« 鬼門その2 | トップページ | ○○レターfromカナd »

2007年7月 8日 (日)

流石にキレ気味

いや…やっぱりねぇ…
あのサッカーは勝たなきゃ意味が無いと思うんですよ。

J2リーグ リーグ戦 第26節

モンテディオ山形戦試合結果

日 時:2007年7月7日(土)
会 場:札幌厚別公園競技場

コンサドーレ札幌 1 VS  1 モンテディオ山形

夏の陽射し(と言ってもいいいでしょうか)が燦燦と降り注ぎ、ゴール裏の人々も気合を入れながら応援しておりました。

が、しかし、試合は完璧に山形ペース。コンサが主導権を握れる時間は殆ど無かったように見えました。

原因は山形の素早いプレスで焦った選手達のパスミス(今日は特に芳賀選手と西嶋選手辺りがやばかった)や、緩慢なボールの繋ぎ、まあ何よりもウチの攻略法が完璧に研究され尽くしてきているという事。
J2は主にプレッシングサッカーといわれる、フィールド全体ででボールホルダーに対し2人か3人でボールを奪いに行き攻撃に繋げるという戦術を取るチームが大半となりましたが、今の札幌はゾーンで守るのが基本で…というのは散々語られているので略します。
前々から書き込んでいますが、ゾーンのギャップを衝いて来るチームが非常に多くなってきた事。これが最近の苦戦の一端ではないでしょうか。

あと大きいのは藤田選手の不在ですね。
監督としては砂川選手をジョーカーとして使いたいというのがあると思いますので、当然右SHのファーストチョイスは現状で藤田選手が、という事だと。
で、その藤田選手が居なくなったここ数節。
右サイドハーフの3番手がカウエ選手というのは、確かに色々なポジションをこなせるとはいえ中途半端な印象が拭い切れない選択ではないかと。やっぱりポジショニングが悪いところがあって、攻守の切りかえの時に右サイドが上手く使えないのは痛いなあ、などと思うわけでして。真ん中の選手なんですよね、カウエ選手。
いっその事、攻撃参加大好きな池内選手を右サイドハーフにしたほうが面白かったりして…などと不遜な事を考えてしまいました。いや、最終ラインじゃないから裏取られてもそれ程致命傷にはならないかなと思っただけで深い意味はありません。
でもポジショニングとかクロスとか結構上手いし、相手選手をいなす老獪さなどを生かしてくれれば結構面白いかなと。まあ妄想ですが。運動量が要求されるポジションですからね。
というか、岡田選手が普通にトップに出られるレベルならこんな事考えなくてもいいんですが…orz

第2クールが終わり首位で折り返したとはいえ、このままの調子で行くと仙台・京都辺りにひっくり返される可能性も出てきました。
今一度チーム戦術の徹底と、ゾーンの守備のやり方を何とか修正して、攻撃のときのシンプルな攻めをもっと研ぎ澄まさないと今後の試合は厳しいでしょう。
何となく最近はこのチームの根幹、フラットなラインでスペースを消し、全員が走って相手の攻撃の目を潰すという作業が疎かになってるかなという気がしてならないもので。

さて次は中3日でホーム厚別ナイター、アビスパ福岡戦です。
ここ数試合のパッとしない状況を振り払えるか。
一応今期ホームではまだ負けが有りませんが、次こそは勝利を期待したいですね。
昇格するにはホームでの負けは許されませんし、引き分けすら負けのようなものだという意識でチームには頑張ってもらいたい。です。


タイトルは試合内容もさる事ながら、J初出場の岡本選手が交代で入ったときに選手コールをせずにダラダラと歌い続けたゴール裏の頭切ってる人たちに対してのもあるのですよ。もう少し他のチームの応援も研究して自分達のものと比較検証してくれ、と思う。

|

« 鬼門その2 | トップページ | ○○レターfromカナd »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/15690046

この記事へのトラックバック一覧です: 流石にキレ気味:

« 鬼門その2 | トップページ | ○○レターfromカナd »