« 新年度 | トップページ | 早く温まって »

2007年4月 8日 (日)

はやぶさの剣っていらなくね?

J2リーグ リーグ戦 第7節

ベガルタ仙台戦試合結果

日 時:2007年4月8日(日)
会 場:ユアテックスタジアム仙台

コンサドーレ札幌 1 VS  1 ベガルタ仙台


前半の終わり頃には「勝てる…?」と思っていましたが、仙台さんは甘くない。
後半の猛攻は正に、「首位を最多得点で走るチーム」という事を我々に教えれくれました。

「去年までのコンサの絶好調時」以上の波状攻撃は流石に凌ぎきれなかったか…と思う反面、良く1点で済んだものだと妙に感心して見たり。

試合は下馬評とは違い、両チームとも攻めあうようなアグレッシブル(某ブログより)な試合展開でしたが、それも前半まで。後半は仙台が一方的に攻め、コンサは守備に奔走すると言った光景が画面に映し出されていました。
コンサが今年採用しているフラットな2枚のラインに対する有効手段、つまりポジションに拘らず次々と攻め込んで来る仙台の選手をコンサ側は掴み切れず、何度か決定的なシーンが襲いかかりました。
その為後半のほとんどはピッチの半分、コンサ側での試合となります。
仙台ゴールに迫ったのは前半のみで、後半ダヴィ選手が入った頃から仙台ゴールを脅かすプレーはめっきり影を潜めてしまいました。
またロペス選手がフリーでボールを受け捌くシーンが多くなり、それが前記の仙台の攻撃に繋がったものと思います。

前回のエントリーで、引き分けに持ち込めば戦略的には勝利。と書きましたが、今節を引き分けで終える事が出来たのは今後大きく響くと思います。
また仙台が勝てなかった事も結構終盤に響いてくるかも。
それはコンサにも言えますが。

まあ今節は曽田選手のゴールが見れた事で良しとしましょうか…




んなぁ訳ない。



さて、次節はホームとは言え東京は西ヶ丘でのホーム戦で、更に今節ヴェルディに完勝したアビスパ福岡が相手です。
順位が下とは言え仙台以上に厳しい相手。
今期手の付けられないヴェルディを倒した実力、侮れません。
そしてダヴィ選手は累積で出られません。
連続無失点は残念ながら5試合で終わってしまいましたが、福岡相手にどれだけの事が出来るのか。
次節ももちろん目が離せません。

|

« 新年度 | トップページ | 早く温まって »

コメント

やっと見終わった。引き分けに終わったのが不思議なくらい攻められたな。
感想は見ての通りでしょう。
前線からのプレッシャーがなくなって、キープもできない更に裏を狙う動きもできなくなったらラインを押し上げる時間も勇気もなくなるわな。
大塚を入れて最終ラインの前でなんとか押さえたかったけど、
CBがボランチとの間を詰めれないから一番嫌なスペースを使われてCBの距離間がおかしくなって、そこに走りこまれる。
そろそろ研究された結果がでてきたなって感じ。
それでも、そうそう失点することはないだろうけど。
ダヴィは怪我あけでそうとうコンディションが悪いようだね。
ある意味、次は有給なのが吉とでるかも。
で、期待されるのが謙伍なんですけど、2323の勘ですけど点入れますよ。
去年、元気がダメだダメだと言われていたシーズン終盤。連続して得点した時。感じてたんだよね。練習見ていて。
その時とはちがう感じだけど、謙伍は今、自分の殻を破ろうとする何かを感じたから。
シュート練習の時の目が一人だけちがっていたのですよ。
ただ足に当てるだけのFWがいる中、一人だけゴールに入れようとしていたから。
勘が当たればいいけど。

投稿: 2323 | 2007年4月 8日 (日) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/14608911

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさの剣っていらなくね?:

« 新年度 | トップページ | 早く温まって »