« わーるど杯とJ2 | トップページ | 連敗ストッパー »

2006年6月25日 (日)

久し振りの

4連勝ですよ奥さん!!(前にもこんな出だしがあったような)

J2リーグ リーグ戦 第23節
横浜FC戦試合結果

コンサドーレ札幌 2 VS  1 横浜FC

…まずはあの堅守を誇る横浜FCから2点をもぎ取りました。
光ったのはやはりあの男、砂川選手。そして常にスタミナ切れが心配されている西谷選手。
スローインのタイミングで横浜のバックラインの裏に広大なスペースがあるのを見た砂川選手が良い動きで衝いた所に西谷選手が絶妙のタイミングのスロー。
キーパーとの1対1を冷静に決めてまずは1点。
その後CKからトゥイードの折り返しを城に決められ同点にされるものの(林の判断ミスと言う意見もあったが)、試合終了直前のロスタイムに奇跡が待っていました。
そうです。神が降臨したのです。
PAの左すぐ外側からのFK。キッカーは西谷選手。
蹴ったボールは空に綺麗な弧を描き、その行き着いた先にはあの男…唯一神曽田選手の頭が…
普段であれば枠外へのクリアが観られる所ですがその時の神は違いました。半回転しながら側頭部でボールを打ち付けられたのです。
ボールは勢い良くゴールに吸い込まれ…アウェイサポの歓喜の叫びがスタジアムに響いたのでした。

J2リーグ リーグ戦 第24節
東京ヴェルディ1969戦試合結果

コンサドーレ札幌 4 VS  0 東京ヴェルディ1969

3連勝と勢いをつけ、ホームに戻って古豪ヴェルディを迎えた試合。
ここでヴェルディに勝てば順位が入れ替わり5位に浮上。そして久々の4連勝が待っています。
思えば以前、4連勝を目前とした試合で負けてしまいそこから崩れて逝ったという苦い記憶が脳裏を掠めます。
しかし相手は連敗中と調子を落としており、攻撃の基点である大野選手が怪我で出場できないと言う状況。そしてここ数試合は攻撃・守備共にチームとして機能しているかどうかあやしいと言う情報が入っていました。
実際の試合はと言うと、正にヴェルディは前記の状況から脱していませんでした。
今節、コンサの中盤(と言うよりチーム)の要である大塚選手が怪我により出場できず、大塚選手のポジションには西嶋選手。石井選手が累積警告により出場できず中山選手がスタメンに名を連ねます。正直大塚選手が抜けた中盤はかなり不安でした。

スターティングメンバー

  フッキ 中山
西谷 砂川 芳賀
  西嶋 金子
池内 曽田 加賀
    木木

しかしヴェルディはこの布陣を崩すことが出来ませんでした。
コンサは相手のパスコースを塞ぐか限定させることに成功し、ヴェルディの選手がボールを持っても横パス・バックパスしか出来ません。前線の選手はキッチリマークされていたのです。そうこうしている内にコンサがボールを奪い、素早く前へ運びます。
調子の悪かった時期とはえらい違いです。
ほぼカウンター気味に攻めに転じるコンサに対し、7割方ヴェルディのディフェンスは余りにもか弱い抵抗しか出来ませんでした。
そんなこんなで前半はセットプレーで池内選手・加賀選手が得点し、後半は上手くディフェンスの裏に飛び出したフッキ選手が右脚でゴール。更には砂川選手がPA内で削られPKを貰ってフッキ選手がダメ押しの4点目。
何度かヴェルディのヒヤッとする攻撃を受けたものの、失点することなく試合は終了。
(端折りすぎだ…)
所用のため車でラジオの中継を聴くしかなかった私ですが、その瞬間思わずハンドルを放してガッツポーズをしてしまいました。
停車中でしたが。

さあ、次は湘南戦です。
前回は4-1の快勝でしたが今回はどうでしょうか。
まあ前回や今節のような試合運びが出来れば大丈夫だと思いますが油断は禁物です。
折角上位チームの背中が見えてきたのですから、ここは是非勝利して昇格争いに喰らい付いて行って貰いたいものです。

|

« わーるど杯とJ2 | トップページ | 連敗ストッパー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113758/10667558

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの:

« わーるど杯とJ2 | トップページ | 連敗ストッパー »