« 世の中には | トップページ | え?今日試合あったの? »

2006年11月 9日 (木)

オーアイカワーアイカワーシーンヤー!

いやぁー
勝ちましたね。
しかも会心の試合でした。

JEF千葉はナビスコから4日と言う事で疲労が残ってたのか動きが今一でしたが、そこはそれ。ある意味コンサの目標となるチームですから、胸を借りるつもりで戦ったのが良かったのか。
前半からコンサのアクション&ムービングが炸裂し、最後の詰めは相変わらず甘いものの、JEFの選手は結構ひやりとしたんでは無いでしょうか?
間違い無く今期のベスト試合だと思う第1クールの湘南戦以上に痺れる試合でした。
気持ちで身体が動いていた、って感じですか。
JEFも前の選手が上手くコンサDFに掴まえられていたせいか、得意の追い抜きやパス回しが機能不全でしたね。巻選手が下がってボールを収めても、他の選手にはコンサの選手が纏わり付いて捌ききれていませんでした。
あと途中交代で入った藤田選手は、プレス自体は砂川選手よりも緩いもののいいポジショニングや飛び出しを見せてくれていました。残り試合は期待が持てそう。。。
佐藤選手も素晴しいセービングや飛び出しでした。確実に3点は防いでます。
最後の最後で石井選手がくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」でしたが、あれは多分フッキ選手の方がいい体制で打てそうと思ったのでしょう。最初から落とそうとしてましたし。
まあ、普段からあのようなプレーが多いのは確かですが、どこぞの誰かみたいなFWにはなって欲しくないぞぅ。もう少しああいう場面では積極的に狙って欲しいですね。
その前にもボールに置いてけぼり食って無理矢理シュートってのもありましたが、その辺り、もう少し精進する必要はありそうです。
流石に後半はJEFの押し込む時間が長くなりましたが、良く集中して守っていました。
守備でも迎え撃つ守備じゃなく、積極的な守備が目立ちました。
中盤の底に入った芳賀選手と大塚選手は効いていましたね。アレを見ると芳賀選手はやはりボランチ向きなのだろうかと考える事しきり。ただ依然魅せていたあの攻め上がりは、もう少し攻撃的なポジションに入ってやって欲しいんだけどなぁ。

それにしてもJEFの選手達は今日の試合をどう捉えたんでしょうか?
試合後のコメント見ても未だにコンサを嘗めているような、飽くまでも自分達の問題にしたいようなコメントが多かったですし(当然と言えば当然だが)、アマル監督にしても同様のニュアンスが伝わってきました。
よく、「強いチームが勝つんじゃない。勝ったチームが強いんだ。」と言う言葉を聞きますが、その辺りどう思ってるのかなと。
まあウチが強いチームだとは思っていませんが…今回はとにかく試合の条件が色々とコンサに有利だったのかな、と。

こんな試合が毎試合続いてくれれば、ドキがムネムネしっぱなしになってぶっ倒れるかもしれないけど、正直楽しく試合が観れるんだけどなぁ。
でもきっと次の愛媛戦では、グダグダな試合展開になるんだろうなぁ…。
土曜日すぐに試合だし。
でも今日の集中力を思い出して、例え相手がアマチュアであってもワールドクラスのクラブチームであっても、今日(書いているうちに日付が変わったので昨日)のような試合をして貰いたいものですなあ。




得点の事書いてませんが、やっぱり相川選手は天皇杯男なのね…と思った夜8時過ぎ。

|

« 世の中には | トップページ | え?今日試合あったの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/12612943

この記事へのトラックバック一覧です: オーアイカワーアイカワーシーンヤー!:

« 世の中には | トップページ | え?今日試合あったの? »