« 休暇と有給 | トップページ | 夢見るぞ!! »

2007年4月22日 (日)

○○には責任をとってもらう

J2リーグ リーグ戦 第10節

東京ヴェルディ1969戦試合結果

日 時:2007年4月22日(日)
会 場:札幌ドーム

コンサドーレ札幌 4 VS  3 東京ヴェルディ1969


久し振りに派手な試合です。
まさか開始15分で3点入るとは思わなかった。
そして追い付かれるとも思っていなかった。

主審…いや主役は「彼」でした。
あえて名前は言いませんが、前節のジャッジは大人しかった為少しは改善したのかと思いきや…
まあ今更ですが、それもサッカーなんですよね。
ただあの程度の審判が「すぺしゃるれふぇりぃ」である事は日本のサッカーの事を考えると芳しくないと。以前から言われていますが、選手やチームに比べサッカーの内容に審判や組織が付いて言って無いのではないでしょうかね。

さて試合内容はと言うと、開始直後の主導権争いの中で先に得点を決めたのはコンサでした。その前にヴェルディのフッキ選手などにより決定的な場面がありましたが何とか凌いでいました。そのすぐ後の得点です。
CKからゴール前で競り合いながら(遠くて見えなかったため想像)曽田選手が頭で押し込んだものです。
その後10分、15分とダヴィ選手・藤田選手がゴールを決め試合はコンサペースかと思いました。
しかしその10分後ヴェルディの金澤選手に決められ、その後は勢いづいたヴェルディの攻撃が続きますが前半は何とか凌ぎます。

そして後半。
10分が過ぎた頃、ヴェルディがDFの裏に通したボールを高木選手(ぎーさんの方)がキャッチするも、船越選手を倒したとして曽田選手にイエロー。そしてPK。
贔屓目に見てもあそこでPKとるのは難しいと思ったのですが…角度的に悪かったし距離も遠かったのでハッキリとは言えないのですが、あの程度なら流した方が荒れなくて済んだろうに…。
結局フッキ選手がPKを決めスコアは3-2。
その3分後にもまたもや金澤選手に決められてとうとう同点に…。

万事休す!?

と思ったのですが、より一層攻撃的になったヴェルディに対し、コンサは今期の常套手段である素早いカウンターで西谷選手が駆け上がりダヴィ選手にスルーパス。
これをダヴィ選手が落ち着いて決めてスコアは4-3と再びリードする展開になりました。
この辺からラモス監督は攻撃的な選手を投入して来ましたが、コンサは西谷選手と大塚選手を交代しただけで最後まで乗り切りました。

今日は18000人を超える観客が入り、普段サッカーを見ない人達も大勢つめかけていました。私の後ろの列にもサッカー観戦など殆どしなさそうな家族連れがいたりして。
そんな中、最後の5分間はゴール裏のリズムに合わせスタンドが一体化したような、ここの所忘れかけていた一体感が生まれ鳥肌が立ってしまいました。
今日の試合を観て、次も来てくれる人が増えたかもしれません。
あの一体感を味わった人はまた同じ時間を共有したくなる。
そんな試合だったと思います。



しかし…




家○主審は何のために研修を受けたんだい?



さて他のチームは中3日か2日で次の試合がありますが、今月とても厳しい日程を組まれていたコンサは幸いにも休みを貰えたようです。

そして次はドームに愛媛FCを迎えての一戦。
愛媛と言えば、今節京都サンガを3-0で下しています(京都はセンターバック2人が退場していたので可哀相と言えばかわいそうですが)。
昨年も四国勢には苦戦しているコンサ。
しかし今期はawayで徳島を破っています。
何よりも今期は今までかけられていた呪いが解けたかのように数々のジンクスを打ち破っています。今日も「地上波中継がある時は何故か勝てない」と言うジンクスを破っていますし。
決して油断してはいけないと言うのは当たり前ですが、恐れる必要はありません。
自分達の力を信じ、最後まで全力で試合をして貰いたいものです。

|

« 休暇と有給 | トップページ | 夢見るぞ!! »

コメント

すごかったね。家本の暴走・・・。
もともとお行儀のよくない2323なのですが、今年は紳士的な応援を目標にしていたのですがさすがに切れました。
あれに怒るなつーのも無理な話だけど。
審判をやめて演出家とか映画監督をめざしたほうが才能を生かせると思うのだがw
とにかく、あの試合展開で勝ち越せたのは気持ちが強くなったのだなと思いました。
緑の金澤選手の2列目からの動きや、船越選手の電柱ぶりは、
札幌の守りにも弱点はあると選手に痛感させたのではないでしょうか?明確な課題を持って練習できることは非常に良い意味を持てると思います。
そう考えると勝って更に課題も見つけられるのだから意味のある試合になったと思う。
次の仙台が勝つか負けるかはわからないけど、厚別開幕は首位決戦として望みたいね。
最後の応援はすごかったね。あんなに一体のなっている応援はしばらく見たことがなかったよ。
やればできる!!
これからもずっとこのパワーでチームの後押しをできれば、今年の最後に笑えるよ。きっと。

投稿: 2323 | 2007年4月22日 (日) 23時18分

いやぁ
最後の、特にロスタイムの空気はホントに
「スタンドが一体化」
したような、凄く久し振りの感覚でした。
あの感触は何度でも味わいたい。
凄く気分良くドームを後に出来ました。
一見さんもまた来てくれるかもしれませんね。

ただ私の後ろにいた家族連れは同点の段階で帰ってしまいましたが…

勿体無い。。。

投稿: RaoU | 2007年4月23日 (月) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/14810720

この記事へのトラックバック一覧です: ○○には責任をとってもらう:

« 休暇と有給 | トップページ | 夢見るぞ!! »