« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

放置してたわけじゃないですよ

とりあえず更新する精神的肉体的余裕がありませんでした。

前節仙台戦は上手い具合に流れの中からFW2人の得点で勝てましたが、それでも22対6というシュート数を見れば辛勝と見られるでしょうか。
ただ今期のコンサの試合はそんな感じの試合が多いので、敢えて言えばコンサの試合だったということになりますかね。
ただ、打たれてもゴールを割らせなかった(と言うよりはゴールを割れない仙台も仙台)のは多分に幸運もあります。それは前から言っていますが。
あと高木選手に(ともすればCBにも)過剰な負担をかけるのは、いくら戦術とはいえ好ましい状態ではないですね。出来ればもっと前で守備が出来ればいいんですが。

そして今節の鳥栖戦は、最後の最後で攻撃のアイディアというか決め手を欠いてしまった事、西嶋選手の不在(といってもここ数試合はアレでしたが)がある意味影響したかなと。
ゴールキックなどのロングボールに競り合う西嶋選手がいない分曽田選手かブルーノ選手が前に出て行かなければならず、後ろの高さという面でセカンドに上手く寄せられない、相手に競り負けた時にカバーする高さがないといった状況に見えました。
また選手間のスペースを上手く使われていたり、2枚のライン間で動く選手を掴まえきれないのはゾーンディフェンスの性でどうしようもないとは言え不安材料になりますね。

とはいってもそれがまったくダメという状態じゃないので、三浦監督が上手く修正してくれれば良いかとは思いますが。

攻撃に関しては藤田選手が戻ってきた分良くなりました。少なくとも組み立ての段階では。
それでも西谷選手に重心がかかっている現状をもう少し何とかしないと、と言うか上手く利用しないといかんかなぁと思う次第です。

それでも大きなサイドチェンジがかなり有効に使えてきてますので、攻撃時の一撃の強さは相手を恐怖させるのに充分なのかなと思いますが。
ただ中山選手が抜けた後も、ダヴィ選手にボールを当てる戦術に固執するのは仕方がないにせよ何とかならんか。石井選手がDF背負ってもう少し粘れるプレーが出来れば一番なんですが。それにしても今節は、曽田選手やブルーノ選手が流れの中で上がって行ったり攻撃に絡む事が多かったですね。良い傾向なのかどうかは判断できませんが、それだけ余裕を持っているのかどうなのか。

そして次節は苦杯を嘗めさせられている草津戦です。
ご存知の通り、今期未だに草津には勝っていません。しかも2試合とも2失点を喫している。
今シーズンの草津はコンサに対してかなり自身を持っているはずです。
そして西谷選手は累積で出場できません。
いかにして無失点で切り抜け、西谷選手抜きで得点を奪うか。
チームの力が試されそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

100試合で

西嶋選手ヤバス

J2リーグ リーグ戦 第29節

東京ヴェルディ戦試合結果

日 時:2007年7月21日(土)

会 場:札幌厚別公園競技場

コンサドーレ札幌
 
2 VS  2 東京ヴェルディ


…いやぁ。負けたと思いました。
引き分けは奇跡というか、なんと言うか、運が強いというか。
それにしても中々勝てませんねぇ。

全体的に「だいちのよろい」で「まじんのオノ」の攻撃を防いで、「はやぶさのけん」で「てつのよろい」に攻撃してる感じでした。
ヴェルディの攻撃は威力があるけどコンサの守備によって防がれ、コンサの攻撃は回数こそ多いものの致命傷を与えられず。
誰かイオナズン唱える奴はいないか…

ヴェルディは…もとい、フッキ選手はやっぱり破壊力ありますね。
しかも珍しくヘディングしてたし。
守備に関して完全に破綻したのは2点目だけでしょう。
1点目はブルーノ選手が競っていたんで。
でも、まあ、中盤で抑えられなかった時点でダメという事もいえますが。

少々お疲れモードなので多くは書きませんが、今日の引き分けの原因はやっぱり決定力。
流れから良い感じで攻めてもフィニッシュが甘い。
特に右サイドからのクロスにドフリーで合わせた西嶋選手のヘディングは決めなければ…

 あと攻撃時にボールを持ったときのチョイス。
人数が少ないので選択肢は元々多くはありませんが、何度か見せていた芳賀選手の飛び出しなんかはもう少し使って欲しい。
あとカウエ選手はやっぱり中で仕事をさせるべきです。サイドでは彼の長所を生かしきれない気がします。
いやむしろトップ下で使え(冗談ですが)。
攻めている時間帯はいいんですけど、守勢に回った時はやっぱりきついかな…と思いますた。
何度も書いてますが、彼、守備の選手なんですけどね。

それにしても曽田選手、こういう時にキッチリ決めてくれます。
7ゴールって、もしかして自己最多得点では?
目指すのは池内選手の持つJ2DF最多得点記録?

さて次節は仙台戦。
幸いな事に仙台も今節ドローでしたので勝ち点差は変わっていません。
そして舞台は「我らのユアスタ」です。
コンサにとってゲンの良い場所ですので、上手い具合に勝ち点3をとってきて貰いたいものです。

でも1点差で京都がいる…
1試合順延とはいえ、これはとても怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

しまふく

本になるそうですね。

ぜひ入手したい。

毎回読んでいて思うことは、村野さんの文章ってとても柔らかいんですね。
思いやりがあるとかそういったものではなくて、感覚的に『柔らかい』。

多分に人柄が文章に出ている、変に自分を飾らずに書いているって事の様な気がします。
色々考えながら書いているのも、思ったことをそのまま書いているのも、色々ですが。
変に構えていない書き方が好感持てる、そんなブログですね。

本当は校正とか手直ししないでそのまま出して欲しい。
加工などしなくても、誤字脱字があっても、素の文章を読みたい。
そんな気がします。

書いた時に思ったこと。

それはその時にしか体験できない事なので、校正しないほうが伝わるかも知れない。

そう思うからで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

まずは喉を治そう

あの日以来喉が異常に痛いのです。

J2リーグ リーグ戦 第27節

アビスパ福岡戦試合結果

日 時:2007年7月11日(水)
会 場:札幌厚別公園競技場

コンサドーレ札幌 2 VS  1 アビスパ福岡

さて厚別ナイトゲームとなった今節ですが、仕事上の都合と、体調不良(喘息かというくらい咳が止まりません)のため参戦は断念。録画したものを観ることに成りました。

とは言うものの、今節は今までに比べて特に酷いところもなければ極端に良い所も無く、という感じに見えましたが皆さんはどう思ってるんでしょうかね。
いや褒めているんじゃなくて、まあ、いつも通りということですけど。
強いて言えば決定力かなぁ。
アレだけの決定機を外すのはネェ…
それだけの決定機を作ってるということは評価できますが…

次は決めてね、ダヴィ選手。

失点は最近相手が狙っている崩し方なんで(+快速の田中選手という組み合わせだったんで)シュートも上手かったしどうしようもないかなと。
まあその前にパスの出所を潰せなかったのは痛かったですけどね。
どうも両サイドの西谷選手とカウエ選手が上がり気味のポジションだったんで、CHの2人が上手くスペースを潰せなかったのが拙かったのかもしれませんが。っていうか最近はカウエ選手をサイドで使っちゃダメな気がしてます。絶望的に足が遅いんで上下動が頻繁に出来ないのもあり、CHと西澤選手の負担が大きくなる気がしますね。攻撃のときはいいんですけど。
後半、金子選手が投入されたのはバランスをとるためらしいのですが、確かにそれで大塚選手と芳賀選手は少し落ち着いてプレーできるようになったので、この采配は妥当だったかと。

いいですね「妥当」って。使いやすい。

そう言えば主審はあの人でしたがコンサの選手達は上手く誘導できたようで、逆にストレスの溜まった相手側に警告がでまくっているという、ここ最近とは逆の状況で。
確かに以前の彼とは雰囲気が違いました(自信を持ってジャッジしているように見えました)が、肝心の精度は相変わらずだった気も。それでも極力会話する事で注意を促したり、怪しい判定はある程度流せるようになってたり、少し見る目を変えたほうがいいのかななどと思いました。

多分逆の立場だったらこんな感想はもてないでしょうが。

何にせよ勝てたことは素直に嬉しい。
特に福岡の2外国人選手を封じる事ができたのは良かった。
その代わり上記の田中選手と久永選手には結構やられてましたが、今節のチーム戦術からすると「妥当」な結果かなと思うわけで。何しろサイドハーフや両翼のCB(…ですよね)後ろにスペースが出来るような感じの時間帯が多かったと思いますし。


さて次節は鬼門四国での徳島戦です。
ポカスタですポカスタ。
ポカするのは相手チームだけにしてもらいたいですね。
それよりも、ポカスタって言うと何故かボコスカウォーズを思い出してしまうんですよ。
Bokosuka






さてU-20W杯は残念な結果に終わりました。
一部では藤田選手を戦犯にしたがっている方が多いようですが、確かにパフォーマンスは落ちていたものの、退場したのは延長後半が終わったときで実質試合の勝敗に関係したとは思えないということで。
しかし、これで国際試合の厳しさが見に染みてわかってしまったと思いますよ。
良い経験になったということで、次節は無理でしょうけど、出られるようになったならば悔しい思いをJ1昇格という目標にぶつけて貰いたいと切に願います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

○○レターfromカナd

U-20W杯の事です。たまにはコンサ以外のネタでも。

既に決勝トーナメント進出が決定した日本代表ですが、グループリーグ最終戦はメンバーを大幅に変えてきました。

まあ、当然ながら注目していたのは藤田選手ですが。

試合内容はまあ、ナイジェリア相手に良く粘れた守備陣と、決定機を外しまくる攻撃陣というどこかで見た事のある状況が展開されていたわけでして。
(つか、マイク…何度決定機外してるんだよ…)
そんな中、最初の決定機に顔を出して(そして惜しくも決められなかった)存在感を強調したのが藤田選手でした。
今日は攻守にかなり奮闘していたのではないでしょうか。
惜しむらくはキック精度が…という所くらいで、持ち味の縦への突破、長い距離を走ってスペースへ抜ける動きなどは充分世界レベルでも通用しました。
コンサで結果を出していた時のゴール前に詰める動きも、再三チャンスに絡んだ事から自分のものにしてきたのだと思います。
特にナイジェリアの動きが悪くなった後半などは、交代で入った選手(安田選手や青山選手)が良い動きをしてくれたお陰でカメラに映る機会が多く(そして実況で「コンサドーレ札幌の藤田征也」と呼ばれる回数も多く)なにか新鮮な感じがしましたね。
シドニー予選の吉原選手やその後の山瀬選手が代表に入ってたときのことを甘酸っぱく思い出してしまいました。

これで暫くチームに戻ってこないことが確定したわけですが、折角の機会ですから、もうこのまま世界の度肝を抜くプレーを魅せて帰ってきてもらいたいものです。

試合全般の感想としては、あらゆる意味で日本的な守備だったなぁと。
とにかく人数かけてる割には選手を掴みきれていない、ナイジェリアの拙攻とDFの超人的な粘りで無失点になったというだけの様な気がします。
攻撃は…平繁選手がまったく機能していませんでしたね。
あと中盤の底の森重選手ですが、頑張りは見えたものの判断力などは少々見劣りしたかなという気がしました。ちょっとボールを失う回数が多かったのが目に付きましたね。
梅崎選手は、もう何というか、貫禄みたいなものがありました。このチームでは恐らく別格でしょう。解説の風間さんが言ってましたが、ナイジェリアは横からファーにボールを入れられた時の対応が悪い、という事を開始直後くらいに理解したようで、再三左サイドからアーリー気味にクロスを入れたり、大きくDFの背後にボールを通したりと、戦術眼もかなりあるようです。もしかしたら指示があっただけかもしれませんが。

他にも書きたいところが色々あるのですが、とりあえず1位通過おめでとうという事でこの辺で勘弁してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

流石にキレ気味

いや…やっぱりねぇ…
あのサッカーは勝たなきゃ意味が無いと思うんですよ。

J2リーグ リーグ戦 第26節

モンテディオ山形戦試合結果

日 時:2007年7月7日(土)
会 場:札幌厚別公園競技場

コンサドーレ札幌 1 VS  1 モンテディオ山形

夏の陽射し(と言ってもいいいでしょうか)が燦燦と降り注ぎ、ゴール裏の人々も気合を入れながら応援しておりました。

が、しかし、試合は完璧に山形ペース。コンサが主導権を握れる時間は殆ど無かったように見えました。

原因は山形の素早いプレスで焦った選手達のパスミス(今日は特に芳賀選手と西嶋選手辺りがやばかった)や、緩慢なボールの繋ぎ、まあ何よりもウチの攻略法が完璧に研究され尽くしてきているという事。
J2は主にプレッシングサッカーといわれる、フィールド全体ででボールホルダーに対し2人か3人でボールを奪いに行き攻撃に繋げるという戦術を取るチームが大半となりましたが、今の札幌はゾーンで守るのが基本で…というのは散々語られているので略します。
前々から書き込んでいますが、ゾーンのギャップを衝いて来るチームが非常に多くなってきた事。これが最近の苦戦の一端ではないでしょうか。

あと大きいのは藤田選手の不在ですね。
監督としては砂川選手をジョーカーとして使いたいというのがあると思いますので、当然右SHのファーストチョイスは現状で藤田選手が、という事だと。
で、その藤田選手が居なくなったここ数節。
右サイドハーフの3番手がカウエ選手というのは、確かに色々なポジションをこなせるとはいえ中途半端な印象が拭い切れない選択ではないかと。やっぱりポジショニングが悪いところがあって、攻守の切りかえの時に右サイドが上手く使えないのは痛いなあ、などと思うわけでして。真ん中の選手なんですよね、カウエ選手。
いっその事、攻撃参加大好きな池内選手を右サイドハーフにしたほうが面白かったりして…などと不遜な事を考えてしまいました。いや、最終ラインじゃないから裏取られてもそれ程致命傷にはならないかなと思っただけで深い意味はありません。
でもポジショニングとかクロスとか結構上手いし、相手選手をいなす老獪さなどを生かしてくれれば結構面白いかなと。まあ妄想ですが。運動量が要求されるポジションですからね。
というか、岡田選手が普通にトップに出られるレベルならこんな事考えなくてもいいんですが…orz

第2クールが終わり首位で折り返したとはいえ、このままの調子で行くと仙台・京都辺りにひっくり返される可能性も出てきました。
今一度チーム戦術の徹底と、ゾーンの守備のやり方を何とか修正して、攻撃のときのシンプルな攻めをもっと研ぎ澄まさないと今後の試合は厳しいでしょう。
何となく最近はこのチームの根幹、フラットなラインでスペースを消し、全員が走って相手の攻撃の目を潰すという作業が疎かになってるかなという気がしてならないもので。

さて次は中3日でホーム厚別ナイター、アビスパ福岡戦です。
ここ数試合のパッとしない状況を振り払えるか。
一応今期ホームではまだ負けが有りませんが、次こそは勝利を期待したいですね。
昇格するにはホームでの負けは許されませんし、引き分けすら負けのようなものだという意識でチームには頑張ってもらいたい。です。


タイトルは試合内容もさる事ながら、J初出場の岡本選手が交代で入ったときに選手コールをせずにダラダラと歌い続けたゴール裏の頭切ってる人たちに対してのもあるのですよ。もう少し他のチームの応援も研究して自分達のものと比較検証してくれ、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »