« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

試合直後

結果を書くのも憚れるが…

コンサドーレ札幌 1 vs 5 湘南ベルマーレ

小さいって?
そりゃ、こんな恥ずかしい試合したら大きく出来ませんって。

試合は序盤はコンサペース。しかし最後では湘南の選手が身体を張って守る&相変わらずのフッキ選手への集中攻撃でチャンスをなかなかつかめないと言う展開。
そのうちに千葉選手がミスから焦ったのかファールをしてしまい、湘南にFKを与えてしまう。
この試合、最初の得点がJ2リーグ5000得点目と言うメモリアルゴールだったのでできればコンサの選手にとって貰いたいところでしたが…
このFKの際に、PA内で曽田選手が相手を倒したとしてPKが湘南に与えられてしまいます。
そしてサポーターの祈りも届かず、アジエル選手が先制点となるメモリアルPKを決め0-1。
この辺りではまだ勝機はありました。

しかし…

右サイドで芳賀選手がミスしてボールを奪われ、そのまま湘南佐藤選手の素晴しいミドルが決まり0-2。
まだ大丈夫。ここ数試合は2得点できてるんだから…と信じて試合を観ていましたが、その辺りから湘南の動きが軽くなり、札幌はDFラインでボールを回していてもプレスをかけられるような始末。そしてラインが上げられないまま、中盤でボールを持った選手に湘南選手が次々と群がり、間延びしてしまったポジションでは選手相互の連携も分断されて上手く行かず、さらにミスが多発してボールを奪われる最悪の展開が続きます。
そしてそのまま前半終了。
ハーフタイムで立てなおせるかと思いきや、湘南は前半と同じかそれ以上のペースで動き回ってなかなか湘南ハーフへとボールを運べません。結局グダグダなうちに後半立ち上がり直後の48分に3失点目。
そしてその10分後にも4失点目と、観てるこっちがガッカリする試合。
その後フッキの個人技(というか意地)から1点を何とか取り返すものの、5失点目を喫して勝負あり。

選手の挨拶の際にピッチに降りてしまったサポ(っていうか、それやっちゃいかんて)も出る始末。それ位観るところの無いつまらない試合でした。
まあ、審判に関しては解説の野々村氏も言ってたようにどうしようもない審判だったのですが、それはお互い様ですから理由になりません。と言っても多少接触しただけで笛吹いたり、アドバンテージをとって然るべきシーンで笛吹いて止めたり、少々プレースの位置がずれていると笛吹いて修正させたり、そもそもその笛がえらい遅いタイミングで吹かれたりと、とんでもなくストレスの溜まる審判だったのは確かです。これはどちらのチームのサポでも感じたんじゃ無いでしょうか。特に負けている札幌の選手は激しく行ってでもボールを奪いたかったはずで、その出鼻をくじかれてしまったのは否めないかも。

それ抜きでも酷すぎでしたけどね。

という訳で怒り心頭のため良くわからない更新になりましたが、少し落ち着いたら他の感想も書こうと思います。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

ドキドキした

J2リーグ リーグ戦 第30節
東京ヴェルディ1969戦試合結果

コンサドーレ札幌 2 VS 1 東京ヴェルディ1969

いやぁ~…どうなるかと思いました。
何しろ復帰すると思ったフッキ選手(シャレじゃないです)が怪我して出られなくて点取れるのかなぁ?何て思っていた物で。中山選手ごめんなさい。ここ2試合の活躍ぶりには素直に頭を下げます。
でもやっぱり足がおsい

試合は前半にCKから”中山選手のヘディング”で1点。
その後前半終了間際に海本選手に1点決められると言う嫌な展開。
特に前半は両チームともに動きの悪い中ヴェルディにキープされる時間が長く、特にゼ=ルイス選手、マルクス選手の所にボールが収まったら非常にいい所にパスを出したりしてたんで戦々恐々としておりました。齋藤選手なんかは非常に怖い選手でしたし。
それでも相手のミスなんかにも救われ、1点以上の失点は何とか防げました。それで後半のあのゴールが活きました。
後半、右サイドで砂川選手・加賀選手(?)のパス交換のあと砂川選手がクロスを入れ、そのボールをヴェルディのDFが前に弾き返したところに走りこんで来た”塾長"大塚選手が渾身の左足ミドルシュート!
ボールは狙い違えずにゴールポスト左上に突き刺さりコンサは勝ち越しに成功します。
このシュート、解説やスポ新で書かれてましたが30mはあったらしい…
これで勢い付き徐々にペースを掴んだかに見えたのですが、ヴェルディも必死です。やっぱり試合はヴェルディがボールをキープする時間が長くなり、コンサの攻撃は単発のカウンター気味のモノだけになって行きました。
それでもハーフタイムでの修正が効いたのか、後半のコンサの守備はギリギリのところでしたがヴェルディの攻撃の芽を次々と潰して行きます。前回対戦した時のように縦へのスピードがあまり無いヴェルディは苦戦を強いられているように見えました。
そしてコンサの選手達にはヴェルディに『走り勝つ』という意識がハッキリ見えていました。
とにかく寄せが早いので横パス主体になったヴェルディは、コンサを圧倒的に上回っている個人能力で何とか攻めているような感じです。
ただ見ているこっちは前節草津戦の悪夢を再現しないようにと、祈りながらの観戦でしたが。

結局試合はそのまま2-1でコンサの勝利。
フッキ選手不在で難敵ヴェルディを下し5位に浮上しました。
(ちなみに前回の対戦では4-0、フッキ選手の2ゴールもあって勝ってます)
ここ2試合は苦戦続きでしたので、この勝利は大きい。
特に絶対的な点取り屋や、昨年のチーム得点王にしてDF得点記録を塗り替えた池内選手不在でもセットプレーで点を取れる様になったのは心強い限りです。
ただ、前半見せたような相手中盤に対しての緩いディフェンスなどの修正は必要です。
あと左サイドの裏側は大きな穴かなぁ。
池内選手にしても千葉選手にしても、裏を取られやすいですから。(西谷選手が出てる時は特に)

さて次節は前回負けた湘南が相手です。って、今月2回目の対戦ですね。
フッキ選手は復帰するのか?(シャレじゃないです
同じような負けは出来ません。っていうかこれ以上負けたら3位争いにも食い込めません。
緊張感を持って尚且つベストのプレーが出来るよう期待してます。

話は変わり…
なでしこは残念でしたね。
なんとなく調子が良いのになかなか点が取れなかった時のコンサと被りました。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

こんな夜中に

ふと思った事をつらつらと。

今年補強した選手で、戦力になってるのはフッキ選手と大塚選手、芳賀選手と関選手位のような気がした。藤田選手はユースからの昇格だからあえて補強とは言わないで置きますが。(千葉選手は?と聞こえそうですが、彼は積極的に使おうと思う選手じゃない気がします)
先に上げた4人は即戦力どころかチームの中心選手として期待されていましたが、関選手以外は確かにその通りでしてこの辺はまあ良かったかなと。

それにしても関選手なんですが、水戸時代のプレーを観てたら(コンサとの対戦のみですが)結構ゴール前とかにも顔を出してるんですよ。結構嫌なスペースに走りこんでたり。
コンサに来てからめっきり少なくなりましたね、そう言うプレー。
結構叩かれてる関選手ですが、そういったプレーが出来なくなってるのかチーム戦術の関係なのか、なんか勿体無いなぁと思う事しきりで。まあ、タイプ的には使われるタイプの選手だと思いますので、西谷選手か上里選手、調子のいい時の鈴木選手がいて、ポジションもトップ下と言うより右サイドかシャドー的な位置に入ればまた違った関選手を見れるような気がします。

あと、昨年から在籍している選手で本当に危機感持ってやってる選手が何人いるのかと、ふと思いまして。試合見てると砂川選手・西谷選手・金子選手は戦う気持ちを出してるように見えますね。コレじゃあ遺憾!!って感じで。
最 近は石井選手がフッキ選手の抜けた穴を埋めようともがいている感じで、プレーの質の方も段々良くなってきてます。少なくとも先日の相川選手や中山選手は、 彼の成長を見て思う事があるはずなんですけどね。要求される内容が違うにしても、今のコンサは前線でボールをキープしてなんぼのサッカーやる事が多いんだ から。いまボールがキチンと収まるのがフッキ選手と石井選手だけってのはちょっと考え物です。

まあ、チラ裏の妄想ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

ホントにもう…

J2リーグ リーグ戦 第29節
ザスパ草津戦試合結果

 

コンサドーレ札幌  VS   ザスパ草津

何やってるんでしょうかうちのチームは…
前節最悪の出来だったから少しはマシかと思いきや、まず西谷選手の離脱によって左サイドには攻撃守備両方に迫力不足の和波選手が。前線にはまったく競り合いが出来なくなった相川選手が前節の中山選手に代わり入り、右サイドには芳賀選手の有給により太陽光の反射がまぶしい関選手が、ボランチには西嶋選手に代わり塾長大塚選手が、池内選手の負傷(?)により守備力はあまり変わらないが得点力が落ちる千葉選手が左のCBに入って前節から半分の選手が入れ替わりました。
とりあえず前半はコイン鳥栖トスに負けて風上に立ったコンサドーレ。厚別特有の強風に戸惑いながらも攻め込みますが、草津の身体を張ったディフェンスなどの気持ちのこもったプレーで無得点に抑えられてしまいました。
そして試合が動いたのは後半立ち上がり直後。
草津中井選手の放り込んだボールを林選手が対応を誤り、ボールは誰も触れぬままゴールマウスへ…
とり合えず今日の林選手の出来は悪かった。何か心ここに在らずと言ったプレーが目立ちました。何か心に問題を抱えているのでしょうかね。
兎も角これで点を獲りに行かなければならなくなったコンサドーレ。しかしながら草津は前半の4-4-2から鳥居塚選手をリベロ的に置く3-5-2にフォーメーションを変え、中盤を厚くして高めの位置から恕等のプレッシャーをかけてきました。
それでもボランチの辺りでポゼッションしながら攻め込み、石井選手がPA内で倒されPKget!
これを砂川選手がキッチリ決めて同点に。
この辺りからコンサのエンジンがようやく廻り始めますが、草津の必死のディフェンス&コンサの『シュートが枠に跳ばない病』が併発しそのまま後半の終盤。
まったく良い所の無かった相川選手に代わって投入された藤田選手が粘ってボールを奪い、そのボールが繋がって金子選手と交代した上里選手に。上里選手から放たれた速いクロスはゴール前のこれも石井選手と交代した中山選手の頭にドンピシャ。
途中交代の選手達の頑張りで遂に勝ち越すことに成功。
そして残り時間はロスタイムのみ。
誰もが 「勝った…!」 と思ったでしょう。
しかし思い出してください。
コンサはロスタイムで3失点するチームです。油断していけない事は分かってた筈でした…

ロスタイム。
草津に与えたセットプレーのチャンス。

そして…

いつも通りの失点…orz

  _, ,._
(;´Д`)
オマエラナニヲヤットルンジャイ!!

…とまあこんな感じでした。

いくらベストメンバーに程遠い面子とは言え、この時期にバックアップメンバーがこの状態じゃあ昇格争いから脱落しても仕方が無いかな…と挫けそうになる試合です。
特に和波選手と相川選手。この2人が攻撃のリズムを崩していました。
相川選手はとにかく潰されすぎだしボールが収まらない。去年なんかはもっと上手くポストプレー出来てたのにねぇ。今なら確かに中山選手の方が上かも知れん。和波選手はもっと自分で縦に切り込んだ方が良いんじゃなかったかなと。守備もなんだか中途半端なものでしたし。
大塚選手もアグレッシブなプレーを見せられず、あまり本調子では無い様子。
逆に関選手は右サイドで結構良い動きを見せていました。最終ラインまで下がってのカバーを何度もやってましたね。

それでも2点獲ってる事は評価できるでしょうが、やはり常々言ってる様にディフェンスの問題点は早急に修正が必要ですね。
特にミスから失点するといった所は何とかしてもらいたい。

そして

今シーズン終了後には大鉈が振るわれる予感。


さて次節は前回快勝した東京ヴェルディ1969戦です。
フッキ選手、芳賀選手が戻ってくるので恐らく右サイドと前線の収まりは良くなるはず。
西谷選手が間に合えば、攻撃に関しての問題点はほぼ解消されるでしょう。
しかし守備に関してはどうなんだろう?
ここのところ東京Vも調子を上げてきてます。マルクス選手、ゼ・ルイス選手と言う攻撃的な外人と平本選手などの得点感覚に優れた選手がいます。守備の建て直しをしっかりしてくださいとお願いするしかないのが切ないのですが…

とりあえず勝ち点3を積み重ねて行ってくれ!

あ…平本選手は出停か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

もうね…何て言ったr(ry

いやぁ、半月以上も放置してしまいました。
その間に我コンサは地獄と天国(ヘル&ヘブン)喰らってますしねぇ…

愛媛戦、柏戦は内容はあまり褒められたものじゃなかったのですが、とにかく今は勝ち点3を獲るのが求められている事を考えれば上手く行きすぎ。特に柏戦はね。
両方とも退場者を出し、苦しい展開のはずがアラ不思議。って感じでしたが。
でもフッキの2枚目は無いんじゃないでしょうかね?
あれでカード出てたら試合デキネーって。

で、迎えた鳥栖戦は今期最悪の出来。                  らしいです。

敗戦のショックでまだ観て無いんですなぁ。観る気が起きない。

色々見てまわって見ると、この時期の敗戦の理由によく『気候の差』を上げる人がいますが、それは北海道にチームを作っている段階でわかってる事。対策をとればそんなにひどい事にはならないはずです。
相手チームは移動が無いとは言えそんな酷暑の中で練習してるんです。理由に出来ますか?
もし将来、琉球辺りがJに昇格してきたらもっと酷い事になるんじゃない?
チームスタッフ・フロント共にそういったコンディション調整について真剣に考えて無いんじゃない!?
そう考えてしまっても仕方が無い結果です。
実際はチームスタッフ・フロント共にキチンとやってるとは思いますが。
まあ、今回の結果は実力ままって事も考えられるんですがね…
だったら前節までの恕等の勢いはなんだったのかと。そうも考えてしまいます。

もう良くわからんわ…

さて、次節はホームに草津を迎えての試合。
着実に力を付けつつある草津に対して、ここの所まったく安定感のない我コンサドーレ”ジェットコースター"は如何なる試合を観せてくれるのか。
草津に対札幌初勝利を献上してしまうのか?
フッキ選手・芳賀選手の抜けた穴は埋まるのか?
西谷選手の調子は?
不安ありまくりのDFラインは誰が担うのか?
大塚選手は復帰できるのか?
いつ出てくるんだ清野選手と岡田選手。
等など見所満載でお送りします。


どういう手段でもいいから勝ってくれよ…
お願いだから…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

連敗ストッパー

J2リーグ リーグ戦 第25節
湘南ベルマーレ戦試合結果

コンサドーレ札幌 1 VS  2 湘南ベルマーレ

なんでしょうか…
すっかりネタチーム化しつつありますが…

前節とはうって変わって選手達の動きが悪い事悪い事…
それでもゲームを支配している時間帯はかなりあったんですが、中盤で厳しくできないと言う癖が再発し徐々に湘南にペースを握られると言う展開。
思えば前半15~30分頃に1点決められれば流れは変わったのでしょうが、何せ今日の3闘神(フッキ選手・西谷選手・砂川選手)のうち砂川選手は病み上がりのためか今一の出来。
また中盤の底、西嶋選手・金子選手も運動量はあるものの、なかなか寄せきれず。
1点目はあのタイミングで出されたらどうしようもないと言う感じでしたから100歩譲って仕方が無いとしても、2点目はまずサイドのボールの出所を押さえられなかった金子選手・芳賀選手・加賀選手の連携が悪かった様に思います。その後の池内選手の守備も相変わらず…。裏をとった相手選手を褒めればいいのかとられた池内選手のミスなのか。

あと、交代で入った3人はまったくと言ってよい程機能しませんでした。
正直負けないことを考えるなら藤田選手辺りを投入した方が相手には脅威だったのではないでしょうか?
確かに運動量の落ちてきた西谷選手を活用する為の守備も見込めもともと運動量の多い和波選手、関選手は一つの手であったと思います。関選手は先日のサテライト戦でもゴールを決め、練習では病欠した砂川選手の変わりに2列目に入っていたようですし。
ただ、スペースやPA内にドリブルで仕掛けられる上に、コンサの中ではまともなクロスを上げられる藤田選手は試合終盤で切るカードとしてかなり魅力があったように思えます。
特に石井選手・砂川選手が交代で下がって中盤の繋ぎがほぼ出来ない状況(それを防ぐために関選手は投入されたんじゃないのか?)で、中山選手の高さ(終盤では曽田選手も)を活かそうと思えば投入しても良かったんじゃないかと。実際最後の方で大作戦を仕掛けてたみたいでしたし。って言うか中山選手より曽田選手の方が競り合いに強いしポストできるんじゃ…(まあ元々FWですし)。
それにしても中山選手、前節では良い動きをしてたのにねぇ…

さて気を取り直して…次節はホームに愛媛FCを迎えます。
下位とは言え、今節も下位との対戦での敗戦だったので選手達に慢心はないと思いますが、万が一…いや50:50くらいの気持ちで緊張感を持って戦って欲しい。
コンサより下位のチームは無いと言う気持ちで。
1戦1勝を目標に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »