« ○○レターfromカナd | トップページ | しまふく »

2007年7月12日 (木)

まずは喉を治そう

あの日以来喉が異常に痛いのです。

J2リーグ リーグ戦 第27節

アビスパ福岡戦試合結果

日 時:2007年7月11日(水)
会 場:札幌厚別公園競技場

コンサドーレ札幌 2 VS  1 アビスパ福岡

さて厚別ナイトゲームとなった今節ですが、仕事上の都合と、体調不良(喘息かというくらい咳が止まりません)のため参戦は断念。録画したものを観ることに成りました。

とは言うものの、今節は今までに比べて特に酷いところもなければ極端に良い所も無く、という感じに見えましたが皆さんはどう思ってるんでしょうかね。
いや褒めているんじゃなくて、まあ、いつも通りということですけど。
強いて言えば決定力かなぁ。
アレだけの決定機を外すのはネェ…
それだけの決定機を作ってるということは評価できますが…

次は決めてね、ダヴィ選手。

失点は最近相手が狙っている崩し方なんで(+快速の田中選手という組み合わせだったんで)シュートも上手かったしどうしようもないかなと。
まあその前にパスの出所を潰せなかったのは痛かったですけどね。
どうも両サイドの西谷選手とカウエ選手が上がり気味のポジションだったんで、CHの2人が上手くスペースを潰せなかったのが拙かったのかもしれませんが。っていうか最近はカウエ選手をサイドで使っちゃダメな気がしてます。絶望的に足が遅いんで上下動が頻繁に出来ないのもあり、CHと西澤選手の負担が大きくなる気がしますね。攻撃のときはいいんですけど。
後半、金子選手が投入されたのはバランスをとるためらしいのですが、確かにそれで大塚選手と芳賀選手は少し落ち着いてプレーできるようになったので、この采配は妥当だったかと。

いいですね「妥当」って。使いやすい。

そう言えば主審はあの人でしたがコンサの選手達は上手く誘導できたようで、逆にストレスの溜まった相手側に警告がでまくっているという、ここ最近とは逆の状況で。
確かに以前の彼とは雰囲気が違いました(自信を持ってジャッジしているように見えました)が、肝心の精度は相変わらずだった気も。それでも極力会話する事で注意を促したり、怪しい判定はある程度流せるようになってたり、少し見る目を変えたほうがいいのかななどと思いました。

多分逆の立場だったらこんな感想はもてないでしょうが。

何にせよ勝てたことは素直に嬉しい。
特に福岡の2外国人選手を封じる事ができたのは良かった。
その代わり上記の田中選手と久永選手には結構やられてましたが、今節のチーム戦術からすると「妥当」な結果かなと思うわけで。何しろサイドハーフや両翼のCB(…ですよね)後ろにスペースが出来るような感じの時間帯が多かったと思いますし。


さて次節は鬼門四国での徳島戦です。
ポカスタですポカスタ。
ポカするのは相手チームだけにしてもらいたいですね。
それよりも、ポカスタって言うと何故かボコスカウォーズを思い出してしまうんですよ。
Bokosuka






さてU-20W杯は残念な結果に終わりました。
一部では藤田選手を戦犯にしたがっている方が多いようですが、確かにパフォーマンスは落ちていたものの、退場したのは延長後半が終わったときで実質試合の勝敗に関係したとは思えないということで。
しかし、これで国際試合の厳しさが見に染みてわかってしまったと思いますよ。
良い経験になったということで、次節は無理でしょうけど、出られるようになったならば悔しい思いをJ1昇格という目標にぶつけて貰いたいと切に願います。

|

« ○○レターfromカナd | トップページ | しまふく »

コメント

最近の風邪は喉にくるのだろうか先週ひいた風邪の影響が喉にだけ残っています。そんなことに負ける2323のはずもなく
「厚別」歌ってきました。
今日は喉が焼けるように痛いっす・・・。(大人になれない2323)
全体的に悪い内容ではなかったと思います。福岡の田中選手には手を焼きましたし、DFラインの前でアレックスとリンコンがポジションを入れ替えリンコンがボールを受けたりするとピンチになりました。やはりボール保持者へのプレッシャーは課題として残りそうです。
ダヴィが再三チャンスをつかみましたが、コースを限定させてシュートを打たせば相手GKには対処しやすいのでしょうか?
できればダヴィと並走する選手がいればシュートとパスの選択肢が増えてチャンスが広がると思います。
カウエが高いポジションにいたので元気にボールが収まれば面白い攻撃につながりましたね。でもカウエのポジションが元気のポジションをより守備的にしてしまい、かつ征也のようにタイミングよくPエリアに入ってきたりしないので、西谷のクロスの選択筋がダヴィに偏ってしまいます。
その辺が攻撃の迫力を欠く原因かもしれません。
前半は守りに偏ったサッカーでけっこうイライラしました。
後半、金子が入ってから気迫の攻撃で押し込んだ時間があり、
残念ながら得点にはいたらなかったですが、厚別の温度は高まりました。この良い時間に得点できるようにならないと草津戦の二の舞いになるのですが、やはり最後に試合を決めたのは彼のジャッジでした・・・。
とにかく勝ってよかった。
今日は俺たちで選手を勝たすんだ!という気持ちを持って厚別へ乗り込んだサポも多かったと思います。
電光掲示板に「厚別」の歌詞が流れ、メイン、バックのサポが立ち上がった時には熱い気持ちを感じました。
入場時は臼に頼まれて通路でゲーフラを持っていたのでスタジアムの風景は見れませんでしたが、いつもと違う感じがありました。最近は「勝って当然」みたいな緩んだ空気があったので
今回の「厚別」作戦はよかったと思います。
後は試合中もその空気を維持できればホーム不敗神話は続くと思います。選手に失敗を恐れずチャレンジできる勇気と、疲れた足を一歩動かすのはサポの力ですから。
振り出した雨に2323な頭部を襲われ、臼と間違われて宮の沢の
○○ババアにからまれた2323でした。

投稿: 2323 | 2007年7月13日 (金) 00時34分

そうなんですよ。
本当は行って厚別を歌いたかったんですが叶いませんでした。スカパーで見てもスタンドの一体感は感じました。

唯一悔しいのはその当たりかなぁ。
今年に入って生観戦が増えたので、やっぱりあのふいんき(何故か(ryは味わいたかった。

投稿: RaoU | 2007年7月13日 (金) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/15737181

この記事へのトラックバック一覧です: まずは喉を治そう:

« ○○レターfromカナd | トップページ | しまふく »