« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

連敗っすか

ああ。0-2ですが実質0-3で負けた試合ですね。

本当に出だしで負けてたなぁ。セカンドも殆ど拾われてたし。
こっちが拾ってる時は良い流れでしたが。
前半の失点は相手選手を褒めるべき(FKしかり詰めてた選手しかり)だが、実は失点直前のクリアが中途半端だったのも大きい。
それにしても大野選手が1列上がっただけであんな風になるんだなあ…と試合を観ながら感じてました。
それにしても今日はシュートが少なかった。
まあ今までのシュートの殆どがフッキ選手の放ったシュートだったからそう言う風に成るのは仕方が無い。中盤にスペースが出来ないからミドルも狙えなかったような感じだったし。
でもね…もうちょっと撃てたんじゃないかと思うデスよ。
久し振りの先発だった清野選手に期待してたんですが、あまりボールに絡めてませんでしたな。決定的なシーンもやっちまったし。
そもそも相手が4バック敷いていて左右の関選手、芳賀選手の入りこむスペースが上手く消されてた時間が結構あったように記憶しています。それでも絶無ではなかったわけで、その機会を上手く活用出来なかったってのもシュートが少なくなった原因かと。
って言うか「自分が自分が」ってプレーは普段ならハッキリ言って駄目だと思いますが、今日に関して言えばFWの3人にはガツガツ行って欲しかった。もっと強引なプレーもそろそろ観て見たい気がします。特に中山選手。
思えば去年とかは相川選手が上手くポストをこなして他の選手を使えてた時期もありました。ここ最近彼のポストプレーが雑になってきてる気がします。
…と悪い所を上げてきましたが、実際には互角に近い試合展開だったと思ってます。
それだからこそ悪いところが目に付いてしまうわけで、度々書き込んでますが芳賀選手の疲労っぷりが非常に気になりました。そろそろ休んで(休ませて)見ては?
確かに芳賀選手はチームの心臓部ではありますが、このまま心停止(!)なんて事になったら洒落になりません。選手層が厚くなったとは言え過労から怪我して長期離脱…なんて事が起きないうちに、是非…
(本来そこに岡田選手や藤田選手が入って良い試合をできれば良いんですが…)

良かった事もありました。
千葉選手、無難にこなしてましたね。加賀選手が今日もカードを貰ってますし、和波選手もまだかかりそうなんで試合に出て割と安定してたのは非常に良かった。
逆に池内兄貴の方がファンt ゲフンゲフン だったんですけどね。まあカバーリングは流石兄貴!と言うところもありましたが、やっぱり競り合いや1対1にはあまり強くないようです。相手ゴール前では良いのになぁ…

まあJ2はまだ先が長いんでそんなに悲観してません。

それにしても前節までのヴェルディはどこに行ってしまったのか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

早くも2回目

コンサドーレ札幌 1 vs 2 柏

勝てる試合だったなぁ・・・
前半の展開は点を取れない事を覗けばあまり文句はありません。っていうか前節とえらい違いだった。
まあ、結局は前半押してる時に点を取れなかったのが響いたかな。何時も通りの展開とも言えますが、正直前半2点とってりゃ後半1点とられて主導権を獲られても焦る事は無かっただろうし。
最後の曽田選手のやつは詰めてた柏の選手を褒めるべき。まあ曽田選手の判断ミスには変わり無いですが。
と言う訳で曽田選手には猛省してもらいたい。
フッキ選手退場で前線に得点が期待できる選手が砂川選手だけになったのも痛かった。相手も調子に乗ってる時間帯だっただけにフッキ選手には自重してもらいたかった。
フッキ選手も猛省してください。
試合出れなくなりますよ。
その分池内兄貴が貰ってないわけですが。

あと割と調子のいい相川選手を下げて、病み上がりの中山選手を入れた采配には疑問が残ります。あそこで入れたのは中盤から前で守備をさせたいと言う事だと思うんですが、正直昨期後半からの彼の調子から考えると攻めるサッカーは期待出来ないんじゃないでしょうかね。まあ、誰を入れても変わらないのが現状のコンサFWの長所であり欠点でもあるわけですが。
だから清野選手が復帰するのに期待してるわけです。得点能力・センスは恐らくコンサFW陣では髄一でしょうし。突破能力はフッキ選手ほどありませんがね。
それと芳賀選手は結構疲労してるんじゃないかなぁ。
ただでさえ昨期は殆ど試合に出てないところへJ2の過密スケジュールが重なってるからなぁ・・・すこし休ませる事も考えた方がいいのでは?

さて次節は東京ヴェルディ1969(長いチーム名だ)が相手です。
フッキ選手はしばらく出られませんが、その辺を他の選手がどうカバーするか。
西谷選手は復帰できるのか?
まだまだ第1クール。

下を見ないで前を向いて行きましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

3連勝ですよ奥さん!!

J2リーグ 第9節

湘南ベルマーレ戦試合結果

コンサドーレ札幌 4 VS  1 湘南ベルマーレ

キタキタキタキタキタキタ――――――――――!!!!!!

相変わらず試合には行けませんでしたが、録画した物を観させていただきましたよ。

相手が湘南なんでまたドローなんて言う事にならんだろうな~?
なんて思っていましたが、いやいやどうして。内容はまさに圧倒と言う感じで観に行かれた1万4千の皆さんは満足できたんじゃないでしょうか?

orzorzorz行きたかったっす・・・

H●Bの解説のミシェルさんもスカパーの実況&解説もコンサをべた褒めで体中がむづ痒くなって来ましたが、実際フィニッシュ以外は開幕の頃の面影がありませんでしたなぁ。
シュート数もここ数試合は2桁だし、選手のイメージがある程度共有できてるみたいだし、セカンドボールに対する動き出しも早いし。湘南にばかりカードが出たのも肯けるような動きでした。だってファールしないと止められないんだもの。
これで枠内に行くシュートの数が増えればなぁ…
そういえば今日もフッキ選手はPKをアレしてしまいましたが、彼って結構小心者なんでしょうか?

色々書きたいんですが今日の試合は観てる人が多いと思うのでこの位で勘弁してやります(??)

さて、次節は中2日でアウェー徳島戦です。
怪我(?)で交代した西谷選手が気になるところですが(ここ数試合の好調は彼と芳賀選手のお陰と行っても過言ではあるまい)、選手達にはしっかりと準備をして貰い4連勝と行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

連勝連勝♪

いやぁ~最初から神戸に1点入ってるんでビックリしました。神戸にハンデ戦するなんてコンサドーレもやるなぁ~

・・・なんて冗談はさて置き。
毎回毎回セットプレーの時のマークはキチンと確認しろとあれほど言われてるのに!ブツブツブツブツ・・・
まあ、そのお陰で選手達の意識がハッキリしたのかその後の試合は

「これが・・・これが・・・これがアクションサッカーだ!!そいつに触れる事は負けを意味する!!」

コンサアクションサカーフェノメノン

行動蹴球現象!!

ってなくらいポゼッションしまくりサイドチェンジしまくり芳賀上がりまくり攻めまくりフッキシュート撃ちまくりセカンドボール拾いまくりパクに抜かれまくりと、ほぼ主導権を握っていた試合でした。最後のは余計ですが。
決定的なピンチも数回ありましたが(曽田選手のアレとか)、神戸の攻撃はコンサの波状攻撃に押されて単発の物ばかりで、怖いのはパクの突破と三浦アツのキックくらいでした。
やっぱり試合全般で目立って居たのは芳賀選手、フッキ選手、大塚選手、それと曽田選手。特に前節に続き芳賀選手の運動量と右サイドからの攻撃は非常に効果的でした。
その攻撃を引き出すサイドチェンジも
「これがコンサ!?」
と思うくらいの頻度で出てましたし、いままでの狭いところや厳しい所へしかパスが出なかったチームと同じとは思えません。(褒めてます)
そしてやはり西谷選手。
彼が入ると周りの選手が実に生き生きとして見えます。芳賀選手、フッキ選手、西谷選手とドリブルで勝負できる選手が増えたのも好調の要因でしょう。実に効いてました。そしてこの3人に限らず、今日は周りが良く見えていたようで(選手達がいいムービングしていた)面白いようにパスが繋がりました。これは神戸のプレッシャーが弱かったのも原因でしょう。草津よりプレッシャーは弱かったかも。
フッキ選手は結構イライラしていたので(ここは老獪な北本選手が相手だった事もあると思いますが)カード貰わないか心配でしたが、結局1枚もカードを貰わずに試合を終えられたのは嬉しい。良く我慢したフッキ選手!
それと大塚選手は本当にいい補強でした。中盤の危険な所やDFの抜けたスペースを上手く埋めていました。

何はともあれ連勝です。
次節も勝って波に乗り、そのまま上位へ駆け登って行って欲しいと思う深夜1:35でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

勝利おメ!

J2リーグ 第7節

ザスパ草津戦試合結果

コンサドーレ札幌 3 VS  0 ザスパ草津

得点者:
前半43分:11相川進也(札幌)
後半13分:14鈴木智樹(札幌)
後半42分:10フッキ(札幌)

まずはすみません。池内兄貴は点を取りませんでした。
まあ、今日の得点は掻っ攫いゴールが2つと、ピンポンゲームが1つなのでスカッとしたゴールが無かったんだけれども。

それにしてもフッキ選手は迫力ありますなぁ。特に顔が・・・じゃなくてチェイシングは相手DFも嫌だろうなぁ~と思いながら観ましたよ。あれでもっとシュートを枠に跳ばせられれば良いんですが。まあそんな凄い選手なら今のコンサには居ないわけで・・・(PKではずっこけましたし)
で、今日の(もう昨日か)の試合、私的にMOMを選べと言われたら間違い無く上げる選手は芳賀選手ですね。
とにかくボールに対する執着心たるや他の選手(特に清●選手)は見習って欲しい位。しかも右サイドをこれでもかと言わんばかりに突破するや中央に正確なクロス(1本は自分でシュートまで持って言って欲しかったのがあったけども)。かと思いきや左からのクロスにゴール前に詰めてたり、時には左サイドに顔を出してたり(西谷、砂川とのポジションチェンジだと思うが)、色々な所で効いておりました。もちろん守備でも頑張ってましたし、加賀選手とのコンビネーションも上がっている様子。
私的にはセンター(ボランチというかレジスタみたいな感じ)に置いておきたい選手だったんですが、逆にポジションは前目の方が良いのかもと思う事しきりでJEFサポさんが芳賀選手を手放すのを惜しんだのが良くわかる試合でした。JEFサポさん的には適正はボランチらしいですけどね。
まあザスパ草津が好きにやらしてくれたってのも大きいと思いますが。

あとはそうですねぇ・・・鈴木選手はあの1点で吹っ切れればいいなぁ~と。どうも大塚との相性が悪いのか今期のパフォーマンスは今十くらいなので、これで思い切ったプレーが出来るようになればいいなぁと思う訳です。なんとなくプレーが小さかったからねぇ。

え?
池内選手ですか?
結構効いてたじゃないですか。効果的な上がりもあったし。

ピンチにも絡んでたけども。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

一息ついて

ようやく仕事も一段落。
ツアーも終わって安逸な日々が訪れる…はずだ。

さて、今日は久々の休みで白恋に行って来ましたよ。
なんと、今年は初白恋だったんですねぇ。って言っても年に数回しか行けませんが。
詳細レポートは防諜上の理由により記述できませんが(オイ)、これだけは言っておこう。

草津戦は池内兄貴がゴールを決めるに違いない!!

いや、本当にね・・・セットプレーの時の動きは流石でしたよ。
まあ悪い方の池内兄貴にならなければですがね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »