« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月27日 (月)

いい試合

クラッシャーという渾名をつけられる奴は結構いるが、セレモニークラッシャーと言われる奴は多分殆どいないはず。
ごめんなさいね柏さん。
申し訳ない小宮山さん。

あと2試合で終わるJ2・2006年シーズン。
せめて悔いの残る試合にはなりませんようにと、映像機器がPCしかない仕事場で勝利…いや本気の試合…いや気迫のこもったプレー続出の試合をしてくれ…と念じながら情報遮断して帰宅。
早速録画した試合のセルフ録画中継をやって観た次第です。

兎にも角にも攻守が定期的に入れ替わる試合。
ただ攻撃の時間帯がコンサの方は段々短くなって行くのに対し、柏の方は徐々に試合を支配して行くと言った印象。
最初の失点は、「ああ…やられるな…」と言うような左の突破からの弾丸クロスに合わされた失点。だって抉ってPAに入るまでマーク付いてないんだもの。
頭あわせた選手も凄いけどね。
2失点目はうちらしい失点。
シュートのこぼれ球にチャンスを窺っていた選手が詰めて失点。
コンサの選手は何があったか判らなかったでしょうね。多分ボールウォッチャーにすらなっていなかった気がする。

でもそこからがセレモニークラッシャーたるコンサの底力。
後半10分13分と立て続けに得点を奪うや、勢いに乗った選手達は幸運すら味方に引きいれ、最後は「ミスター気合」又は「ミスター雄叫び」中山元気選手の勝ち越しゴール。
なんとなく今まで点を獲れず、その身体能力を活かせず燻っていた選手が活躍するのは楽しい。
でもシーズン通して発揮できないと意味が無いのさ。その力は。
去年第4クール固め打ちしたあのエロイ選手は出戻っちまったんですよ。その力を発揮できなかったから。
今活躍しても、シーズントータルで成績を見られるのがプロ選手。
フルコミの営業と違って固め取りで1年分稼ぐのは難しい。

それでも今シーズン最後のアウェイ。
ドキドキしっぱなしでした。

もう昇格もないのに。

でも、面白い試合と言うのは確かにありました。
がっぷり4つに組んだ試合。
昇格争いをしている柏との試合。
ナビスコ優勝チーム千葉との試合。

来年もこんな試合が観られるといいなぁ。

その前に、ホーム最終にして今シーズンのJ2最終戦の鳥栖戦では、今節のような試合を魅せて貰えるのでしょうか?

天皇杯も控えています。

後数試合。

今年のコンサもそれで見納めです。

AAJリーグFLASHではありませんが

このメンバーで過ごすのはあと1ヶ月弱。

悔いの残らないようにプレーして欲しい。

そう願うのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

ヤンと愉快な仲間達

ということで、柳下監督今期限りで退任と言うニュースが飛び交ったイイ夫婦の日。
昨晩から情報から隔離されていたので、その情報を知ったのはリアップ兄さんからの連絡が最初でした。
正直今期限りだとは思ってましたのでショックと言うのはないのですが、やけにアッサリ決まったなぁ…と言う感じがしてなりません。

全てがグダグダのなか、緊縮財政で純日本人チーム、しかも有力選手が殆ど居らず、開幕直前に電撃移籍してしまう選手もいる中で、限りある資源を使い基礎作りから始め、最下位に沈んだ2004年。
少々の戦力補強、途中補強で一時は昇格争いに絡むも終盤で勝ちきれず、悔しい思いをした2005年。
そして3年目を迎え、ようやく基盤ができてきたかな・・・?、で強力な点獲り屋の加入でチーム得点は上位、それでも失点が多く勝ちきれない試合の多かったJ1昇格を見据えた今年。
3シーズン通して、正直監督の采配に「?」なところが多かったのは事実です。
試合以外での不祥事もあり心労もかなりのものだったでしょうし、選手もまだプロ意識の低い若手が多かったのも事実です。
それでも2003年のあの絶望的な状況から何とかここまでこれたのは、監督・選手・スタッフの努力があっての事だったと思います。

今思い返して観ると、我々サポーター(私がサポーター?と言う意見は置いておいてください)はチームに対してどれ位貢献できたのだろう?
そしてクラブを取りまとめるHFCフロントは、自分達の限界までチームをサポートできていたのだろうか?
そう思ってしまいました。

3年前。
クラブの財政が危機的状況で、もうこうするしかないと実行した5段階計画。
そのスタイルに共感してくれた柳下監督は、きっと何とかしようと自分の出来る事、チームの方針に従った指導をしてきたのだと思います。
実力相応の人気と言うものから程遠い、今の選手に対する一部のサポーターの態度・行動。それにより選手が勘違いしていると言うのは確かにあると思いますし、なるべくオダたない様に注意していたのは仕方のない事だったのかもしれません。
選手がサッカーに集中出来る環境にする為に、我々やHFCは何をできたのでしょうか?

サポーターは周りの人達を誘って、草の根運動で観客数を増やそうと努力しました。
クラブの支出を抑えるために、CVSでボランティアとして運営に携わる人もかなりの数いるでしょう。
正直、1サポーターができる事は限られています。
飽くまでも個人としてチームに関わるしかない以上仕方のない事です。
しかしHFCは会社です。
コンサドーレと言う商品を扱う企業です。
コンサドーレを利用して収益を上げる企業です。
そこで働いている人が努力をしていないとは言いません。
でも、個人でできない事も、企業ならできると言う事はまだまだありそうな気もします。
伝え聞いた話では、社員も薄給で働いているとの事。
ある人の話では「あれじゃモチベーションも上がらないよ」と言う事でしたが…

正直、普通の会社勤めしてきて今は半分個人事業主の私にしてみれば、そんな事言ってる奴がいるなら会社を辞めるべきだと思っています。給料安いのが不満なら、どうやれば給料あげられるか考えて欲しい。
そしてそういった社員に明確な指示を出して指揮を執れるような幹部じゃないなら、辞めてもらうべきだと思います。社員の努力の上に胡坐をかくような幹部は、あの規模の企業では毒にこそなれ薬にはなりません。
上だけじゃなく下の方を見て、少しでも社員に還元できるように図るのが企業に置ける幹部の仕事です。そして経営者が明確なビジョンを持っていなければ、その下にいる者も右往左往するだけです。
また明確なビジョンを持っていても、それを形にできる人材がいなくては話になりません。
そういった意味で今のHFCは、5段階計画と言う戦略を掲げているにもかかわらず、それを具体的な形にして舵取りできる人材と、自主的に実行できる社員が不足しているのだと思います。
代わりの人材が内部に居らず外部からも来ないと言う事であれば、5段階計画同様自前で育てるしかありません。
あの計画はチームだけではない、クラブ全体の計画として考えなければいけません。
もしかしたらその辺り、キチンと考えていないのか?と疑問に思います。

賛否両論ある昨年までいた水澤さんは、その辺りシビアに考えられる人だったのかもしれません。確かに失敗した事も多々ありましたが、私はHFCに風穴空けてくれる人がようやく来たか!と期待していました。
実際昨年は運営が色々攻撃的な作戦を練っていたのに、水澤さんが抜けた今年は締まりのない状態になっています。観客動員も何となく考えていたような感じです。明確な根拠がなく動員計画を立てていた気がします。
また上手く行かなかった時の代案なども無かったような気もします。
昇格争いから脱落しかけた時期に、何もアクションを起こせなかったのはそのつけじゃないかと思っているのですが…

そして現在も次期監督選びに出遅れそうな気配。
監督は選手にリスクマネージメントの事を指導していましたが、どうもフロントはその辺りの感覚が不足しているのかもしれません。まあ、経営状況が状況だけに、そんな余裕すらないのかもしれませんが。
柳下監督で良いかどうかは別として、フロントと現場指揮官の監督の意思疎通が上手く行って無いような話が聞こえて来ているという事を考えると、やっぱりHFCフロントはもっとしっかりしないといけないなぁ…と。
こちらから続投要請してバックアップ出来ないんじゃ話になりませんから。

まあどちらにしても、今の路線を変更せずに指揮を執れるような監督を探すのは並大抵の苦労ではないでしょうね。
特に余り良い話のない今のチーム状況では。

せめて天皇杯は良い成績を残さないとね。



以上、とりとめの無いチラシの裏でした。
見当違いな事を書いていても目を瞑って見逃してください。所詮一市民の戯れ事ですし、何しろ書いている本人が途中からわけわからなくなってますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

笠松

水戸戦勝っちゃいましたね。

試合当日は相変わらず仕事でリアルタイムで観れなかったのですが、まあその夜某所で観ることに成りまして。
観てはいたんですが、正直試合そっちのけで変に盛り上がってたせいか、局所的に覚えている程度と言う体たらく。
まあ、西澤選手のアレは止むを得なかったと言う事で。

それにしても西谷選手はイイですなぁ。
来季に向けて絶対に手放してはいけない選手、その一人ですね。
私個人の意見ですが、西谷選手、砂川選手、芳賀選手、大塚選手、西嶋選手、佐藤選手、石井選手、相川選手、上里選手、鈴木選手、藤田選手、西選手、セバスティアン選手、金子選手、林選手、上田選手、西澤選手、曽田選手…この辺りは絶対に確保した方が良いと思うんですなぁ。
レンタル組みのフッキ選手、加賀選手は相手の都合もあるので残留は結構厳しいと思いますし、千葉選手は正直現状で和波選手より下の評価なら別の意味で厳しいかなぁ。
高原選手も正直今の札幌では微妙かもしれません。キャラクター的には好きですが。まあ、GK4人体制にする気ならば残るような気もします。
池内選手は怪我の後、コンディションが思うように上がらないのでどうなのかなぁ。本人の気力次第だと思いますが…地元選手なので頑張って欲しいです。まあDFの枚数が足りなくなるので残る気もしますが。
来期の構想では27人程度の構成になるそうですし、既に新卒の内定が2人…
レンタル組みが全員いなくなったとしても2~3人の選手は確実に0円提示なわけで、現状で最有力候補と噂されているあの選手とかあの選手とか、どうなんでしょうかねぇ…

それにしても、相川選手。
ここ数試合点とってくれてますなぁ。
西谷選手のお膳立てがあるとは言え、確変時期に入ったのでしょうか?
願わくば覚醒したと思いたいですけど。

…前例があるからなぁ…

話変わって、先日の4周年祈念…もとい記念行事に参加した皆さん。
お疲れ様でした。
来年もできるといいでs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

え?今日試合あったの?

既に昨日の事ですがね。正直無かった事にしたいんですが。

こんな時刻に更新です。

まあ、タイトルは冗談として、予想通りの展開で正直どうしたものか…
砂川選手・大塚選手・西嶋選手が抜け、変わりに藤田選手・鈴木選手・和波選手がスタメン。
前節まで途中交代で入った藤田選手は結構良い動きでしたからこの布陣は妥当なものと思いました。でもやはり、途中出場で良いパフォーマンスだったから先発ってのは意外とアレだったのかなぁ…と言う出来。多分経験の差だと思うのですが、少々守備意識が高くなりすぎた感じで魅力であるはずの攻撃が今一でした。
鈴木選手も悪くは無かったんですが、大塚選手の穴は大きかったと痛感するような感じでした。確かに攻撃に移った時の能力は大塚選手以上だと思いますが、守備の際は久し振りの先発だった和波選手とのコンビネーションが余り良くなかったように思えます。
その和波選手ですが、やはりDFとしてよりも、相手の裏を付くWBかSBが一番能力を発揮するポジションなのかなぁ…と思う事数度。
運動量は多いのですが、DFとしての粘っこさが足りないと思うのです。身体を寄せて止めたり西澤選手みたいなキラーDFが出来るわけでもなく、高さが無いですからハイボールの競り合いを曽田選手のように出来るわけでもありませんし。せめて相手の動きを封じる事が出来れば良いんですが。足は速いですけど加賀選手みたいに瞬間的なスピードではありませんし、池内選手みたいにセットプレーで点がとれるかと言うとそうでもない(そもそも前線にはいません)。シュートは上手いんですがね…。
ただ、決定的な攻撃を防いだりする事も多いのでなんとも複雑なんですけど。
そう言う意味では西嶋選手も似た感じなのですが、読みが鋭いから上手く相手の先をとれる事が多いので無難にディフェンスできると言う能力があります。足元も上手いですし攻撃につなげる際、ボールのだしどころは結構判ってる感じですし。まあ、元々前線の選手でしたからそういった感覚は持ち併せているのでしょうけど。
和波選手を叩きたいわけじゃ無いんですが、なんか勿体無いなぁと言う気がしてならないのが正直なところ。出来うる事ならオーバーラップして中央に切れ込んで自らシュートを打つ、と言ったプレーを増やしてもらいたい所ですが…。

フッキ選手は周りを使わない癖が直らないとアレ以上伸びる事は無いような気がします。既に他チームはフッキ選手を抑える方法を学んでいますし。あとFKを蹴るのは余り積極的にやらないで欲しい。無理な位置からでも(本人は無理と思ってないのかも知れんが)狙っていくのはちょっと…。左足なら西谷選手の方がコントロールできる分いいです。いやフッキ選手も上手いFK蹴れるんですけど、距離が遠い時は他の選手に任せるとか、近くてもフェイクで違う選手が蹴るようにして相手を惑わすとかできるんじゃないかと。
多分そうした方が多く点を取れるよ。きっと。

と言う事で眠くなってきたので今回はこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

オーアイカワーアイカワーシーンヤー!

いやぁー
勝ちましたね。
しかも会心の試合でした。

JEF千葉はナビスコから4日と言う事で疲労が残ってたのか動きが今一でしたが、そこはそれ。ある意味コンサの目標となるチームですから、胸を借りるつもりで戦ったのが良かったのか。
前半からコンサのアクション&ムービングが炸裂し、最後の詰めは相変わらず甘いものの、JEFの選手は結構ひやりとしたんでは無いでしょうか?
間違い無く今期のベスト試合だと思う第1クールの湘南戦以上に痺れる試合でした。
気持ちで身体が動いていた、って感じですか。
JEFも前の選手が上手くコンサDFに掴まえられていたせいか、得意の追い抜きやパス回しが機能不全でしたね。巻選手が下がってボールを収めても、他の選手にはコンサの選手が纏わり付いて捌ききれていませんでした。
あと途中交代で入った藤田選手は、プレス自体は砂川選手よりも緩いもののいいポジショニングや飛び出しを見せてくれていました。残り試合は期待が持てそう。。。
佐藤選手も素晴しいセービングや飛び出しでした。確実に3点は防いでます。
最後の最後で石井選手がくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」でしたが、あれは多分フッキ選手の方がいい体制で打てそうと思ったのでしょう。最初から落とそうとしてましたし。
まあ、普段からあのようなプレーが多いのは確かですが、どこぞの誰かみたいなFWにはなって欲しくないぞぅ。もう少しああいう場面では積極的に狙って欲しいですね。
その前にもボールに置いてけぼり食って無理矢理シュートってのもありましたが、その辺り、もう少し精進する必要はありそうです。
流石に後半はJEFの押し込む時間が長くなりましたが、良く集中して守っていました。
守備でも迎え撃つ守備じゃなく、積極的な守備が目立ちました。
中盤の底に入った芳賀選手と大塚選手は効いていましたね。アレを見ると芳賀選手はやはりボランチ向きなのだろうかと考える事しきり。ただ依然魅せていたあの攻め上がりは、もう少し攻撃的なポジションに入ってやって欲しいんだけどなぁ。

それにしてもJEFの選手達は今日の試合をどう捉えたんでしょうか?
試合後のコメント見ても未だにコンサを嘗めているような、飽くまでも自分達の問題にしたいようなコメントが多かったですし(当然と言えば当然だが)、アマル監督にしても同様のニュアンスが伝わってきました。
よく、「強いチームが勝つんじゃない。勝ったチームが強いんだ。」と言う言葉を聞きますが、その辺りどう思ってるのかなと。
まあウチが強いチームだとは思っていませんが…今回はとにかく試合の条件が色々とコンサに有利だったのかな、と。

こんな試合が毎試合続いてくれれば、ドキがムネムネしっぱなしになってぶっ倒れるかもしれないけど、正直楽しく試合が観れるんだけどなぁ。
でもきっと次の愛媛戦では、グダグダな試合展開になるんだろうなぁ…。
土曜日すぐに試合だし。
でも今日の集中力を思い出して、例え相手がアマチュアであってもワールドクラスのクラブチームであっても、今日(書いているうちに日付が変わったので昨日)のような試合をして貰いたいものですなあ。




得点の事書いてませんが、やっぱり相川選手は天皇杯男なのね…と思った夜8時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »