« 前回の更新で | トップページ | QBKってまだ流行ってるの? »

2006年8月26日 (土)

ダメダコリャ

J2リーグ リーグ戦 第36節
横浜FC戦試合結果

コンサドーレ札幌 VS 横浜FC 

今の時点ではオフィシャルの方は2-2の同点になっとります。

う~ん、正直勝てた試合。
既に私の中では怒りを通り越して、何か清々しいい思いです。

前半は上手くボールコントロールしてたんだけどねぇ。
特に横浜のプレッシャーがあまり強く感じなかった事もあるんですが、ボランチの2人が上手くボールに触れていました。
上里選手が先発と言う事で期待していたんですが、ポジション的に中途半端な感じがしましたね。どちらかと言うと2.5列目の選手って気がしてますんで、実際の所3ボランチっぽい感じでした。
結構試合中に消えてるかな?と思うところが多く感じましたね。

前半の得点シーンは加賀選手のいつものオーバーラップに加えて、相手の虚をついた上手いフェイントが効いてました。もちろんあの角度のない所から右足?でゴールを決めたところも見事と言うほかありません。
今シーズン見てて思うのは、「一人でできるもん」状態の得点感覚の優れた選手じゃなく、周りに上手く合わせられる得点感覚に優れた選手が居ればもっと点が取れてるかな?ってことでしょうか。
加賀選手のゴールシーンは確かに凄かったんですが、それより前それより後、あと一回り感覚の優れた選手がいれば2点は入っていたという事を考えてしまいます。
後はゴールに押し込めば…とか、あと5cm…いや1cm前に出ていれば…とか。直前までは上手く組み立てられているのにフィニッシュが…。
象徴的なのは2点目をとられる直前の藤田選手のセンタリングに合わせ損なった石井選手、というシーンでしょうかね。
石井選手は良い選手です。今日は相川選手と2人で上手くボールを収めて、その後の攻撃のリズムがとても良くなっていました。
ただ本能的に得点を奪うタイプ(脊椎で思考する)の選手じゃない気がします。周りも使えて自分も使われる(頭で考える)タイプで、もちろんポジショニングは良いのですが常にどんな体制からでも枠を狙えるタイプの選手では無い気がします。それでも今のFW陣ではフッキ選手の次に得点が期待できる選手なんですけどね。
あ、それと藤田選手は良い選手ですよ。キチンと育てばアタッカー陣では屈指のプレイヤーになる素質があると思っています。相手の嫌なところがわかってる節がありますし、スピードと綺麗なクロス、何よりも負けん気が強いらしいので、メンタル的に弱い我チームでは貴重な存在ですね。トップではあまりやっていないようですが、実はかなりのユーティリティプレイヤーでもありますし。

DFについては毎度の事なのであまり触れません。
ただ、千葉選手は予想以上に上手く対応してました。2失点目はどちらかというと2対1の守備に持ち込めなかった加賀選手の方に原因があるような気がします。まあ、前がかりになってるところだったので仕方が無いのかもしれません。今日出ていたDF陣ではアレモン選手を完璧に抑えるのは難しかったでしょうから。

正直昇格には絶望的な状況ではありますが、まだ3分の1残っていると思えばまだまだ諦めるわけにはいきませんね。

奇跡は起こそうと努力する事が大事ですから。

さあ、次節はAWAYで山形戦です。
思えば去年の今頃でしたか、上里選手が怪我をしたのは。
今年は暴雷風雨が来ない事を祈りましょう。

 

|

« 前回の更新で | トップページ | QBKってまだ流行ってるの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/11618955

この記事へのトラックバック一覧です: ダメダコリャ:

» [横浜FC]J2第36節 対コンサドーレ札幌@厚別 [ウタカタ ノ ヒビ]
横浜FCは、6位コンサドーレ札幌とアウェイ厚別の炎天下の中戦い、前半暑さから集中力を欠き先制されるも、後半アレモンの2得点で逆転勝利。苦しい試合を逆転勝利で飾って、ホームに戻ってくる横浜FC。順位こそ上位2チームも勝ったため変わりませんが、次は三ツ沢で神戸戦で... [続きを読む]

受信: 2006年8月26日 (土) 22時16分

« 前回の更新で | トップページ | QBKってまだ流行ってるの? »