« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月21日 (日)

久し振りだ

更新サボってました。
なんかここ数試合書く気のもなれなかったってのが理由ですが。

とりあえず1-6の惨敗の後2-2で引き分けできたのは良かったと思うしかないのかなぁ…
次節はフッキ抜きで柏のアウェー戦なんですが、やっぱりここはFW陣の奮起を見たいです。
ディフェンスも上手く修正していかないと拙いですし、選手たちには何が悪かったかキチンと把握して対策を立てて欲しい。
難しいと思うんですが、ガンガン当たってカードを貰っても構わないので、そのくらい闘志溢れるプレーを魅せてもらいたい。
そして勝ち点3を奪い取ってきて貰いたい。
それだけ言っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

水戸ちゃん

良いところがない試合だった・・・
今日に関して言えば後出しジャンケンだがセバスティアン選手よりも金子選手が必要だったかな、と思う。
やはり大塚選手の離脱は大きいですね。
それよりも水戸の調子自体がよかった。選手の入れ替えが当たった感じ。
アンデルソン選手は当たり日だったみたい。
それにしてもうちのチームは調子悪いはずのチーム相手の時に、なぜか相手が確変してたりフォーメーション変えたりメンバー変えたりしてやられまくってる印象が・・・
で、

中盤でボールが落ち着かなく、パスミスや持ち過ぎで自爆。

水戸が少ない手数で前線にボールを送る。
↓                    ↓  
アンデルソン選手突貫    耐え切れずファールする
↓                    ↓
DF陣を揺さぶりシュート   真行寺選手辺りがいいFK
           ↓      ↓
        アンデルソン選手ゴール

で3失点と。

あと後ろと前の連携がちぐはぐしてましたな。
サイド攻撃も後半辺りでやっと効果を上げてきた感じでした。
それと今日の西谷選手は悪いビールさんでしたし、そのせいか砂川選手もステルス機能全開で・・・水戸選手の中に埋もれてしまいました。この辺りも大塚選手の不在が効いてるようです。

とにかく普段の力関係で言えば勝てないとおかしい試合です。苦手なチームである事には変わりないですが・・・
やっぱり水戸のようなチームを相手にする時は、手数をかけずに速攻でゴールを決めないといかん気がします。ポゼッションもいいんですが、早く行ける時は死ぬ気で上がってゴールを決めて欲しい。そう思いました。
何にせよアンデルソン選手の凄さにやられたのが1番の敗因なのかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

流石に

3連敗は免れましたね・・・

J2リーグ リーグ戦 第13節

コンサドーレ札幌 1 VS  1 ベガルタ仙台

前半を0-0で終え何となく嫌な感じで後半を見ていたら、えらい早い段階でやられてましたな。どうも西谷選手のカバーが遅れたようで、無理矢理クリアしようとしたら相手選手に当たってそれを決められたって感じで。

チームとしては仙台がDF7人を要するチームだったためゴール前を八卦の陣のように固められていましたが、その分中盤は割と簡単に制圧できていたようですね。まあ、その先がムニャムニャ…いつもの事であまり書き込む気力もありませんが、ただ今回はFW云々よりもあの重厚な守備を褒めておきましょう。
それにしても大塚選手の離脱は大きい。そしてとても痛い
いや、まあ、一番痛いのは怪我をした本人ですし、この時期に離脱せざるを得ない事を悔しく思っているであろう事は想像できますのでネタにしようとは思ってませんが・・・

この段階で要だった選手が居なくなるのはチームとして大損失ですし、第2クール以降の試合に於いてどのような影響を及ぼすのかは神のみぞ知る(曽田選手ではありませんが、ある意味彼が握ってる可能性もあります)ですが、そのお陰でほぼ試合を通して芳賀選手のセントラルを見る事ができました。アレは非常に面白い! 芳賀選手の影響か鈴木選手もいつもより動きが良く見えました。

それにしても芳賀選手は何でバーポスト選手に好かれてるんでしょうか?
あのミドルはとんでもなく良いシュートだったのにまた・・・
あと、他のところで散々書かれていると思うので最後の得点についてはナイスなボールを供給した西谷選手、上手く競り合って魂のヘディングを決めた石井選手を褒めて置くだけにしておきます。2人とも良く頑張った!

フッキ選手ももうちょっと周りが使えて、周りの選手ももう少し感じる事が出来れば歯車はまわりだすとみています。流石に今日の鬼神のような突破を見せるフッキ選手は頼もしく見えました。ただ、彼が居なければ機能しないようなチームにはなって欲しくない。
その点は他の選手もわかってると思いますが・・・

そして・・・



今日も勝てた試合だったぞ! と思ってるのは私だけですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

明日の試合

恐らく自宅観戦。
何しろ強烈な腹痛が3日ほど続いてトイレが近いのです。尾篭な話で申し訳ない…
まあ試合に行く余裕もない火の車状態なんで…
それでもブログは更新してますが。

仙台なんですが、何だかんだ言っても伯剌西爾人が良い感じのようですね。
お陰で他の日本人選手の印象がありません。この間のシュートは凄かったらしいですが。
対するコンサはと言うと、1日の練習で砂川選手が負傷したらしく出場が微妙な様子。
練習ではFW陣が居残り練習をしたものの悉く枠を外すシュートを連発してるらしいです(orz)
まあ、今まで出来なかった事が急に出来る様になるんだったらこの間の試合はなんだったんだお前ら!ってな事になっちまうんですがね…
それでもここ数年の中では最も戦力が充実しているシーズンであるのは間違いない訳で、これで昇格狙えなかったら今の経営状況から見たら厳しいよ、と言わざるを得ません。
多分これから調子を上げて行くと思われます。特に清野選手と中山選手は。(希望)
他の頑張りすぎのチームは夏場に調子を落とすと見てますので、これから本当のJ2が始まるんじゃないでしょうか。
特に今年は客観的に面白いシーズンですし、これでコンサが昇格できたら言う事無しなんだけどなぁ…

まずは仙台戦。
現在J2最強の得点力を何処まで押さえ込めるか?
フッキイライラ作戦にフッキ選手は耐え切る事が出来るのか?
そしてシュートが枠に飛ぶのか?
出来れば勝ち点3をとって欲しいぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »