけていました。
ピッチ練習に両チームが入ってきたときに仙台とのちがいを目の当たりにしました。全員が立ち上がり全員の拍手で選手を迎える仙台。対する札幌は・・・。
チームとして戦おうとする仙台。観客として楽しもうとする札幌。その構図は試合が始まっても、そして敗戦した後も変わりませんでした。
床に投げられたままのフリーペーパーを拾い歩きUSさんの訴えが詰まったこの紙をなぜ捨てていけるのか?あそこに書かれている訴えに心を揺さぶられないなら戦えないよ。
人が戦っているのを見るのは楽しいだろうけど、戦いに挑むのは辛いから。でも人は大切なものを守るときには戦い勝たなければうしなってしまう。
今こそ全員一致で戦わないと俺たちは来年もJ2だと思う。

試合内容についてはイタカレとだけ言っておきます。
今日、練習試合で相川が4点入れたようです。
あいつの復活を心から期待してます。

投稿: 2323 | 2007年9月16日 (日) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/16464763

この記事へのトラックバック一覧です: マメにファンサするアイツ:

« ここまできたら | トップページ | ちょっと »