« ダメダコリャ | トップページ | 用事があってねぇ »

2006年9月 2日 (土)

QBKってまだ流行ってるの?

コンサドーレ札幌 0 vs 0 山形

前半から中盤でのボールのつなぎなどは良くいってたのに。
ラストパスの精度が悪かったですな。特に前半。
山形も中盤より前線でのプレスが多く、また最終ライン付近も堅かったってのもあるんですが(中盤は比較的人的優位をつくれていました)。
まさに前節と似たパターン。違いと言えば前線からのプレスくらい。

前半はお互い守備の意識が高く、シュートもろくに打てない状況で推移してましたが、両チームともここで勝ち点3が欲しいはず。後半は攻撃的になるだろうと思ったらその通りになったんですが…。

札幌は中盤で数的優位をつくってボールを奪い、細かく早くパスをつないで相手ゴール前へ。山形は中盤の底からサイド深くへと展開し早めに中央へのクロス。
と言うのが後半序盤の戦いだったような気がします。
その後は互いの中盤の運動量が多く、相手のミスをついては攻め上がり、ミスをしては走って返り…と忙しい試合展開に。
両チームとも決定的なチャンスを迎えるのですが、フィニッシャーが…
特に札幌のFW3人はチャンスを潰しすぎ。
前回の更新の際石井選手を褒めたのですが、今日に限って言えば「まだ」相川選手の方が良かった。若いせいかムラが多いのですなぁ…。
一部の選手からは「勝ちたい!」と言う気持ちが見えたのですが、ほんの一握り、そう言う気持ちの見えない選手がいたような気がします。気のせいであって欲しいんですけど。

それにしても中山選手は運がないと言うか…
もう少しスピードがあればなぁ…
 

今日一番萌えた燃えたのは、後半最後の方の西谷選手が左サイドを引っ掛けられながらもドリブルで突破して行ったシーン。
去年までの彼であれば、あの時間帯であの運動量は期待出来ませんでした。そして普通ならば途中で倒れてファールを貰おうとしていたはず。
それを必死の形相で駆け上がって行く姿。
 おとこ
です。

試合中も、ミスパスなんかで変なところにボールが行った時に、怒りの表情で出し手に吼えるシーンが多いのも西谷選手です。

あと鈴木選手なんですが、まだまだ足りないところはあるかもしれませんが、守備の方は結構及第点を上げて良いのではないでしょうか。攻撃になった時も、ムラッ気はありますが良い上がりしてる事や良い所にパスを通そうとする節がありますし。
願わくば、サイドチェンジの基点になって欲しいなぁ…と思う今日この頃。


さて次節は再びアウェーでヴィッセル神戸と試合です。
前回は…やめておきましょう。
とにかく前を見て。後ろを振り返って死んだ子の歳を数えるような真似はすまい。

でもこれだけは言いたい




気持ちが無ければ奇跡は起きません!

|

« ダメダコリャ | トップページ | 用事があってねぇ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/11733438

この記事へのトラックバック一覧です: QBKってまだ流行ってるの?:

« ダメダコリャ | トップページ | 用事があってねぇ »