« 流石にキレ気味 | トップページ | まずは喉を治そう »

2007年7月 8日 (日)

○○レターfromカナd

U-20W杯の事です。たまにはコンサ以外のネタでも。

既に決勝トーナメント進出が決定した日本代表ですが、グループリーグ最終戦はメンバーを大幅に変えてきました。

まあ、当然ながら注目していたのは藤田選手ですが。

試合内容はまあ、ナイジェリア相手に良く粘れた守備陣と、決定機を外しまくる攻撃陣というどこかで見た事のある状況が展開されていたわけでして。
(つか、マイク…何度決定機外してるんだよ…)
そんな中、最初の決定機に顔を出して(そして惜しくも決められなかった)存在感を強調したのが藤田選手でした。
今日は攻守にかなり奮闘していたのではないでしょうか。
惜しむらくはキック精度が…という所くらいで、持ち味の縦への突破、長い距離を走ってスペースへ抜ける動きなどは充分世界レベルでも通用しました。
コンサで結果を出していた時のゴール前に詰める動きも、再三チャンスに絡んだ事から自分のものにしてきたのだと思います。
特にナイジェリアの動きが悪くなった後半などは、交代で入った選手(安田選手や青山選手)が良い動きをしてくれたお陰でカメラに映る機会が多く(そして実況で「コンサドーレ札幌の藤田征也」と呼ばれる回数も多く)なにか新鮮な感じがしましたね。
シドニー予選の吉原選手やその後の山瀬選手が代表に入ってたときのことを甘酸っぱく思い出してしまいました。

これで暫くチームに戻ってこないことが確定したわけですが、折角の機会ですから、もうこのまま世界の度肝を抜くプレーを魅せて帰ってきてもらいたいものです。

試合全般の感想としては、あらゆる意味で日本的な守備だったなぁと。
とにかく人数かけてる割には選手を掴みきれていない、ナイジェリアの拙攻とDFの超人的な粘りで無失点になったというだけの様な気がします。
攻撃は…平繁選手がまったく機能していませんでしたね。
あと中盤の底の森重選手ですが、頑張りは見えたものの判断力などは少々見劣りしたかなという気がしました。ちょっとボールを失う回数が多かったのが目に付きましたね。
梅崎選手は、もう何というか、貫禄みたいなものがありました。このチームでは恐らく別格でしょう。解説の風間さんが言ってましたが、ナイジェリアは横からファーにボールを入れられた時の対応が悪い、という事を開始直後くらいに理解したようで、再三左サイドからアーリー気味にクロスを入れたり、大きくDFの背後にボールを通したりと、戦術眼もかなりあるようです。もしかしたら指示があっただけかもしれませんが。

他にも書きたいところが色々あるのですが、とりあえず1位通過おめでとうという事でこの辺で勘弁してください。

|

« 流石にキレ気味 | トップページ | まずは喉を治そう »

コメント

さっきビデオで見ました。
ナイジェリアもすごいチームですね。
アフリカVSアジアの特徴が出てすごく面白かった。
征也も活躍してたね。
この大会は彼らを成長させてくれると思うよ。
U-20は本当に良いチームです。
引き分けでもハラハラドキドキと楽しかった。
その後から見た1-1の赤黒と黄色の試合は退屈で
30分で見るのを止めてしまった・・・。

投稿: 2323 | 2007年7月 8日 (日) 21時36分

どっちに転がるか解らない緊迫した引き分け試合と、これは負けだな…と思っていたら何とか引き分けた試合ではやっぱり…

土曜日は試合観てて緊張しなかったのですよ。
何か、そう言うレベルの試合じゃなかったんで。

投稿: RaoU | 2007年7月 9日 (月) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/15694031

この記事へのトラックバック一覧です: ○○レターfromカナd:

« 流石にキレ気味 | トップページ | まずは喉を治そう »