« ACCESS COUNTER | トップページ | 候補でもお目でトウ »

2006年9月14日 (木)

水戸ちゃん その3

開始早々の鈴木選手の得点が無かったどうなっていただろう?と思っている方も多いでしょう。
何はともあれ勝ってよかった。正直勝てる気がしてなかったもので。

それにしても前半の良い時間帯の攻めは、いつかの湘南戦を見ているようでした。
ただ後半がねぇ…
勝ち試合と思って油断していたんだか何だか判りませんが、ちぐはぐな感じが漂ってるなぁ…と思ったら失点しました。
観ていてわかるんですよねぇ。失点するタイミングが。
「あー…これはずるずるシュート打たれるまで止めれないなー」
って思ってたらシュート打たれて、こぼれ球押し込まれて。
ナンダカンダ行ってやっぱり精神面が成長して無いと言うか、成長が遅いんかなー?って感じでした。あとチーム内の意思統一ですかね。どう見てもチグハグな時は動きが連動してませんから。選手間で「こうしたいから、ああしてくれ」っていうコミュニケーションを試合中にとってるんでしょうか?
いや、とってるんでしょうけどね。

まあ勝ち試合ではありましたが、勝ったからこそ引き締めなきゃいけない事があるわけで。ただ、いい時の試合運びがもう少し長い時間できるようになれば、第4クールは安心して観れますね。

そういえば今節は大塚選手のミスが目立ちました。水戸の監督が大塚選手をキーマンに上げ(それはまったく正しいと思う)、彼をマークする戦術を取ろうとして失敗した、と言うようなコメントをしていましたが、下がり気味に入っていた2ボランチ(と言うか鈴木選手が前目の縦の関係だった気がします)が上手く試合をコントロールしていました。それは良いのですが、大塚選手がボールを持った時に水戸の選手がやって来て、大塚選手がミスって奪われるといった光景が多発していました。
上手い下手と言うわけではなく、それが水戸の狙い目だったからと認識している訳ですが、鈴木選手がその状況を活かして(?)ボールを良く捌いてました。水戸としては、大塚選手にプレッシャーをかけボール供給役を絶った筈が引き篭られて、逆に鈴木選手に対するプレッシャーが甘くなり、元々パスセンスのある鈴木選手が上手く試合をコントロールしていた…と言うまことに皮肉な事になってしまったようです。まあ、鈴木選手も素晴しい!!という出来ではなかったんですが、関選手も本来の動きに近くなってきたようですし、加賀選手が守備に於いて獅子奮迅の活躍をしてくれていたので、守備の負担が減ったのが効果的だったのかもしれませんね。

それもごく限られた時間内での出来事でしたが。

さて次は対戦成績はなぜか札幌の方が分の良い仙台戦です。
ロペス選手が出場停止らしいですね。まあ、それよりもっと嫌な選手がいますけどね。
第4クールに突入し、いよいよ今年も追い込みの季節。
アナファイの人達も追い込みの季節。

清野選手はまだか。

|

« ACCESS COUNTER | トップページ | 候補でもお目でトウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/11898158

この記事へのトラックバック一覧です: 水戸ちゃん その3:

« ACCESS COUNTER | トップページ | 候補でもお目でトウ »