« ドキドキした | トップページ | 試合前々日 »

2006年7月29日 (土)

試合直後

結果を書くのも憚れるが…

コンサドーレ札幌 1 vs 5 湘南ベルマーレ

小さいって?
そりゃ、こんな恥ずかしい試合したら大きく出来ませんって。

試合は序盤はコンサペース。しかし最後では湘南の選手が身体を張って守る&相変わらずのフッキ選手への集中攻撃でチャンスをなかなかつかめないと言う展開。
そのうちに千葉選手がミスから焦ったのかファールをしてしまい、湘南にFKを与えてしまう。
この試合、最初の得点がJ2リーグ5000得点目と言うメモリアルゴールだったのでできればコンサの選手にとって貰いたいところでしたが…
このFKの際に、PA内で曽田選手が相手を倒したとしてPKが湘南に与えられてしまいます。
そしてサポーターの祈りも届かず、アジエル選手が先制点となるメモリアルPKを決め0-1。
この辺りではまだ勝機はありました。

しかし…

右サイドで芳賀選手がミスしてボールを奪われ、そのまま湘南佐藤選手の素晴しいミドルが決まり0-2。
まだ大丈夫。ここ数試合は2得点できてるんだから…と信じて試合を観ていましたが、その辺りから湘南の動きが軽くなり、札幌はDFラインでボールを回していてもプレスをかけられるような始末。そしてラインが上げられないまま、中盤でボールを持った選手に湘南選手が次々と群がり、間延びしてしまったポジションでは選手相互の連携も分断されて上手く行かず、さらにミスが多発してボールを奪われる最悪の展開が続きます。
そしてそのまま前半終了。
ハーフタイムで立てなおせるかと思いきや、湘南は前半と同じかそれ以上のペースで動き回ってなかなか湘南ハーフへとボールを運べません。結局グダグダなうちに後半立ち上がり直後の48分に3失点目。
そしてその10分後にも4失点目と、観てるこっちがガッカリする試合。
その後フッキの個人技(というか意地)から1点を何とか取り返すものの、5失点目を喫して勝負あり。

選手の挨拶の際にピッチに降りてしまったサポ(っていうか、それやっちゃいかんて)も出る始末。それ位観るところの無いつまらない試合でした。
まあ、審判に関しては解説の野々村氏も言ってたようにどうしようもない審判だったのですが、それはお互い様ですから理由になりません。と言っても多少接触しただけで笛吹いたり、アドバンテージをとって然るべきシーンで笛吹いて止めたり、少々プレースの位置がずれていると笛吹いて修正させたり、そもそもその笛がえらい遅いタイミングで吹かれたりと、とんでもなくストレスの溜まる審判だったのは確かです。これはどちらのチームのサポでも感じたんじゃ無いでしょうか。特に負けている札幌の選手は激しく行ってでもボールを奪いたかったはずで、その出鼻をくじかれてしまったのは否めないかも。

それ抜きでも酷すぎでしたけどね。

という訳で怒り心頭のため良くわからない更新になりましたが、少し落ち着いたら他の感想も書こうと思います。

以上

|

« ドキドキした | トップページ | 試合前々日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/11141017

この記事へのトラックバック一覧です: 試合直後:

« ドキドキした | トップページ | 試合前々日 »