« ヤンと愉快な仲間達 | トップページ | 結局 »

2006年11月27日 (月)

いい試合

クラッシャーという渾名をつけられる奴は結構いるが、セレモニークラッシャーと言われる奴は多分殆どいないはず。
ごめんなさいね柏さん。
申し訳ない小宮山さん。

あと2試合で終わるJ2・2006年シーズン。
せめて悔いの残る試合にはなりませんようにと、映像機器がPCしかない仕事場で勝利…いや本気の試合…いや気迫のこもったプレー続出の試合をしてくれ…と念じながら情報遮断して帰宅。
早速録画した試合のセルフ録画中継をやって観た次第です。

兎にも角にも攻守が定期的に入れ替わる試合。
ただ攻撃の時間帯がコンサの方は段々短くなって行くのに対し、柏の方は徐々に試合を支配して行くと言った印象。
最初の失点は、「ああ…やられるな…」と言うような左の突破からの弾丸クロスに合わされた失点。だって抉ってPAに入るまでマーク付いてないんだもの。
頭あわせた選手も凄いけどね。
2失点目はうちらしい失点。
シュートのこぼれ球にチャンスを窺っていた選手が詰めて失点。
コンサの選手は何があったか判らなかったでしょうね。多分ボールウォッチャーにすらなっていなかった気がする。

でもそこからがセレモニークラッシャーたるコンサの底力。
後半10分13分と立て続けに得点を奪うや、勢いに乗った選手達は幸運すら味方に引きいれ、最後は「ミスター気合」又は「ミスター雄叫び」中山元気選手の勝ち越しゴール。
なんとなく今まで点を獲れず、その身体能力を活かせず燻っていた選手が活躍するのは楽しい。
でもシーズン通して発揮できないと意味が無いのさ。その力は。
去年第4クール固め打ちしたあのエロイ選手は出戻っちまったんですよ。その力を発揮できなかったから。
今活躍しても、シーズントータルで成績を見られるのがプロ選手。
フルコミの営業と違って固め取りで1年分稼ぐのは難しい。

それでも今シーズン最後のアウェイ。
ドキドキしっぱなしでした。

もう昇格もないのに。

でも、面白い試合と言うのは確かにありました。
がっぷり4つに組んだ試合。
昇格争いをしている柏との試合。
ナビスコ優勝チーム千葉との試合。

来年もこんな試合が観られるといいなぁ。

その前に、ホーム最終にして今シーズンのJ2最終戦の鳥栖戦では、今節のような試合を魅せて貰えるのでしょうか?

天皇杯も控えています。

後数試合。

今年のコンサもそれで見納めです。

AAJリーグFLASHではありませんが

このメンバーで過ごすのはあと1ヶ月弱。

悔いの残らないようにプレーして欲しい。

そう願うのみです。

|

« ヤンと愉快な仲間達 | トップページ | 結局 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/12850061

この記事へのトラックバック一覧です: いい試合:

« ヤンと愉快な仲間達 | トップページ | 結局 »