« いやいやいや・・・ | トップページ | わーるど杯とJ2 »

2006年6月13日 (火)

コンサは勝った

物凄くラッキーでしたが…
正直内容は良いものではなかったのですが、後半盛り返して4-2と言う結果は、審判がアレだったことを差し引いても良かったのではないでしょうか。
それにしても砂川選手のランニングが非常に効いていた試合でした。他の選手が連動して動けばもっと良い結果になったかもしれません。
ただやはり中盤のプレッシャーが弱いところがあって、パスの基点に対するプレスが殆どなかったのは以前の試合と変わらなかったような…
それが原因の失点も減りませんなぁ…
金子選手は素人目に見て良かったような気がします。
ボールのないところでの動き(世間ではオフザボールの動きと言うらしい)で相手のボールの出し所をコントロールできてたように見受けられました。これは鈴木選手が見習って欲しい動きですね。
ただし攻撃に移った時のパスは鈴木選手の方が良く見えます。一長一短ってところでしょうか。
ただ、今のコンサには金子選手のようなプレイヤーの方があっているのかも知れません。

で、先程日本代表の試合を観ましたが…
腹立ててます。
何であの状況で小野選手を入れたのか…
あそこは攻撃に行って追加点をとるか、それとも1点を守って行くかハッキリさせた方が良かったのでは?と。
後半に入ってからずっと
「大黒か玉田…大黒か玉田…大黒か玉田…大黒か玉田…」
と思いながら試合を観ていました。
前がかりに来てるオーストラリアは完全に日本の作戦通りに動いていたんではないかと。
で、相手のバックラインはどうしても前に上がってくるんだから、その裏をつく選手を投入して追加点をとり安全圏に逃げるのが王道だと思ってるんですが。
それで相手のラインが下がれば前線は点を取りに来て上がったままになるはずなので、薄くなった中盤でもっと楽にボールをキープして試合を運べたんじゃないかと。
もし守備を固めるんなら小野選手ではなく稲本選手か遠藤選手、中田(コ)選手を入れればいい話ですし。
小野選手を中盤の底に入れるのはどっちつかずの采配だったのでは?
あそこで打った手が完全に裏目に出たのが今日の試合だったと思う次第です。

それにしても勝てた試合でしたなぁ…(怒

|

« いやいやいや・・・ | トップページ | わーるど杯とJ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/10502999

この記事へのトラックバック一覧です: コンサは勝った:

« いやいやいや・・・ | トップページ | わーるど杯とJ2 »