« ちょっと | トップページ | スコア以上に »

2007年9月27日 (木)

1ヶ月らしいっすよ

J2リーグ リーグ戦 第42節

モンテディオ山形戦試合結果

日 時:2007年9月27日(水)
会 場:厚別公園陸上競技場

コンサドーレ札幌 3 VS 0 モンテディオ山形


久し振りの勝利が3点試合とは…

今日はスタメンを代えて望んだ1戦。
初スタメンの鄭容臺選手が効いていました。

中盤のセカンドボールが拾えずに苦戦していたここ数試合。
中盤が支えられないからDFが下がり、DFが下がるから中盤にスペースが出来るという悪循環を断ち切ってくれたのが彼でした。豊富な運動量と当たりの強さは、中盤の潰し役にはピッタリでしょう。しかもセカンドボールをキチンと競ってくれるのは、速攻を主体とするコンサとしては願ったり適ったり。
鄭選手が入ったお陰か、ここ数試合パフォーマンスが落ちているように見えた芳賀選手も良い時の状態に戻りつつあり、左サイドに入った池内選手も積極的な攻撃参加とカバーリングや声出しなどで充分に役割を果たしていたように思います。

今節はそれだけではなく、選手全員の意識が同じ方向を向いているよう見え、それは前線・中盤・最終ラインと執拗にプレッシャーをかける選手達の動きと、前 半から繰り出される猛攻がこれまで支えてきた「守備から入る」「ハードワーク」といった事を思い出してくれたように感じられました。
前半終了間際の得点も、そう言った事の積み重ねが生み出したものだと思います。
山形も何とか崩そうと数度の決定機を作るものの、良かった時のコンサが見せていた隙のない守備網が展開していて攻めあぐねている様に感じました。

今節は正に今シーズンのコンサの勝ち試合としては典型的なものだったと思います。
相手を嵌めて速攻・セットプレーで仕留める。
こんな試合を第4クールは後幾つできるでしょうか。

首位争い・昇格争いをしている京都・仙台が今節負けて、勝ち点差を開く事ができました。
しかしヴェルディが3位に上がっています。
そして次節はそのヴェルディとの対戦。
圧倒的な攻撃力(フッキの出来に左右されるけれども)を持つチーム。
それでも最近は無失点での勝利が少ないことから、失点しないことを心掛ければ必ず隙は出来ます。
そこを今期のコンサらしく、嫌らしく衝いて勝利をもぎ取ってきてもらいたいものです。

それにしても上里選手のキックは鋭いなぁ。
今なら直接FKで得点する確率が最も高いのは彼じゃないだろうか。

|

« ちょっと | トップページ | スコア以上に »

コメント

自分達のサッカーをつらぬいて勝ったことが大きいと思いました。もし引きこもってセットプレーの1点を守ったりバランスを崩してまで攻めるギャンブルをしての勝利だったら、この吹っ切れたような気持ちは得られなかったでしょう。
やるべき事を全員でしっかりやれば勝てる。
そう再確認できたことがなによりの収穫ですね。
見ていて楽しい試合でした。とにかく走る走る。
チームが一体になって戦っていることがひしひしと伝わってきました。
個人的には元気にゴールを決めてほしかった。そのくらいがんばっていたから。
池内が攻撃に参加(専念?)していたので攻撃も迫力がありました。
自信を失くしていた選手は、失くしたと思っていたものは自信ではなく過信であったことに気づき、そして苦しんで掴み取った勝利で本当の自信を手に入れたと思います。
(自信ってもんは、ちょっとうまくいかなくなったくらいじゃ失いませんって)
これからも苦しい戦いが続きますがきっと戦い抜いてくれると思います。
サポもこの1勝で安心しないでがんばらないとね。
昨日の試合では、すぐ下を向く人がまだまだ多いと思った。

投稿: 2323 | 2007年9月27日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/16586582

この記事へのトラックバック一覧です: 1ヶ月らしいっすよ:

« ちょっと | トップページ | スコア以上に »