« QBKってまだ流行ってるの? | トップページ | ACCESS COUNTER »

2006年9月11日 (月)

用事があってねぇ

試合をライブで観れなかったので今更更新ですよ。

正直勝つ可能性は少ないと見ていたのですが、前半の展開は正に予想通り。
ただし、唯一予想と違ったのは神戸の右に張っているパク選手をギリギリ抑えてた事。
西嶋選手が頑張ってました。
全体的にボールが落ち着かなく、上手くボールが手元に来てもキープしきれない状況で、数度の(絶体絶命の)ピンチを(ほぼ)林選手を中心に良く防いでました。
後半はハーフタイムでの修正があったのか、サイドに散らしたりして相手の両サイドをほぼ互角に近い状態にできていたんですが、途中でやっぱり戻ってしまいました。

それで今節の試合最大の痛恨事、失点に結びついたCKのシーン。
実はその前の相手陣内でのコンサボールのスローインが一連の基点になっていたのですが、あそこでボールを押さえられれば、その後のシュートに至る流れは断ち切れていたはず。最悪でもゴールキックになっていれば、カウンター気味に展開した(前略)→パク選手→(中略)→平瀬選手のプレーは無かったと思います。
それとスローインの際、あそこに加賀選手が上がっているのは良くある事ですが、その後のプレーで大塚選手が平瀬選手を離してしまってます。全員がボールサイドに集まってしまい、こちらから見て右サイド寄りをスルスル上がっていく平瀬選手はフリーでした。本来ならそこを守るべき加賀選手は前記の状態で戻ってきて中に絞っていましたので、大塚選手、又は芳賀選手(画面で確認できませんでしたが、芳賀選手は坪内選手に付いていたのではないかとと思います)が付いているべきなんですが、フリーでした。

それにしても今節は中盤が悪過ぎましたね。
鈴木選手は前節でのパフォーマンスが維持できていませんでしたし、両サイドは相手に制圧されて押し上げ出来ませんでしたし。寧ろ攻め込んで制圧してもらいたかったんですが、なにぶんいきなり受身になってしまったので。
大塚選手、鈴木選手の所でボールが落ち着かないと、その前にいる選手も動きようがありませんし、両サイドが押し込められたらコンサの生命線である西谷選手が活きません。それとDFの加賀選手、西嶋選手(こちらは稀ですが)のオーバーラップなども、サイドが上がれず中盤の底が不安定であれば出来ないでしょうから。
そして、偶にボールが収まったと思いきやショートパスをつないで、そのうちミスパスなどで逆襲を喰らい…

コンサが圧倒的なパフォーマンスを発揮していた試合、ボランチの位置からのサイドチェンジが頻繁に出ていました。
これは両サイドが上手く押し上げられていたからなのですが、この時は中盤でボールを上手くコントロールできていた試合です。それ以前に相手が手も足も出ないほど、こちらの効果的な運動も多かったのですが。
この試合では意識的にポジションチェンジやサイドチェンジをしていたので、相手も守備のポイントを絞りきれなかった記憶があります。確かに3バックのウイークポイントである両サイドの深い位置などは使われる事が多かったのですが、その前に相手のサイドの選手の位置が低くて攻撃が上手く行かなかったように覚えています。

どうも最近の試合を観ていると、選手が迷っている、又は意識のズレが見受けられてきます。自分達のやってる事に自信がないと言うか、約束事が無いと言うか…
「次へ次へ」と言う気持ちは大事ですが、どうも、何か忘れ物をしている気がします。
一旦良かった時の試合でも見返して、今と何が違うのか考えて見るのも良いのではないでしょうか。
と思った、試合を観た直後の感想でした。

え~…
鈴木選手の怪我は大丈夫なんでしょうかねぇ…
それと、上里選手はトップ下は厳しいんじゃないかなぁ…

|

« QBKってまだ流行ってるの? | トップページ | ACCESS COUNTER »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/11849698

この記事へのトラックバック一覧です: 用事があってねぇ:

« QBKってまだ流行ってるの? | トップページ | ACCESS COUNTER »