« 試合直前 | トップページ | 年度末ですなぁ »

2007年3月25日 (日)

このカレー、具沢山だね

J2リーグ リーグ戦 第5節
モンテディオ山形戦試合結果

日 時:2007年3月25日(日)
会 場:NDソフトスタジアム山形

コンサドーレ札幌 1 VS  0 モンテディオ山形

さて、小事故正直今日の審判はJ初ジャッジにしては良くやってたとは思うが、どちらにしてもしっかり見ていれば結果は変わっていた。
そう思える試合でした。

ただ、それがサッカーなんですけどね。

あのPKに繋がる流れの中で中山選手がパスを選択した時、
「854€柄hξg\柄j」yh-0うさ5rj」45yh-い0さ0-hyj@j」@-s0うjy!!」
という意味の無い叫びをTVの前であげておりましたが、結果的にPKをとれたから良かったものの、そのままカウンターなんぞを喰らっていたら大変な事になっておりましたよ。

まあ、それもサッカーなんだけど。

試合は前半コンサも山形も様子を伺いつつ、徐々に自分達のペースにして行きたいと図っているような展開でした。流石に山形は苦手としているチームですので、こちらとしても(元より守備を固めていくチーム作りしてますので)AWAYの戦い方と言うものが判り易い形で展開しておりました。
それでも前半から両チームの鋭い攻撃が単発ですが現れる様になり、ただ最後の最後で詰めが甘いとかDFが踏ん張ってるとかで得点は生まれていませんでした。

こちらは開幕戦以来のスタメン出場したカウエ選手が結構効いていたような気がします。守備は何となく危なっかしく思ってましたが(実際に黄色い物を貰ってますし)、攻撃にも結構絡んでいて、素質は充分あるように思えます。ただ判断はもう少し早くして欲しい。

で、上記の中山選手のプレーです。
あの瞬間確かにキーパーはコースを塞いでいましたが1対1の状況が生まれていました。FWなら勝負する瞬間です。
PA内は相手も味方も混在していて、パスを出してもシュートを撃ってもリスクは変わらない様な状況。
一瞬シュートを撃ってくれると思ったのですが、マイナスのパスを中に送った瞬間思いっきり肩を落としてしまいました。
結果的にPKを獲れて1点入りましたが、あの状況でシュートを撃てないのであればいつ撃てるのよ!?と、西谷選手がPKを決めた後もモヤモヤと…
ジャッジについてはどうしようもないので言及しませんが、それまで碌にシュートチャンスが無かったFWとしては撃ってほしい瞬間でした。撃たなきゃ点は入らないぞ!?
勝った事よりも、それが今日の試合一番印象に残ったシーンです。

昨年のリーグ終盤と天皇杯ではゴールに対する執着心があった様に見受けられましたが、今の中山選手にその頃の覇気が見られない気がします。チーム戦術で縛られているのかもしれませんがFWの1番の仕事は点を獲る事ですから、ポストが上達したとか言う以前に何とか1点決められる仕事をして貰いたいと思っています。
そうしないと相手チームの脅威にはなりませんから。

あ、勘違いして欲しくないのが「別に叩いているわけじゃないですよ」って事です。
ただ、もっと頑張ってもらいたい、と言う意味合いで書いていますので…
第一、ターゲットとして使われている以上、中山選手の特徴である「恐い顔で身を投げ出して泥臭くゴールを決める」ってプレーは確実に出す機会が少ないでしょうから。
ましてや最近はサイドに開いたりしてるし。

ただ、何だかんだ言って勝てば嬉しいですし、負けそうな試合でも引分になればホッとしますし。
見る人が見ればつまらなく感じるのでしょうが、好きなチームが勝つのが何より大切じゃないかなと。
去年までの3年間は確かにボールも人も動く能動的なサッカーをしている事もありました。ただ結果は伴わなかった(彼が居た事で得点数は多かったのですが、反面失点数が異様に多かったのは周知の事実です)。
今年は結果を出さなければならないところで、夢を追うのではなく、目の前に横たわる問題を洗い出して一つずつ解決しなければならない(だから去年より守備に重点を置き、守備的なチームで結果を出した監督が来たわけで)。
その間で選手だけではなく、サポーターの皆さんも理想と現実のギャップに苦しんでいるのではないかなと。だから去年の方が面白かったとか、今年の方がいいとか意見が分かれるんじゃないかと(一部関係なく野次りたいだけの方もいるかもしれませんが)。
こっちのやりたいように相手を嵌められる内容ならどちらも面白いと思うんですがね。

私としては、今シーズン最初のエントリーで書いたように1クールは様子を見たいと思っていますので、今はこんなものかなと見ています。
各チームも馴染んでくる2クール目のスタートが今期の勝負を決めるのではないかと思っているわけです。だからそれまでに第1の問題点である守備能力の向上を達成して、早く攻撃力UPも図らなければならない。
開幕から5戦で失点2、得点5、と言うのは4戦連続無失点と言う事も考えて、上々の滑り出しだと思います。あとは確実に平均1失点以下に抑える守備力の維持と、確実に1点以上奪える攻撃方法の確立ですね。これを第2クールで出来るようになれば、順位は自然と昇格圏内に入るでしょうから。

それにしても、三浦監督になってから苦手なものとか変な負のジンクスが吹き飛ばされてる気がしますね。いい所は残して貰って、そういった負のベクトルを持ったものを全て吹き飛ばしていってもらいたいものです。

…と何書いてるかわからなくなってきたのでこの辺にしておきます。

次節は3月31日。
寒風吹きすさぶ室蘭は入江で、本日今季初勝利を上げたセレッソ大阪を迎え撃ちます。
試合を観た感想では正直守備はアレです。
ただ前線の苔口選手やW森島選手、古橋選手、濱田選手、ゼ選手などのタレントは脅威です。今の不完全な守備陣でどれだけ防ぐ事が出来るか。
そしてこちらの攻撃陣がどれだけチャンスを物に出来るか。
都並監督は苦手としてましたから、ここも嫌な記憶を吹き飛ばせるのか…

期待しませう。

|

« 試合直前 | トップページ | 年度末ですなぁ »

コメント

と言う事でタイトルに引かれたのかトラバが入っていました。
もちろんタイトルのカレーはイエローカードの事です。今節は各試合カレー券が飛び交っていたようですので…

投稿: RaoU | 2007年3月26日 (月) 00時11分

この試合は条件がきつかったから(山形は1週間休んでのホーム)、この結果、内容は上出来ではないかな。PKはラッキーだったね。
実は後半だけみたのですが、やはり疲れからかラインが間延びすると危なくなるし、サイドに二人で追い詰めてからボールを奪えなかったりコンディションの差からくる危うさは見られました。臼井がかき回していたので、激しくいくところが躊躇したりCBが引っ張りだされたり危ない時間が続きました。幸い山形に決定的仕事をできる選手がいなかったわけですが、この時間に大塚投入を効きましたね。
できればダヴィが抜け出したところは決めてほしかった。あれが決めれたら強いチームの証拠になる。

さて、面白くないという意見もわかりますが、今回はコンディションに差があり、しかもアウェーですから間違った選択ではないと思います。これでセットプレーが決まったり、カウンターをもう少し繰り出せればよいのではないでしょうか。
これが山形と逆の立場だったら問題だけど。

面白くないとは何が足りないからなのか?もしそういうなら自分なりの考えを示せる人は少ない気がします。はっきりとした見識を持たないと強いチームに育てれないのですがね。
一番問題なのは勝ったのだから現状でいいという人のグループですね。もう少しサッカーを勉強したほうがいい。
今のままではいずれ行き詰まると思います。何が足りない、どのように成長してゆくべきかを意見としてサポーターが持たないとチームは強くならない。サポーターとチームが共に成長してゆくことが大切なのではないでしょうか?
勝つサッカーを続けるには、実は金がかかります。突き詰めれば個の力勝負ですから。だから強いサッカーを目指してほしい。これはチームの力ですから。守備重視でも攻撃重視でもよいチームのサッカーには人を感動させる力があります。
このチームの更なる成長をしっかりと見ていこう。

2323さん。あそこは打て!!打ってはずした時の落胆と打たなかった時のサポの落胆は質がちがうのですよ。

投稿: 2323 | 2007年3月26日 (月) 18時02分

書き忘れたけど3日ほど仕事をサボります。
かなり練習を見に行けると思いますので、三浦監督の目指している形はどのようなものか?
少しでも理解できるよう注意深く観察できればなと思います。
それがわかれば試合で各選手の動きを正しく評価できますから。

投稿: 2323 | 2007年3月26日 (月) 22時02分

>一番問題なのは勝ったのだから現状でいいという人のグループですね。もう少しサッカーを勉強したほうがいい。

現状維持≒停滞≒下降
だと思っています。
私が今期始めのエントリで、三浦監督の目指しているサッカーはこういう形じゃない気がすると言うような事を書きましたが、飽くまでも現在の状態は叩き台だと思っています。
ただリアリズムを追求して勝ち点をとるために何が必要か…それを考えた時に、まずは点をとられない事。とられなければ負ける事は無い。
それがまずベースです。
そうする事でこちらが1点でも取れれば勝てる。
今節のように事故のような得点でも、負けるよりは遥かにマシです。
負けない事=点を取る事ではない。
ただし勝つには点を取る必要がある。
1クール終わった後で今の失点数を維持できるのであれば、攻撃のパターンも変えてくると思います。言わずもがなですが。

あとよくよく考えて見たら、昨年までの柳下監督とはアプローチが違うだけで、根本にあるのは積極的な守備だと思うんですが勘違いでしょうかね?
だから今の守備方法にもそれ程時間を掛けずに馴染めてるんじゃないかと。つまり基礎は3年間でしっかりできていたと言う事で、結果は出ませんでしたが柳下監督の残したものはかなり大きかったのかなぁと思うわけです。

>2323さん。あそこは打て!!打ってはずした時の落胆と打たなかった時のサポの落胆は質がちがうのですよ。

正にその通りなんですよね。
監督に守備で貢献していると言われる前に、あそこで点をとってくれて助かったと言われるようにならなきゃ…
進化しなきゃ…

1日18時間近く仕事してるんで某所も覗く余裕が無いのですが、スネーク期待してます(とプレッシャーのようなものをかけて見る)。

投稿: RaoU | 2007年3月27日 (火) 22時12分

今日は午後練だけ潜伏してきました。
元気ブログに書いている4人はシュート練習(見る暇なし)
他は14人(メンバーよくわからず)でハーフコートでの
7対7をやっておりました。
ハーフコートでの練習ではプレッシャーがキツイのでまずは攻守の切り替えの判断、プレスのかけるタイミングやマークする相手の的確な受け渡し、距離感とかが養われると思います。
より狭いスペースでは判断よく、すばやく動かないとあっという間に不利な状況に追い込まれます。
監督からは前に出てボールを持った選手に対し状況が有利とみたら禿しく行くように檄が飛んでいました。

さて、この練習が効果的なのは特に引いて守るチームに対してだと思います。よく引いて守るチームにはロングボール+こぼれ球とかサイドからのクロスが有効といいますが、これを使わせないために相手はしっかり守ってきます。
相手はゴールに近い位置にたくさんいるのが特徴ですから、長いボールを多様してもだいたいは取られてしまいます。
では、どうしたらいいのか?
極論!!全員がハーフウェーラインを超えてピッチの片方側だけで試合をすればいいのです。そうすれば、オールコートと同じ配置がただ縮まるだけです。極論ですがね。
もちろんプレス型チームにも有効な練習です。
さて、2323の視線では今日はFWからの守りとコンパクトなラインでの各ポジションのプレスのタイミングに重点を置いていたように見れました。攻撃では裏に抜ける動きはなくボールを前につないでDFをかわしてシュートとあまりアイディアを感じなかったので、これは守備の練習かと思います。
ヤンツーさんとの違いはマークする人、パスコースを消す人、
カバーする人が明確ではなく、それぞれのエリアに入ってきた人を的確に捉えてつぶす感じですね。
今日の練習では三浦サッカーの骨格はわかりませんでした。
明日もスネーク予定です。
ちなみにヤンツーさんの言葉ですが、天皇杯でようやく1歩前に踏み込んで守備ができるようになったと言ってました。FWがパスコースを消して高い位置から積極的にアプローチに行く。それを支えるのがコンパクトなラインによりすぐ近くにいる味方のカバー。システムが変わろうとこれは万国共通ですね。一人より二人で守ったほうが絶対強い。サッカーはボールがあるピッチの一点でのみやるものだという逆転の発想で考えればその一点に人数が多いほうが勝つんです。これは攻守同じこと。積極的な守備は攻撃と同じく見ている人を感動させます。

投稿: 2323スネーク | 2007年3月29日 (木) 01時09分

本日スネークは失敗しました。
紅白戦など主な練習は今年は午前に行うようで
午後はサテ組のみの練習でした。
すごい量のシュート練習(普通に蹴る、ヘッド、クロスに合わせる、ミドル)をやってました。

さてさて、TVでスペインVSアイスランドを見ていたのですが、アイスランドの守り方がサッポロとそっくりでした。強豪スペインのホーム試合ですから当然スペインが攻めまくってアイスランドが守る展開になるのですが、80分過ぎまでスペインの猛攻をしのいだDFは見事でした。
クロスに対しては絶対的な強さをもつアイスランドにスペインは歯が立ちません。危なかったシーンはミドルシュートのこぼれ球を狙われた時。それもラインを必死で上げていたためスペインFWが追いつく前にかろうじて防げました。
で、失点シーン。これがサッポロがもっとも警戒すべきパターンかと。
   CH CH 
   ●→ドリブル
SB CB CB SB
●がクサビを受けそのまま横にドリブル

   CH CH
       ●
SB  CBCB
       SB ↓ 
          ◎

DFがドリブルを仕掛けた●につられて真ん中に寄ってしまう
右SBが空けてしまったスペースに◎が走りこみパスを受け
シュート。得点。
桜戦ではこれは要注意ですね。


投稿: 2323スネーク | 2007年3月29日 (木) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/14399616

この記事へのトラックバック一覧です: このカレー、具沢山だね:

» ククレカレーの「ククレ」とは? [食品に関する話題満載! 食品っていろいろあるもんだ!]
食品に関する話題を取り上げるブログです。 いろんな食品があるもんだ! [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 22時40分

« 試合直前 | トップページ | 年度末ですなぁ »