« 笠松 | トップページ | いい試合 »

2006年11月22日 (水)

ヤンと愉快な仲間達

ということで、柳下監督今期限りで退任と言うニュースが飛び交ったイイ夫婦の日。
昨晩から情報から隔離されていたので、その情報を知ったのはリアップ兄さんからの連絡が最初でした。
正直今期限りだとは思ってましたのでショックと言うのはないのですが、やけにアッサリ決まったなぁ…と言う感じがしてなりません。

全てがグダグダのなか、緊縮財政で純日本人チーム、しかも有力選手が殆ど居らず、開幕直前に電撃移籍してしまう選手もいる中で、限りある資源を使い基礎作りから始め、最下位に沈んだ2004年。
少々の戦力補強、途中補強で一時は昇格争いに絡むも終盤で勝ちきれず、悔しい思いをした2005年。
そして3年目を迎え、ようやく基盤ができてきたかな・・・?、で強力な点獲り屋の加入でチーム得点は上位、それでも失点が多く勝ちきれない試合の多かったJ1昇格を見据えた今年。
3シーズン通して、正直監督の采配に「?」なところが多かったのは事実です。
試合以外での不祥事もあり心労もかなりのものだったでしょうし、選手もまだプロ意識の低い若手が多かったのも事実です。
それでも2003年のあの絶望的な状況から何とかここまでこれたのは、監督・選手・スタッフの努力があっての事だったと思います。

今思い返して観ると、我々サポーター(私がサポーター?と言う意見は置いておいてください)はチームに対してどれ位貢献できたのだろう?
そしてクラブを取りまとめるHFCフロントは、自分達の限界までチームをサポートできていたのだろうか?
そう思ってしまいました。

3年前。
クラブの財政が危機的状況で、もうこうするしかないと実行した5段階計画。
そのスタイルに共感してくれた柳下監督は、きっと何とかしようと自分の出来る事、チームの方針に従った指導をしてきたのだと思います。
実力相応の人気と言うものから程遠い、今の選手に対する一部のサポーターの態度・行動。それにより選手が勘違いしていると言うのは確かにあると思いますし、なるべくオダたない様に注意していたのは仕方のない事だったのかもしれません。
選手がサッカーに集中出来る環境にする為に、我々やHFCは何をできたのでしょうか?

サポーターは周りの人達を誘って、草の根運動で観客数を増やそうと努力しました。
クラブの支出を抑えるために、CVSでボランティアとして運営に携わる人もかなりの数いるでしょう。
正直、1サポーターができる事は限られています。
飽くまでも個人としてチームに関わるしかない以上仕方のない事です。
しかしHFCは会社です。
コンサドーレと言う商品を扱う企業です。
コンサドーレを利用して収益を上げる企業です。
そこで働いている人が努力をしていないとは言いません。
でも、個人でできない事も、企業ならできると言う事はまだまだありそうな気もします。
伝え聞いた話では、社員も薄給で働いているとの事。
ある人の話では「あれじゃモチベーションも上がらないよ」と言う事でしたが…

正直、普通の会社勤めしてきて今は半分個人事業主の私にしてみれば、そんな事言ってる奴がいるなら会社を辞めるべきだと思っています。給料安いのが不満なら、どうやれば給料あげられるか考えて欲しい。
そしてそういった社員に明確な指示を出して指揮を執れるような幹部じゃないなら、辞めてもらうべきだと思います。社員の努力の上に胡坐をかくような幹部は、あの規模の企業では毒にこそなれ薬にはなりません。
上だけじゃなく下の方を見て、少しでも社員に還元できるように図るのが企業に置ける幹部の仕事です。そして経営者が明確なビジョンを持っていなければ、その下にいる者も右往左往するだけです。
また明確なビジョンを持っていても、それを形にできる人材がいなくては話になりません。
そういった意味で今のHFCは、5段階計画と言う戦略を掲げているにもかかわらず、それを具体的な形にして舵取りできる人材と、自主的に実行できる社員が不足しているのだと思います。
代わりの人材が内部に居らず外部からも来ないと言う事であれば、5段階計画同様自前で育てるしかありません。
あの計画はチームだけではない、クラブ全体の計画として考えなければいけません。
もしかしたらその辺り、キチンと考えていないのか?と疑問に思います。

賛否両論ある昨年までいた水澤さんは、その辺りシビアに考えられる人だったのかもしれません。確かに失敗した事も多々ありましたが、私はHFCに風穴空けてくれる人がようやく来たか!と期待していました。
実際昨年は運営が色々攻撃的な作戦を練っていたのに、水澤さんが抜けた今年は締まりのない状態になっています。観客動員も何となく考えていたような感じです。明確な根拠がなく動員計画を立てていた気がします。
また上手く行かなかった時の代案なども無かったような気もします。
昇格争いから脱落しかけた時期に、何もアクションを起こせなかったのはそのつけじゃないかと思っているのですが…

そして現在も次期監督選びに出遅れそうな気配。
監督は選手にリスクマネージメントの事を指導していましたが、どうもフロントはその辺りの感覚が不足しているのかもしれません。まあ、経営状況が状況だけに、そんな余裕すらないのかもしれませんが。
柳下監督で良いかどうかは別として、フロントと現場指揮官の監督の意思疎通が上手く行って無いような話が聞こえて来ているという事を考えると、やっぱりHFCフロントはもっとしっかりしないといけないなぁ…と。
こちらから続投要請してバックアップ出来ないんじゃ話になりませんから。

まあどちらにしても、今の路線を変更せずに指揮を執れるような監督を探すのは並大抵の苦労ではないでしょうね。
特に余り良い話のない今のチーム状況では。

せめて天皇杯は良い成績を残さないとね。



以上、とりとめの無いチラシの裏でした。
見当違いな事を書いていても目を瞑って見逃してください。所詮一市民の戯れ事ですし、何しろ書いている本人が途中からわけわからなくなってますので。

|

« 笠松 | トップページ | いい試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/12786627

この記事へのトラックバック一覧です: ヤンと愉快な仲間達:

« 笠松 | トップページ | いい試合 »