« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月27日 (水)

鬼門その2

今年の草津は闘い辛いですなぁ

J2リーグ リーグ戦 第24節

ザスパ草津戦試合結果

日 時:2007年6月27日(水)
会 場:札幌ドーム

コンサドーレ札幌 2 VS  2 ザスパ草津

草津は途中からDFラインの裏を積極的に狙ってきました。
2失点目は間違い無くその成果ですね。

それにしても芳賀選手のJ初ゴールで、このまま勝ってヒーローインタビューと言うのもいいかな…と思っていたところ。油断大敵という事ですね。

今日の試合はほぼ草津ペースでゲームが進む状況。
それでも先制は強引にボールを奪った中山選手が上手くDFを引き付けて、飛び込んできた西谷選手が決めたコンサ。
その後、一時的に動きがあまり無くなった試合ですが、それも秋葉選手が放り込んだボールが氏原選手の頭に当たるまででした。
氏原選手が頭に当てたボールは弧を描きゴール左上に。高木選手の手は僅かに届きませんでした。
まあ、このゴールはあそこを狙ったわけではなく、ゴールに入れようと思ったボールが偶々取りづらい位置に入ったんだと思いたい。

そして後半の芳賀選手のJ初ゴール。
正直、もうゲームが終わって欲しい。そんな気持ちで見ていました。
みんな大喜びでしたし、芳賀選手の記念ゴールを勝利という形で祝いたかったし。

そう言えば芳賀選手って笑顔がかわいいですね。


さて、このまま終わるかと思っていたのは冒頭に書いたとおり。
しかしながら草津の植木監督はコンサの弱点をわかっていたようです。
ゾーンで守るコンサは、簡単に裏に抜けられると対処しきれない。
これは過去の試合を観ればわかりますが、DFの間を抜けてくる選手は滅法苦手なのですね。それでもブルーノ選手と曽田選手がいい関係を保っていればどちらかがカバーできるのですが。
あと、その前にミドルやロングシュート、氏原選手のゴールがあったせいか高木選手の飛び出しが遅かったような気がしました。あとコンマ5秒でも早ければ、高木選手の弾いたボールも高田選手の前にはこぼれなかったと思うのです。
また、カウンター気味にやられたのもあり、このあたりで選手の足がやや止まってきていました。選手が戻りきれていませんでしたね。
本来なら高田選手にはカウエ選手か芳賀選手、又はブルーノ選手がついていたはずです。まあ運が悪かったとしか言いようがないのですが。

それでもその後にチャンスが無かったわけではありません。
しかし中盤が間延びしてしまい、折角競り合って落としたボールも殆ど草津に拾われるようでは追加点を望むべくも無く。
4分あったアディショナルタイムも気の抜けたコーラのような、なんとも締まりのない展開になってしまいました。
多分に中2日の日程で疲労が溜まっていたのも大きいのかなとは思いますが。

今日の引き分けの要因の一つは、前半と後半の押している時間帯にあったチャンスを決められなかったこと。
特に後半の中山選手のヘディング、石井選手の2本のシュート。
中山選手のはある程度納得できますが、石井選手のシュートはもう少し何とかならんかと思ってしまいました。特に終了間際のシュート。
まああの時間帯ですから、押し上げも期待できずシュートしか選択肢が無いのは仕方がないのでしょうが…
それと西嶋選手のシュートも惜しかった。
どれも決定的なシーンでしたが、やはり本当に強いチームであればここをキチンと決めるのです。
そう言う意味で、草津の選手には得点を取ってやるという気迫が感じられました。
その点から、今日に関して言えば中山選手をそのまま使っていた方が面白かったかなとは思います。あと砂川選手を温存しておいて、川崎選手をスタメンにしたほうが草津は嫌だったんじゃないでしょうかね。
今の札幌で流れを変えられるのは砂川選手くらいしかいませんし。
本人はあまり喜ばないでしょうが。

さて次節はようやく休みがまわってきます。
しかし、ここのところの足踏みで、2位仙台、3位京都が9点差で迫っています。
まだ3勝差ありますが、半分も過ぎていない状況で2位争いに巻き込まれる事態は避けたいところ。
じっくり休んで7日のホーム厚別での山形戦、キッチリ勝ってもらいたいものです。

次は何としても行く!!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年6月26日 (火)

久し振りのドームですが

仕事の関係で行けそうにありません。

夜なんで大丈夫かと思っていましたが、無理みたいです。

明日は録画したのを夜中に観る予定…orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

いい緊張

シャア 「チャンスは最大限に生かす。それが私の主義だ。」 


J2リーグ リーグ戦 第23節

東京ヴェルディ1969戦試合結果

日 時:2007年6月24日(日)
会 場:味の素スタジアム

コンサドーレ札幌 1 VS  0 東京ヴェルディ1969


1-0の勝利が8試合目です。

今日はタレントが揃うヴェルディとの対戦。

なんと!

開始時間を1時間間違えて後半からしか見ていません…orz
録画も同じく…

なので後半だけを見ての感想となします。


ここ2試合勝っていなかった上、第2クールに入って調子を上げてきたヴェルディが相手ということで勝ち点1でもいいやと思っていました。
試合内容自体、後半始め位はコンサが押していましたが、全体的に見るとヴェルディがポゼッションしている時間が多く(これはチームスタイルですけど)押されている雰囲気が濃厚な試合。
その中で得た後半6分の曽田選手による得点は選手達に大きな力を与え、ヴェルディを、もっと細かく言えばフッキ選手を焦らせる結果となりました。

昨年一緒にプレーしていましたので、こういう状況で彼(フッキ選手)がとる行動といえば…?
いわゆる「ひとりでできるもん」状態。
確かに身体能力はJ2でもトップクラスです。しかし視野が狭く、持ちすぎになる=自分だけで決めようとするというのは以前から彼の弱点でした。
昨年の末期はそこそこ矯正されていましたが、どうやらヴェルディで元に戻ってしまったみたいですね。いくら身体能力が高いとはいえ、孤立した選手は何とか対処が出来るものです。
その辺が、ダヴィ選手との大きな違いでしょうか。
それほど破壊力はありませんが、チームスポーツとして見るならダヴィ選手の方が数段上でしょう。彼は周りをよく見ています。

こちらも褒められた内容ではありませんでしたが、相変わらず安定している高木選手の好プレーにも助けられ、最後まで守備が崩壊するような事はありませんでした。
それでも数度のチャンスを作るのは流石ヴェルディといったところでしょうか。

それと大きく感じたのは監督の采配。
あくまでリアリズムを追及する三浦監督に対し、自分達のプレースタイルに拘りすぎるラモス監督という構図は非常に興味深かったと思います。
後半途中で富澤選手を下げてくれたのは助かりました。
船越選手が入っていましたので、最後の最後でパワープレーの放り込み戦法をされたらもっとピンチは増えていたと思います。
それにヴェルディの選手は船越選手を上手く使えていませんでした。
曽田選手が唯一と言っていいほど競り勝てない選手をそれほど使わなかったという事も、今日の勝利の一端かなと。

今日の試合を観て感じたことは、コンサは決して強いチームではないと言う事です。
ただ、勝利への執着心、そのための努力を怠らず選手が最後まで足を止めない、そういったものの上に勝利の女神は微笑むものです。
全ては勝利の為に。
飽くまでも勝つことを念頭に置いた今年のコンサは、本当の意味で闘えるチームになったんだなとつくづく感じます。

さて次節は平日ナイター。札幌ドームでの草津戦です。
このところ不安定な戦いかたをしている草津ですが、前回負けたのを忘れるわけにはいきません。
ここはリベンジ。一旦止まった連勝をまた延ばして行きたいものです。


シャア 「ヘルメット(高木)が(い)なければ即死だった。」

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年6月17日 (日)

日焼け

変な焼け方してしまった。
右腕の外側と左腕の内側が赤くなってる。

J2リーグ リーグ戦 第22節

徳島ヴォルティス戦試合結果

日 時:2007年6月16日(土)
会 場:札幌厚別公園競技場

コンサドーレ札幌 1 VS  1 徳島ヴォルティス

試合内容は正直「負けなくてよかった」と言うレベルに見えました。
監督がコメントしているように、中2日で3連戦。しかも前節は9人での試合を余儀なくされ選手の疲労は一層増していたでしょうし、その前節の結果スタメン3人が抜けてしまう非常事態。
特にDFは、センターがブルーノ/西嶋両選手、右サイドに池内選手、本来MFのカウエ選手が左サイドを担うと言う形。
また前線からボールを追って守備をしてくれていた中山選手がとうとう出場停止。
前節に続いて石井選手がスタメンに名を連ねましたが、ダヴィ選手が戻ったとは言え守備と言うところでは些か不安材料はありました。

徳島は羽地選手を1トップにした戦術をとり、羽地選手に収めたボールを両サイドに展開、または札幌の左サイドを積極的に利用して来たようにみえました。
ご存知の通り、守備的な選手として獲得したカウエ選手ですがお世辞にも守備は上手くありません。と言うか、身体能力云々ではなく、判断と言うところで経験不足なところが多く安定した守備とは行きませんでした。
ポジション取りが悪く、何度か徳島の選手に上手くゾーンを崩されていましたし。

上に書いたように、両チームとも疲労の色は隠せませんでした。
それでもやはり札幌の選手の方が消耗は大きかったのだと思います。まず前半は選手が動いていませんでした。
その為、折角突破したりクロスがいい場所に入っても押し上げが遅くてそこに飛び込む選手が居なかったり、ボールを繋ぐ場面でのイージーミスがいつもより多かったりと、疲労による運動量不足や判断ミスと思われるシーンが多く観られました。

失点のシーンは、「ヤバイ、そこで止めないと!」と思った瞬間でした。
PA内に侵入してくる相手選手に対してのプレッシャーと言うか、寄せが遅くボールを奪いに行けない感じで、殆どフリーに近い形だったと思います。

あと得点シーンは、ロングボールが直接キーパーに流れそうだったので、少し陽射しが強かったのもあり頭にかけたタオマフで顔を拭いた瞬間でした。
周りの「あれ?あれ?入った?はいった?」と言う声に慌てて見たのですが、ゴールに流れて行くボールが見えただけで、どういう入れ方だったかを見てません。
周りの人も良くわからんと言う感じで失笑していたので、多分に相手のミスがらみだったのかなと。
帰って録画したものを確認しようと思っていたのですが、スカパーチューナーの予約を忘れて失敗していましたので再放送を待って見たいと思います。

それにしても、以前オプションとしては良いかなと思っていたカウエ選手の左サイドですが、今日はDFの一角として考えるには役不足かなと思うところが多かったと思います。
上に書いたように経験不足から来るものと思いますが、攻撃面ではまずまずだったものの、攻め込まれた時に位置取りが悪く相手をフリーにしてしまったり、後ろのスペースを使われたりする事が多かった。
そう言う意味では吉瀬選手を入れてガッチリ守らせてもよかったのかなとも思いましたが、考えて見れば吉瀬選手も元はボランチでしたね。
何にしても、現状でカウエ選手の左サイドバックはオプション的なもので考えるものなのかもしれません。

さて次はAWAYで東京ヴェルディ1969との対戦です。
ここ数試合は割と安定した試合をしていますので、ここも安心はできません。
と言うか、安心できる試合などありませんね。
ここ数試合は内容が非常に悪いので、何とか立て直して勝利と言ってもらいたいものです。


と、ここまで書いてスーパーサッカーで得点シーン確認しました。

…(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2007年6月13日 (水)

唐氏がどうしたって?

J2リーグ リーグ戦 第21節

愛媛FC戦試合結果

日 時:2007年6月13日(水)
会 場:愛媛県総合運動公園陸上競技場

コンサドーレ札幌 1 VS  2 愛媛FC

実はまだ試合を観て居りません。
何だかストレスが溜まりそうなので。

だから感想も書けませんが、一つ気になっていた事が。

新聞の記事にもなっていましたが、最近カードが多くてちょっと心配していました。
審判の質にもよりますが、何となく疲労が蓄積されてきたかなと。
多分、身体が思うように動いていないのでは。

とりあえず今日の感想はこれだけです。


さて次節はホーム厚別で徳島との対戦です。
今日の負けは逆にカンフル剤となるか。
前回も負けた草津戦のあとから無敗で来ましたので。
それにしても西澤選手と曽田選手、中山選手の出停は痛い。
(しかも曽田選手は復帰しても累積消化して無いから、イエロー1枚で再び出停)
サブメンバーの更なる奮起を期待しましょう。
私も参戦します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

慈衛五百護有留

詳しくは民明書房の『征家怒涛~第五亜那留乱~』156P中段に記載(ウソ)

J2リーグ リーグ戦 第20節

サガン鳥栖戦試合結果

日 時:2007年6月10日(日)
会 場:鳥栖スタジアム

コンサドーレ札幌 1 VS  0 サガン鳥栖

藤田選手のチームJ500ゴール目でまたもや1点差の勝利。
正直前半の出来では「勝ちは無いかな」などと一瞬弱気になってしまいましたが、兎も角0-0で前半が終わった事で何となく「負けはしないな」と少々ポジティブになってみたり。
今までの試合内容から後半立て直してくるのは予想できるので。

もはやコンサの守備を崩す法則は、前線の選手がDF/MFのライン間で動き回る→2列目や両サイドハーフ/3列目(サイドバック)がパス交換でオーバーラップ/裏に抜ける/コンサ選手間のゾーンギャップを衝く、というパターンで確定しているわけですが、今節の鳥栖はそれに加えて中盤はおろか前線からのボールホルダーへのプレッシングが激しく、こっちはセカンドボールも拾えず奪ったボールを運ぶ事もままならない状況。
それでもセットプレーを含め数度のチャンスを作りますが、鳥栖の守備を崩せず。逆に鳥栖の藤田選手などにガンガンシュートを打たれてしまいます。
それでも失点しないのは、最後の最後で身体を張った守備が出来てるから。キッチリとシュートコースに身体を置いているのでキーパーの高木選手のカバーできるコースしか打ちようがない状況だと言うのもあるでしょう。殆どのシュートがミドルレンジからと言うのもありますが。
身長の高いDFが居ると言うだけで結構相手の攻撃に与える影響は大きいのですね。

後半は予想通り札幌が立て直し、立ち上がりの主導権を握ります。
そんな中生まれた藤田征也選手のゴール。
綺麗な崩しでしたが、よく角度の無い所から決められたなぁと。
あの瞬間は鳥栖のDFがまったく付いていけてませんでしたね。

結局ここから鳥栖の意識が前掛かりになるのですが、運動量の必要なプレッシングサッカーではそろそろ疲労の色が濃くなる頃合。何しろ前半は物凄い運動量でしたので、鳥栖の選手の足が徐々に動かなくなって行きます。
それは札幌も同じなのですが、先制した以上無理に前線からボールを追う必要もなく(攻撃に繋げるため、点を奪う為の積極的な守備と言う意味でです)、相手の攻撃するスペースを埋め、逆に奪った後の素早いカウンターを狙えば、相手よりも格段に優位に試合を運べます。
この時点で鳥栖は今期のコンサの術中に嵌ったと言うわけです。
最後は流石にコンサの選手も息切れしたのか勝利への執念を燃やす鳥栖の猛攻に合いますが、その時にはもうお互い中盤が間延びしてしまい(守っているコンサの方がコンパクトではありましたが)波状攻撃とはならず何とか守りきる事に成功。
厳しいAWAY2連戦の初戦で勝ち点3を得る事が出来ました。

今日は合計6枚のイエローカードが出ましたが、そのうち5枚が前半に出てます。
そして5枚のうち4枚が札幌の選手。
観ていてあまりジャッジにブレがないようでそれ程酷い審判には見えなかったのですが、選手は結構ストレスに感じていた様子(中山選手のコメント参照)。
まあ、それだけ激しいプレーをしなければならないゲームだったと言う事で仕方が無いと思いますが、今後の事を考えると少し厳しいかなぁ。

そして現在の順位です。当然首位と言うのは同じですが…(以下オヒサルより無断拝借)

順位 チーム 勝ち点 試合 勝ち 引分 負け 得点 失点 得失点差
1 札幌 45 19 14 3 2 27 10 17
2 仙台 32 19 9 5 5 35 22 13
3 京都 32 18 9 5 4 27 21 6
4 湘南 30 19 9 3 7 30 20 10
5 山形 30 18 8 6 4 23 17 6
6 東京V 29 19 9 2 8 33 31 2
7 福岡 27 18 8 3 7 31 24 7
8 鳥栖 27 19 8 3 8 21 29 -8
8 C大阪 21 18 6 3 9 20 23 -3
10 草津 21 18 5 6 7 16 24 -8
11 徳島 18 19 3 9 7 15 19 -4
12 愛媛FC 14 18 4 2 12 11 26 -15
13 水戸 7 18 1 4 13 10 33 -23

と言う事で、2位グループとの差が勝ち点13!!
単純に4ゲーム分です。
そして今のコンサの状況で一気に4敗するとなると、主力11人が突然出られなくなると言った㌧でもない事態が起こらない限り低い確率であると予想できます。
まあ何年か前の大宮のように失速する事があるのがサッカー、特にJ2の怖いところですが、三浦監督もその辺り学習していると思いますので今期は大丈夫だと信じましょう。

さて次節は中2日でAWAY愛媛戦です。
主力組みは熊本でミニキャンプを張ると言う事ですが、監督と控え組みはとんぼがえりでサテライトメインの練習試合のため札幌に戻り、終了後再び熊本(?)に戻ると言った強行スケジュールのようです。
ここは体調を万全に整え、勝ち点をとって帰ってきてもらいたいところ。
くれぐれも身体は大事にして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 7日 (木)

2年が過ぎふと思った事

このブログを開設して2年が経とうとしています。

思えばやんつーさんが監督になり最下位を経験した次の年。
今年こそは昇格を!と意気込んでいた頃。

あの頃を思うと今の成績が間違っているような錯覚に陥ります。

しかし、現実はJ2首位。頭2つ抜け出しています。


悔しい思いをした、あの瞬間があるから今がある。

その想いを忘れない限り、きっとチームは我々の願いを叶えてくれるでしょう。

やんつーさんの残したものは大きい。

現実に結果はなかなか伴わなかったけれども。

それは今、三浦監督の下、花開いている。

この数年を見続けた人ならわかるはず。

路は突然始まらず。

あの3年間やそれより前の苦闘もあって、我々もチームも再び力強く路を踏みしめる事が出来る。

路はどこからか続いてきて、どこかへ必ず続いている。

時には一人一人分かれたりもするだろう。

でも我々はこの路を歩き続ける。

自分が力尽くその日まで。



2年間を振り返り、ふと思った事。

意味わからんかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

優也さんって…

本当に勝ち運持ってるんでしょうかね。

J2リーグ リーグ戦 第19節

京都サンガF.C.戦試合結果

日 時:2007年6月2日(土)
会 場:札幌厚別公園競技場

コンサドーレ札幌 2 VS  0 京都サンガF.C.


なんか得点シーンが唐突で、一瞬呆けてしまいました。
なんとなく騙された気分(笑)

やはり京都はいい選手が揃っているので、特に中盤とDFの間で倉貫選手や徳重選手・西野選手辺りのいい動きでこちらの守備がうまく機能していないように見えました。ここの所ライン間のギャップを衝いて来るチームが多くなってきていますので、この辺りもっとコンパクトにしないと今後も厳しいのかなと。
また最近左サイドから攻められる事が多い気がします。結構西嶋選手の前辺りを使われるケースが多いような気が。そこから何度か決定的なチャンスを与えていましたので、試合後の三浦監督の言葉はやっぱり良く見てるな(あたりまえですが)と思いました。

そんななか京都の隙を衝いた中山選手の得点は大きかった。
明らかに京都の選手が処理を戸惑っていましたので、やはりああ言うところはキッチリ決めて行かないといけません。その点では非常に良かった。
あそこで先制できたので後半の戦いも有利に進める事が出来たと思います。京都はやはり前に出てきますので、それは今期のコンサの思う壺と言う事で。

今節はDFのブルーノ選手、曽田選手は戻ってきましたが、カウエ選手が累積で出場停止、藤田選手はツーロンに、西谷選手と高木選手が怪我で休みと、ここ数試合同様ベストメンバーが組めていません。
そこでサブのメンバーの奮起がいるわけですが、砂川選手・大塚選手に関してはまったく心配していませんでしたが、川崎選手に少々不安がありました。西谷選手の控えと言う形ですが丁度右サイドの砂川選手と藤田選手の逆の関係、縦の突破がどちらかと言えば売りの選手だった気がします。まあ藤田選手と違うのは中に切れ込んでシュートを打てる事でしょうか。サテライトの試合では結構得点してますし。
去年の天皇杯では吹っ切れたような動きでチームの躍進に貢献していましたが、やはり今期は出場機会がなかったため今節の川崎選手は少々乗り切れていないようでした。今後試合に出れば慣れると思いますが、西谷選手の状態があまり良くなければ当然出る機会が増えるわけですから、川崎選手の出来如何ではコンサの成績も変わってくるかと。
天皇杯の時のような活躍が出来ればターンオーバー的な使い方も可能になって、計算出来る選手が増えるので助かるのですが。

そう言う意味では上里選手も少々試合に入って行けてなかったようにも見えました。現状では交代選手として出る機会が多くなると思いますので、この辺りは今後の課題かと。

あと大塚選手。
今日は(も)攻守に大活躍でした。惜しいロングシュートも、切り込んでのラストパスも良かった。
何個か前のエントリーで若干辛口な事を言って申し訳ありませんでした(汗)
とりあえずセンターハーフに関しては2人同時に離脱しない限り何とかなるかなと言う気がします。まあ、あの場所が出来る選手は(要求されるタスクをこなせるかは置いておいて)結構多いので、最悪の状態であっても選手が不足する事はないとは思いますが。

それよりも今日でダヴィ選手が累積警告4枚目で次節・次々節出場停止です。
恐らく次節の先発は中山選手・石井選手。ある程度予想できる試合展開にはなると思いますが、控えで誰を入れるのか。
相川選手しかFW登録選手は残っていませんが、場合によっては西選手や岩沼選手、岡本選手などと言う事も結構期待しています。まあ三浦監督なら選ばないと思いますが、サプライズがあっても面白いかなと。サテライト組のモチベーションも上がるでしょうし。

さて次節からは再びAWAY2連戦で鳥栖・愛媛との戦いです。
しかもその間は中2日。
この厳しい試合間隔を無事乗り切るためにも、控え組の更なる奮起を期待したいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »