« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月26日 (土)

ダメダコリャ

J2リーグ リーグ戦 第36節
横浜FC戦試合結果

コンサドーレ札幌 VS 横浜FC 

今の時点ではオフィシャルの方は2-2の同点になっとります。

う~ん、正直勝てた試合。
既に私の中では怒りを通り越して、何か清々しいい思いです。

前半は上手くボールコントロールしてたんだけどねぇ。
特に横浜のプレッシャーがあまり強く感じなかった事もあるんですが、ボランチの2人が上手くボールに触れていました。
上里選手が先発と言う事で期待していたんですが、ポジション的に中途半端な感じがしましたね。どちらかと言うと2.5列目の選手って気がしてますんで、実際の所3ボランチっぽい感じでした。
結構試合中に消えてるかな?と思うところが多く感じましたね。

前半の得点シーンは加賀選手のいつものオーバーラップに加えて、相手の虚をついた上手いフェイントが効いてました。もちろんあの角度のない所から右足?でゴールを決めたところも見事と言うほかありません。
今シーズン見てて思うのは、「一人でできるもん」状態の得点感覚の優れた選手じゃなく、周りに上手く合わせられる得点感覚に優れた選手が居ればもっと点が取れてるかな?ってことでしょうか。
加賀選手のゴールシーンは確かに凄かったんですが、それより前それより後、あと一回り感覚の優れた選手がいれば2点は入っていたという事を考えてしまいます。
後はゴールに押し込めば…とか、あと5cm…いや1cm前に出ていれば…とか。直前までは上手く組み立てられているのにフィニッシュが…。
象徴的なのは2点目をとられる直前の藤田選手のセンタリングに合わせ損なった石井選手、というシーンでしょうかね。
石井選手は良い選手です。今日は相川選手と2人で上手くボールを収めて、その後の攻撃のリズムがとても良くなっていました。
ただ本能的に得点を奪うタイプ(脊椎で思考する)の選手じゃない気がします。周りも使えて自分も使われる(頭で考える)タイプで、もちろんポジショニングは良いのですが常にどんな体制からでも枠を狙えるタイプの選手では無い気がします。それでも今のFW陣ではフッキ選手の次に得点が期待できる選手なんですけどね。
あ、それと藤田選手は良い選手ですよ。キチンと育てばアタッカー陣では屈指のプレイヤーになる素質があると思っています。相手の嫌なところがわかってる節がありますし、スピードと綺麗なクロス、何よりも負けん気が強いらしいので、メンタル的に弱い我チームでは貴重な存在ですね。トップではあまりやっていないようですが、実はかなりのユーティリティプレイヤーでもありますし。

DFについては毎度の事なのであまり触れません。
ただ、千葉選手は予想以上に上手く対応してました。2失点目はどちらかというと2対1の守備に持ち込めなかった加賀選手の方に原因があるような気がします。まあ、前がかりになってるところだったので仕方が無いのかもしれません。今日出ていたDF陣ではアレモン選手を完璧に抑えるのは難しかったでしょうから。

正直昇格には絶望的な状況ではありますが、まだ3分の1残っていると思えばまだまだ諦めるわけにはいきませんね。

奇跡は起こそうと努力する事が大事ですから。

さあ、次節はAWAYで山形戦です。
思えば去年の今頃でしたか、上里選手が怪我をしたのは。
今年は暴雷風雨が来ない事を祈りましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月21日 (月)

前回の更新で

再来週とかほざいてしまいましたが、試合は今週でした。
水曜試合無いし移動も無いからいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

あうあうあう・・・・

えー…まずは

コンサドーレ札幌  vs  仙台

前半40分 相川(札幌)
後半1分 チアゴネーヴィス(仙台)
後半41分 石井(札幌)

後半44分 上里(札幌)

とりあえず前半のゴールすかしでどうなるかと思って、西谷選手の技ありシュートに相川選手が身体を当てて自分のゴールにしてしまい「よっしゃーぁぁぁぁぁ!」とガッツポーズをとったのもつかの間、後半開始と同時にフッキ選手の黄色で「ああ…2試合出られんのか…」と思った直後に点入れられて、うああああああ…って感じで、砂川選手に代わって上里選手が入ってきて「よしよし…ガンバレよ!!」と思い、曽田選手が2枚目?の黄色で退場になり「あqwせdrftgyふじこlp;@:」と思いつつ、わがままプレーをし始めてたフッキ選手と石井選手が交代し「え?…マジで!?」と一瞬監督の考えてる事がわからなくもなかったけど点どうやってとるんだよ…と思ったのもつかの間、鈴木選手→上里選手のクロス(正確さ和波選手の数倍)→石井選手のヘディング→ゴールの流れに「くぁwせdrftgyふじこlp;@:」(×2)となって、上里選手のカットからドリブルそしてミドルシュート→ゴール!!で感極まってしまいました。

いやいや…久し振りの勝利ですよ奥さん!!(だれだよ)

まあ、何にせよ10人になってからの方強いんじゃね?って感じで点が入って行きました。まあ、選手間の危機感が増幅されるから動かざるを得なくなって、その結果ポジションが崩れて相手が対応しづらくなったってのはあるかもしれません。
あとフッキ選手が下がった事により仙台の選手が抑えどころを見失って、その隙を付いた攻撃で上手い具合に入ったという事を語ってる人もいました。
でも交代で入った若い2人が絡んで点を取れた事。特に重要な得点源であるフッキ選手不在で2点をとれた事は大きいのかも。
ただ今日は、あの状況でフッキ選手を下げ後半の割と早いタイミングで砂川選手を下げた監督の采配が的中したとだけ言っておきたい。正直私ならフッキ選手を下げる勇気があったかどうかあやしいですから。
やっぱりプロの監督なのだなと思いました。まるっきり素人のヤツが口を出すもんじゃないね。
前回の更新で罵倒した事を深く陳謝いたします。

でも面白頑固一徹采配はまたこの後も続くんだろうなぁ…

さて来週は休養を貰って、再来週は再び厚別で横浜FCを迎え撃ちます。
前回の対戦は曽田選手の劇的なロスタイムヘディングゴールで勝っていますが、その曽田選手が有給休暇、FWもフッキ選手が何度目かの2試合出場停止です。
そろそろDFの遣り繰りが苦しくなってきましたね。ユーティリティーな西嶋選手がいて助かったなぁ…と思う今日この頃。
FWは恐らく中山選手が入ってくるでしょう。
秘密特訓をしていると言う噂の清野選手はいつ出てくるんでしょうか?
やっぱり第4クールで爆発させる気か?

そして、恐らくまた暫く更新が止まる事になるかも知れないかも知れない…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

ようやく代表らしく…感想は素人意見で

ちょっと退屈な試合になるなぁ…なんて思ってたんです。
ただ羽生選手が入って中盤に動きが出てくると、それまで停滞していた動きが変わりました。
アクセントが付いた感じですかね。
嵩にかかって攻撃していた前半は確かに頑張っていた感じは受けたんですが、大きな展開が見られなかったし田中達也選手が前を向いてプレーするスペースが無かったり、イエメンがガッチリ引いてきたんで混乱させる為(?)、さんとす選手と遠藤選手がポジションチェンジしたり、とぅーりお選手が上がって行ったくらいしか記憶にありません。
要するにムービングが少なかったんですね。小手先の技はあまり効果なかった感じ。
それが羽生選手が入ってから劇的に変わったように見えました。とにかくワイドに動く。それも効果的な位置で動く。走る。
例えば…加地選手がPA手前で倒されたシーンなんかはいい例ではないかと。
加地選手が真ん中に切れ込む直前、2列目(3列目?)のポジションのはずの羽生選手が右サイドにイエメンの選手(多分ボランチ)を引き連れて動いてスペースを空けていました。
バイタルエリアにぽっかりと空いたスペース。
そこに加地選手が走りこんでいたんですね。前半はイエメンの選手がウジャウジャいて、中央は殆ど使えませんでした。
その時は加地選手でしたが、上手く使えば鈴木選手やとぅーりお選手、阿部選手も連動した動きでその場所を使えるでしょう。FWだって少し下がってボールを捌く事が出来るかもしれません。余裕を持ってシュートも打てるでしょう。
まあそれだけじゃないんですが、ボールの引き出し方とかもやっぱり上手かった。ただ動いてるだけじゃああいう事は出来ませんよね。

例を上げたから書くわけじゃないですけど、引いて守ってくるチームに対しどんな攻撃をしたら良いのか。良い見本が見れたと思います。
で、それを実行するにはどうすれば良いのか?
オシム監督が言っていた、90分間頭を使って動く。走る。ボールを動かす。だと思います。

…コンサは3年前から同じような事(しようと)してるんだけどね。
だって、オシム監督の言う事って、前からコンサが掲げてる
アクション&ムービング
そのままじゃないですか。
まあ、それが出来ていれば今頃この順位じゃないでしょうけど(ついでに、このサッカーが出来ていればジェフも常勝チームになってますわいな)。

口で言うのは簡単だけど、実際やるのは難しいサッカー。

やっぱ選手の質が問題なのかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

さて…

ちょっとねぇ…
いや、ちょっとどころじゃなくってねぇ…



お前ら勝つ気あんのか!?


監督含めて



何ですか今日の試合は。
最高にグダグダ。

前半で1点とられて、後半はまず点を取りに行かないと行けなかったんだろうが!
前半アレだけボールも人も動かなかったのに、その状況で勝てるとお思いでしたか監督!?
確かにハーフタイムで立ち直る事もあるだろうけど、それでも10分も試合してたらわかるだろうに。攻撃殆どDFの前で止められてるじゃん!
そこまで行かない事も多かったけど。

確かに愛媛の方が運動量多かったし、選手全員が同じ絵を描いていたから攻撃の組み立て・守備のポジショニング・連携、全て上回っててポゼッションもろくに出来ない状況だった。芝も酷い状況だったし、審判も悪かった。
でも一番悪かったのは選手と、その選手をアグレッシブに使えなかった監督じゃい!
パスをつなげるのが難しいならスピードのある選手(藤田選手)を入れて裏狙うとか、シュート力ある選手(上里選手)に積極的にミドル狙わせるとか、高さのある選手(曽田選手)を前線に入れてパワープレーするとか色々出来たじゃないか!

他にもいっぱい思ってた事あるけど、余りにも頭にきて忘れてしまった。

とにかくもうこんな試合はやめてくれ。
いい加減監督も選手も目を覚ましてくれ。
今年は結果を求められてるんだぞ!?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

試合前々日

まあ、徳島戦の結果は触れません。ガッカリしたから。
って言うか本当は観てません。ごめんなさい。

さて今節は中4日の金曜開催で愛媛戦ですよ。
愛媛と言えば、前節ヴェルディを4-1で下した『あの』チームです。
まあウチも以前4-0で勝ってますから大差無いと言えばそれまでですが、愛媛は苦手としているのもウチのチーム。前回は勝ってますが。
やっぱり走って来る元気のいいチームは苦手ですなぁ。
しかも今コンサは主力が櫛の歯が欠ける様に離脱中と言う惨状。どうするんだ?

ああ、あと代表戦。
フレッシュなメムバーで結構楽しめました。
それにしても3鳥栖選手は今までが嘘のような動きを見せてた気がします。まあトリニダードトバゴの動きが今一だったせいもあるでしょうが。
やっぱり、相手の動きが改善された後半は微妙でしたけどね。
それにしても代表戦でもトイレに行くかオシム監督…

そしてテレ朝(+TBS)はサッカー中継しないでくれ。激しく聞き辛い実況と野次のような解説はいらんから。日テレも巨塵戦慣れしすぎで実況が野球チック。ローカルだと公ヒコも実況下手だからやめて欲しい。
やっぱり町田アナがいいなぁ…西岡さんとか。

あ、川合ちゃん解説は本業じゃないから野次はOK

と言う事で、明後日はどうなる事か…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »