« 気温差21度 | トップページ | 2年が過ぎふと思った事 »

2007年6月 3日 (日)

優也さんって…

本当に勝ち運持ってるんでしょうかね。

J2リーグ リーグ戦 第19節

京都サンガF.C.戦試合結果

日 時:2007年6月2日(土)
会 場:札幌厚別公園競技場

コンサドーレ札幌 2 VS  0 京都サンガF.C.


なんか得点シーンが唐突で、一瞬呆けてしまいました。
なんとなく騙された気分(笑)

やはり京都はいい選手が揃っているので、特に中盤とDFの間で倉貫選手や徳重選手・西野選手辺りのいい動きでこちらの守備がうまく機能していないように見えました。ここの所ライン間のギャップを衝いて来るチームが多くなってきていますので、この辺りもっとコンパクトにしないと今後も厳しいのかなと。
また最近左サイドから攻められる事が多い気がします。結構西嶋選手の前辺りを使われるケースが多いような気が。そこから何度か決定的なチャンスを与えていましたので、試合後の三浦監督の言葉はやっぱり良く見てるな(あたりまえですが)と思いました。

そんななか京都の隙を衝いた中山選手の得点は大きかった。
明らかに京都の選手が処理を戸惑っていましたので、やはりああ言うところはキッチリ決めて行かないといけません。その点では非常に良かった。
あそこで先制できたので後半の戦いも有利に進める事が出来たと思います。京都はやはり前に出てきますので、それは今期のコンサの思う壺と言う事で。

今節はDFのブルーノ選手、曽田選手は戻ってきましたが、カウエ選手が累積で出場停止、藤田選手はツーロンに、西谷選手と高木選手が怪我で休みと、ここ数試合同様ベストメンバーが組めていません。
そこでサブのメンバーの奮起がいるわけですが、砂川選手・大塚選手に関してはまったく心配していませんでしたが、川崎選手に少々不安がありました。西谷選手の控えと言う形ですが丁度右サイドの砂川選手と藤田選手の逆の関係、縦の突破がどちらかと言えば売りの選手だった気がします。まあ藤田選手と違うのは中に切れ込んでシュートを打てる事でしょうか。サテライトの試合では結構得点してますし。
去年の天皇杯では吹っ切れたような動きでチームの躍進に貢献していましたが、やはり今期は出場機会がなかったため今節の川崎選手は少々乗り切れていないようでした。今後試合に出れば慣れると思いますが、西谷選手の状態があまり良くなければ当然出る機会が増えるわけですから、川崎選手の出来如何ではコンサの成績も変わってくるかと。
天皇杯の時のような活躍が出来ればターンオーバー的な使い方も可能になって、計算出来る選手が増えるので助かるのですが。

そう言う意味では上里選手も少々試合に入って行けてなかったようにも見えました。現状では交代選手として出る機会が多くなると思いますので、この辺りは今後の課題かと。

あと大塚選手。
今日は(も)攻守に大活躍でした。惜しいロングシュートも、切り込んでのラストパスも良かった。
何個か前のエントリーで若干辛口な事を言って申し訳ありませんでした(汗)
とりあえずセンターハーフに関しては2人同時に離脱しない限り何とかなるかなと言う気がします。まあ、あの場所が出来る選手は(要求されるタスクをこなせるかは置いておいて)結構多いので、最悪の状態であっても選手が不足する事はないとは思いますが。

それよりも今日でダヴィ選手が累積警告4枚目で次節・次々節出場停止です。
恐らく次節の先発は中山選手・石井選手。ある程度予想できる試合展開にはなると思いますが、控えで誰を入れるのか。
相川選手しかFW登録選手は残っていませんが、場合によっては西選手や岩沼選手、岡本選手などと言う事も結構期待しています。まあ三浦監督なら選ばないと思いますが、サプライズがあっても面白いかなと。サテライト組のモチベーションも上がるでしょうし。

さて次節からは再びAWAY2連戦で鳥栖・愛媛との戦いです。
しかもその間は中2日。
この厳しい試合間隔を無事乗り切るためにも、控え組の更なる奮起を期待したいと思います。

|

« 気温差21度 | トップページ | 2年が過ぎふと思った事 »

コメント

京都のシュートミスは助かったね。ダビもお付き合いしちゃったけど。お互いにミスで点が取れない中、勝負を決めたのがあきらめずにゴールを目指した執念だったということが今の両チームの雰囲気を表しているかもね。
二つのゴールはどんなに低い確率でもチャレンジするサッカーに対する真摯な気持ちの結果。サッカーの神様はちゃんと見ているんですね。
今日はサテ戦に後半から潜入してきました。
焼きそばを買おうとした電波くんがお金が足りず誰かに借りに走りまくって、ハードワークしていたのはいいとして、
U-20の選手達は成長が垣間見れたのでいいとして、その他の選手ですが・・・。
DFに関してはよく見えなかったので割愛。ザル守備というも
攻守の切り替えとか上がったSBのスペースのケアとかができていない。プレーが淡白で一つのプレーのあとなにをするのかが見えない。集中してないのか勝手に自分の仕事でないとばかしに視線を切る。声なんて出す気もない。
トップの選手との差は明確に感じました。
サテライトにいるということは来年の保障はないということ。
這い上がってきてくれ。

投稿: 2323スネーク | 2007年6月 3日 (日) 21時48分

京都はチームの戦術をどうして行きたいのかぼやけてる印象がありますね。個人の能力が高いから、ある程度アバウトな指示でもそこそこやれるのが悪いのか…
後半西野選手が下がった辺りで「???」状態でした。明らかにロングボールを放り込むような形が増えて、競り合える選手がいないから割と対処がし易かったような。
前半と同じく徳重選手・倉貫選手を使ったプレーを続けられていたら厳しかったかも。

それにしてもサテ組は…

投稿: RaoU | 2007年6月 3日 (日) 23時37分

ユウヤがボールに絡むたび、「優也後ろ-!!」の声が四方から飛んでいたのには吹きましたw

どこの志村だ

投稿: わすた | 2007年6月 4日 (月) 12時20分

>わすた

優也に関しては新潟のが。
でも無難にこなしていた気がする。ボールがほとんど来なかったけど。
そろそろ西が見たい。

投稿: RaoU | 2007年6月 4日 (月) 13時05分

書き忘れ
FKの時の壁に入ったハガーキャプテンは
思いっきり相手キッカーに眼飛ばしてますな!!
ステキデス
帰ってからビデオ見てましたが
あんなアップでも違和感のない青野さん
色男はちがいますね・・・ ウラヤマシス

投稿: 2323スネーク | 2007年6月 4日 (月) 18時20分

優也さんは札幌のレーマン。
あ!ぶたないで!!

投稿: かごしま | 2007年6月11日 (月) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/15295542

この記事へのトラックバック一覧です: 優也さんって…:

» コンサドーレも6連勝! [おやきはクリーム(お馬は穴馬)]
コンサドーレ札幌(J2首位)も日ハムに負けず劣らずの6連勝! 札幌厚別公園競技場で4位の京都と対戦し、2―0で勝ちました。 コンサは前半37分、FKからFW中山が決めて先制。 後半17分にはMF砂川のFKからブルーノクアドロスが決めて突き放した。 札幌は13勝3分け2敗で勝ち点を42に伸ばしました。 これでまた目標としていた勝ち点21をクリアです! もう少し伸びるでしょう! コンサ強いです!J!昇格が見えてきています。 でもあせらず、自分たちのサッカーを心がけましょう! さすれば道は開ける... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 13時29分

« 気温差21度 | トップページ | 2年が過ぎふと思った事 »